福祉用具の貸与事業(レンタル)の指定申請手続き

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 福祉用具の貸与事業(レンタル)の指定申請手続き

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

福祉用具の貸与事業(レンタル)の指定申請手続き

介護保険法によると福祉用具の貸与の定義は、以下のように定義されています。

「心身機能が低下し日常生活を営むのに支障がある要介護者等の機能訓練のための用具であって要介護者等の日常生活の自立を助けるためのもの」

介護保険の対象となる福祉用具の貸与は・販売は、レンタル料・購入費の9割が利用者に支給されます。

現在、1ヶ月に約90万人、給付金額にして約140億円、利用されています。

介護保険の対象となる福祉用具

  • 車いす
  • 車いす付属品
  • 特殊寝台
  • 特使寝台付属品
  • じょくそう予防用具
  • 体位変換器
  • 手すり
  • スロープ
  • 歩行器
  • 歩行補助つえ
  • 徘徊感知器
  • 移動用リフト(つり具部分を除く)

福祉用具の貸し出しには、要介護・要支援者を手助けする人の負担を軽くするという目的もあります。

利用者の中には、福祉用具ならば、必ず介護保険が適用されると思っている人もいるようです。

介護保険が適用されない福祉用具もありますので十分に注意してください。

福祉用具の購入補助

用具の性質上、貸与するより購入したほうが良いものもあります。

  • 腰掛便座
  • 特殊尿器
  • 入浴補助用具
  • 入浴補助用具
  • 簡易浴槽
  • 移動用リフトのつり具の部分

福祉用具の販売は、年間10万円の上限が設けられています。

福祉用具販売事業者としての指定を受けるための認定基準

[人員基準]

  • 専門相談員・・常勤換算方式で2名以上の設置。
  • 管理者・・常勤の管理者設置。

[設備基準]

  • 事務所運営に必要な広さのスペースを確保
  • 特定福祉用具の販売に必要なその他の設備、備品を備えること

[運営基準]

  • 運営規定に定めるべき事項
  • 事故発生時の対応
  • 衛生管理
  • 居宅サービス計画に沿ったサービス提供
  • 居宅介護事業者への利益供与の禁止

高齢者が自立した生活を送るために

福祉用具の利用には、利用者一人一人に適した用具を選定し、定期的に状況の変化にあわせて見直しを行うことが必要です。

金融機関に融資を断られた方でも資金調達が可能なファクタリングはご存知ですか?

資金繰りを改善したい。つなぎ資金が足りなくなった。介護報酬をいますぐキャッシュに変えたい。

今すぐ資金が必要な方、金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

会社の売掛金を元に、即日での資金調達も可能。債務超過、決算が赤字でも、無担保・無保証での利用が可能です(※使途は事業資金に限ります)。借入では無いから、銀行の信用も落としません。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関の信用もアップします!

利用事業者数10,000社以上。100万円以上の売掛金があるなら今すぐ「10秒で終わる簡単無料診断」を。

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。