手形割引とファクタリングの違い

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 手形割引とファクタリングの違いって?

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

【どこよりも分かりやすく解説】手形割引とファクタリングの違いって?

手形割引とファクタリング

手形割引とファクタリングは、「債券の早期回収」という目的が同じであるため、良く混合されやすい用語です。

しかし、この2つには明確な違いがあります。今回はその2つの違いを説明します。

■手形割引とは?

手形割引とファクタリングの違いを説明するのに当たり、この2つの用語の意味を簡単に説明します。まずは手形割引からです。

手形割引とは、支払期限がまだ先の約束手形を金融機関などで換金することです。通常、約束手形は先方の会社と「〇〇年△△月××日にお金を支払います(先方の会社からお金を貰います)」という約束をしています。

しかし、該当の日にちになる前に現金が必要になった時などは、△△月××日より前に金融機関へ換金してもらう事も可能なのです。

これを手形割引と言います。

ただし、本来換金できる日にちになっていないので、当然約束手形を発行した会社はお金を支払っているワケではありません。

そのため、金融機関は手数料や利息などを差し引いた(受取人からすると本来受け取る金額が「割引」された)金額を「融資」するようなイメージに近いです。

■ファクタリングとは?

つづいて、ファクタリングについて簡単に説明します。

ファクタリングとは売掛金を買い取ってもらう事です。例えば、A社が4/1にB社に対して100万円の商品を売ったとします。

B社の経理スケジュール上、月末〆切り翌々月15日払いになるので、B社がA社に100万円を支払うタイミングは6/15になります。

しかし、A社としてはどうしても5月末までに100万円の入金が必要であった場合に、ファクタリング会社に売掛金(B社から将来的に支払ってもらう100万円を受け取る権利)を買い取って貰う事が出来ます。これを「ファクタリング」と言います。

ファクタリング会社は1~3%程度の手数料をA社から貰う事で利益を出し、売掛金をB社から回収して、一連のファクタリングは完了となります。

■手形割引とファクタリングの違いは?

手形割引とファクタリングは確かに似ているところはあります。一番の共通点は「現金化を早めたい」という目的です。

手形割引の場合は、「約束手形の期日までに換金したい」という場合に手形割引を行います。

一方、ファクタリングも「売掛金を早く回収したい」という理由でファクタリング会社に売掛金を買い取って貰います。どちらも理由はキャッシュフローの改善を目的とした「早期回収」です。

返金義務があるかどうか

手形割引とファクタリングの1つ目の違いは返金義務があるかどうかになります。

手形割引は、約束手形が現金化できる期日の前に金融機関に手数料を引かれ(割引)現金化します。

しかし、先ほど言ったように、手形割引はあくまで「融資」のような意味合いになるので、従来の期日には返却する必要があります。一方、ファクタリングはファクタリング会社に売掛金を「買い取ってもらう」ので、返済義務はありません。

不渡りを起こすリスク

手形割引とファクタリングの一番大きな違いは、「不渡りを起こすリスク」があるかないかです。

結論から言うと、先方の会社(手形割引は「約束手形を発行した会社」、ファクタリングは「売掛金の債務を負っている会社」)が破たんした時に、手形割引は自分にも責任が追及されますが、ファクタリングはされません。

例えば、約束手形でB社から支払いを受けた後に期日前に手形割引を行い換金したとします。

その後にB社が破たんすれば約束手形は紙切れになります。しかし、上述したように手形割引は「融資」に近いので金融機関へお金を返す責任は残るのです。

一方、ファクタリングはファクタリング会社に「買い取って」もらうので、返金する義務はありません。

仮にB社からの売掛金をファクタリング会社であるI社に買い取って貰った後に、B社が破たんしたとします。その場合にはB社から売掛金を回収出来なかったファクタリング会社I社が損をします。

この点が手形割引とファクタリングの一番大きな違いになります。

銀行は手形割引を嫌がっている?

銀行は、基本的に手形割引を行うのを嫌がります。

主に、これらの理由からです。

  • 長引く不況によって企業の体力が低下、手形の信用力がなくなってきた。
  • 融通手形の懸念
  • 大企業自体が手形取引から遠ざかってきている
  • 事務の手間が掛かる

大企業の手形なら未回収リスクも軽減されるのでまだ応じてくれるかもしれませんが(取引額が大きいので銀行にとっては手数料収入が多く、リスクが少ない)、中小企業の手形はそもそも信用されていません(一部例外はあるでしょうが)。

これは他の金融機関、信用金庫や信用組合でも同様です。

中小企業の手形取引額は少額であることも多く、金融機関にとってはリターンが少ないのにリスクだけ高い。更に事務コストも掛かる。銀行が手形割引をしなくなれば、手形取引自体も減っていくのは当然ですね。

一方のファクタリングは通常、少額でもきちんとした売掛金があれば買い取ってくれる会社は多いです。

まとめ

現在、日本では、手形取引の件数は著しく減少しています。

一方でファクタリングの利用者は急増しています。

こちらのページ(中小企業の「これから」の強い味方、ファクタリングとは?)にも書きましたが、ファクタリングはアメリカでは100年近くと歴史が長く、既に日本の中小企業でも日常的な資金調達方法として、定着しつつあります。

ファクタリングの活用を検討している場合は、こちらのサービスを利用されると良いでしょう。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

利用事業所数も10,000を超えていますし、数あるファクタリング会社の中からあなたに最適な事業所を紹介してくれます。

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社変更手続きが自分で出来る! セルフキットシリーズのご案内

穴埋め式で簡単!自分で出来るセルフキット!

低コストで会社変更手続をするなら断然オススメ。販売開始から700名以上の方がご自身で手続きを完了!
一般の方でも安心、ラクラク記入で書類が完成。

自分で出来る!増資手続きマニュアル

自分で出来る!増資手続きマニュアル

詳細はこちらから

自分で出来る!本店移転手続きマニュアル

自分で出来る!本店移転手続きマニュアル

詳細はこちらから

自分で出来る!株式会社目的変更キット

自分で出来る!株式会社目的変更キット

詳細はこちらから

自分で出来る!株式会社商号変更キット

自分で出来る!株式会社商号変更キット

詳細はこちらから

  • 絶対資金調達!公的融資ドットコム
  • 即効資金調達!日本政策金融公庫から借りる極意
  • 法人印鑑作成サービスのご案内
  • 代表的な起業形態を独自の視点で徹底比較。自分に合った起業スタイルとは?
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2016 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。