キャッシュフロー計算書とは?

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. キャッシュフロー計算書とは?

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

キャッシュフロー計算書とは?

キャッシュフロー計算書というと、経営をされている企業者や経理事務員であれば聞きなれたワードかもしれませんが、そういったものに無縁の人にとっては「何の計算書?キャッシュだからなんとなくお金に関する計算書かな?」程度に感じるかもしれません。

キャッシュフロー計算書とは、キャッシュ(現金)フロー(流れ)の計算書であって、お金などの資産の流れを計算するための財務諸表のことをいます。

財務諸表というと、貸借対照表損益計算書が一番に思い浮かぶと思いますが、キャッシュフロー計算書も、財務諸表のうちの一つです。

貸借対照表は一会計期間の企業の資産や負債の残高が表記され、損益計算書は売上や仕入・経費等を差し引きした利益額が表記されるのに対して、キャシュフロー計算書はお金の入出金はもちろん、建物や什器備品などの有形資産や、受取手形や売掛金などの無形資産などの流れや前月、前年比での増減を把握することができます。

資産だけではなく借入金や買掛金などの負債も同様、増減を把握することが可能となります。

経営者の方々にとって、どうしても気にかけるところは最終的な損益や、納税しなくてはならない法人税額を重視しがちです。

会社の損益がすべての結果と言っても過言ではありませんが、その損益額とキャッシュフロー計算書が深く関係しています。

ただ、損益の数字だけを見ていても、何を抑えたらいいか、またあとどれだけ投資や借入などの資金調達をしてもよいかなど分かりづらいですが、キャッシュフロー計算書を参考にすることで分かりやすくなるので、よりよい計画を立てることが可能となります。

キャッシュフロー計算書は大企業であれば当たり前の様に作成されているものになりますが、中小企業になりますと全ての会社が作成している訳ではないようです。

ですが中小企業こそ作成することで、資金などの流れを把握することができる為、今後の計画が立てやすくなるのではないかと思います。

また、最近では金融機関の融資審査においても、貸借対照表・損益計算書と同等、あるいはそれ以上にキャッシュフロー計算書が重視されています。キャッシュフロー計算書はお金の流れをただ記載している計算書ですので、粉飾がしにくいからです(参考:「粉飾決算」はなぜNGなのか?)。

それでは、キャッシュ・フロー計算書とはどんなものなのか、具体的に見ていきましょう。

3つのキャッシュフローに注目

キャッシュフロー計算書は具体的には3つに分類し、構成されています。

  1. 営業活動によるキャッシュフロー
  2. 投資活動によるキャッシュフロー
  3. 財務活動によるキャッシュフロー

それぞれ解説していきます。

営業活動キャッシュフロー

まず、営業活動キャッシュフローです。その名の通り、会社の営業(商品やサービスを売ること)によって得たキャッシュの流れを示した表です。本業での儲けとお考えください。

投資活動キャッシュフロー

次に、投資活動キャッシュフローですが、こちらは本業とは別、土地や建物などの不動産その他の動産の売買によって得たキャッシュの流れを示した表。

財務活動キャッシュフロー

最後に、財務活動キャッシュフロー。金融機関からの借入や返済によるキャッシュの流れを示した表になります。財務活動キャッシュフローについては、中小企業の場合は大半が借入金(銀行融資・社長貸付)などによるものですから、一旦プラスになっても、返済していけばまたマイナスになっていきます。

企業が自由に使えるお金、フリーキャッシュフローとは?

なお、1.営業活動と2.投資活動によるキャッシュフローを合計したものを「フリーキャッシュフロー」と言います。

1.営業活動と2.投資活動によるキャッシュフローは、基本的には会社が「自由に」使えるため、「フリーキャッシュフロー」と呼ばれています。

中小企業が資金繰りを考える上で重視すべきなのは、このフリーキャッシュフローになります。自由に使えるお金が潤沢にあれば、もし仮に取引先の倒産や急激な景気の冷え込みが起こっても、即倒産とはなりません。

優良な会社は、中小企業・大企業を問わず、営業キャッシュフローがプラスで、投資・財務はマイナスになっています。本業で稼ぎ、将来の為の設備投資も積極的に行い、借入金があっても滞りなく返済を行っている健全な状態です。

やはり、会社は本業が儲かってなんぼです。

営業活動によるキャッシュフローが潤沢だからこそ、必要な投資もできますし、金融機関からの借入も行いやすく、結果、財務状態もよくなるのです。

社長であるあなたの仕事は、本業で儲けると同時に、いつでも金融機関からお金を借りれるように、健全な財務状況を常日頃から整えておくことであると言えます。

どうやって作ればいいの?

いざ作成しようと思ってもどのように作成したらよいか分からない経営者の方々も多く、会計事務所や税理士事務所に関与しているのであれば、お願いすれば作成してもらえる書類ですが、そうでない場合は自身で作成することになります。

そのような企業向けに「中小企業のためのキャッシュ・フロー計算書作成シート」が日本公認会計士協会のホームページより無料でダウンロードできるようになっています。

貸借対照表と損益計算書の数字を入力することで、キャッシュフロー計画書も連動しているので、これであれば経営者の方でも、簡単に作成することができるのではないかと思います。

キャッシュフロー計算書の作成は、中小企業経営者が自社の健全な経営を推進していくために欠かせないもので、将来に向けてキャッシュフローが改善されていくような経営になることを目的とした「キャッシュフロー計算書作成シート」並びに過去の経理データと今後の投資や資金の調達や返済、損益等のデータを入力することで経営計画が作成される「短期経営計画書作成シート」と「中期経営計画書作成シート」までも作成することが可能になります。

合わせて資金繰り表も作成することで、より健全な経営をする手助けとなるのではないかと思います。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。

100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。