株式会社設立後スムーズに銀行口座開設を行うための6つのポイント

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. いちばん詳しい!株式会社設立まるわかり完全ガイド
  3. 株式会社設立後スムーズに銀行口座開設を行うための6つのポイント

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

株式会社設立後スムーズに銀行口座開設を行うための6つのポイント

はじめに

法人口座

法人設立後すぐに銀行口座を解説しておかないと、お客様からの入金や契約のチャンスの際に困ることになります。

まずは法人設立から、口座開設までのスケジュールを把握し、スムーズに手続きが行えるように準備をしましょう。

目次(もくじ)


1.口座開設までのスケジュール

法人の設立登記申請を法務局に対して行います。

ただし、これは「申請」ですので、登記が完了する(登記簿に反映される)までには審査期間があります。

各法務局のスケジュールによりますが、申請した日から約1週間程はかかることが多いです。もちろんそれよりも前後することがあります。

設立登記が完了すれば、いよいよ会社として稼働開始です。法人名義の口座を作ることができます。

しかし、個人口座のように、銀行に行くとその場で開設とはなりません。必要書類を提出し、必要事項を記入をしたら、こちらも審査をされます。審査期間は約2週間です。

提出する書類は、各銀行によって多少の違いがあります。

設立登記完了になって初めて口座開設に動き出すと、それだけ時間にロスが出てきます。

登記申請をしている間に、開設しようとしている銀行に赴き、法人口座開設に必要な書類や注意すべき点などを問い合わせて準備をしておくとよいでしょう。

↑目次に戻る

2.どの銀行で口座を開設するか

口座開設にあたり、都市銀行・地方銀行・ネット銀行の中からどの銀行にするかを考えましょう。

それぞれに都合の良し悪しがありますので、現状にあわせて選ぶようにします。

2-1 都市銀行

何と言っても、信用度が高いです。それだけに口座開設に対する審査も厳しいです。

大手企業との取引を予定しているのであれば、都市銀行の方が信頼を得やすいでしょう。

銀行の数も多いですので、日本各地にクライアントを抱えるようであれば、断然使いやすいでしょう。

ただし、他の銀行と比べると、振込手数料が高いです。

2-2 地方銀行

地域に根づいた銀行です。その地域内での事業が主であれば使いやすいでしょう。

都市銀行よりは、比較的審査が通りやすいとされています。首都圏との取引だと使いづらいかもしれません。融資や新規事業の相談にのってもらいやすいというメリットもあります。

2-3 ネット銀行

振込手数料が安いです。また、24時間リアルタイムで決済をすることが可能ですので、ネットショップ等のネット事業を予定しているのであれば、使い勝手が良いでしょう。都市銀行や地方銀行よりも信用度は低いとされています。

身元確認や必要書類の提出は厳格になってきている

ニュースでも度々話題になっているように、法人名義の銀行口座が振り込め詐欺の振込先になっていることもあり、法人名義の口座開設の審査は以前より厳しくなっています。

どの銀行でも、身元確認や必要書類の提出は厳格なものなので、銀行が求めているものをきちんと提示できるように準備をしておきましょう。

↑目次に戻る

3.法人口座開設に必要な書類とは

それぞれの銀行ごとに必要書類は違うので、事前に開設を予定している銀行で必ず問い合わせをしましょう。

どの銀行でも必要だといわれているものは以下の通りです。

  • 履歴事項全部証明(登記簿謄本)
  • 法人印鑑証明書
  • 開設手続きをする人の免許証など、公的な本人確認証明書(免許証やパスポート等)

履歴事項全部証明と法人印鑑証明書は、設立登記が完了してからでないと取得することができません。

当然ながら原本を求められますし、提出すると返却されない場合も多いです。

会社の設立後は、履歴事項全部証明や法人印鑑証明書を提出しなくてはいけない手続きが何かとありますので、最低でも2通づつは準備しておくほうがよいでしょう。

また、開設審査の厳格化により以下のような書類も求められるケースがあります。

  • 税務関係の法人設立届出書の控え
  • 定款(公証役場での認証を受けたもの)
  • 株主名簿
  • オフィスの賃貸契約書
  • オフィスで使用している固定電話の契約書
  • 会社の注文書や見積書、契約書等
  • 会社案内用のパンフレット類
  • 会社ホームページをプリントアウトしたもの
特定の状況において必要な書類

・日本国籍を持たない人が法人口座を開設する場合

→在留カードや特別永住者証明書又は外国人登録証明書

・許認可が必要な事業を行う予定の場合

→各登録・届出の手続きが完了している旨の証明書(許可証など)

書類以外にも、法人実印と銀行印ももちろん必要です。

法人実印は設立登記の際には必要ですので作成しているはずですが、銀行印の作成を忘れていないかを確認しましょう。

なお、法人実印・銀行印の作成は弊所でも承っております。法人設立前の方はぜひご利用いただければと思います。最短即日発送です。→モヨリック行政書士合同事務所の法人実印作成サービス

法人印鑑の作成もお任せください!

↑目次に戻る

4.何を審査されるのか

審査が厳格といっても、何を見られるのかは銀行それぞれ。共通していえることは、「この口座が悪用されないか」ということ。

生まれたての会社は、そもそも信用度がゼロからの出発です。

だからと言って、銀行側もみすみすお客様を逃すことはしません。

それぞれの審査基準を満たせば、どうぞ開設してくださいというものです。

では、基本的に何を見られるのでしょうか。

資本金の額

1円の資本金から会社は作ることができます。しかし、資本金というのは会社の運営費です。

それが1円だと、当然ながら稼働できないとみなされます。

1円とまでは言わずとも、資本金額が低いと、それだけ信用もできないということになります。

また、銀行によっては、資本金最低額というものが設定されており、それを下回る場合は審査すら不可となるようです。

バーチャルオフィスではないか

振り込め詐欺等の詐欺グループのほとんどが、バーチャルオフィスを使って犯罪を行っていたことを踏まえて、バーチャルオフィスでの登記をされている会社は、口座開設することが非常に難しくなっています。

もちろんゼロではないのですが、万が一犯罪が発覚した場合、銀行にとってはなんのメリットもありません。

そういったところから、バーチャルオフィスを使用している場合は画一的に審査不可としている銀行が多いようです。

固定電話を設置しているか

バーチャルオフィスの話にも通じますが、本当にこの会社は実態があるのかどうかを見られます。

バーチャルオフィス等の場合、実際は会社として機能しておらず、「場所」だけのものなので、そこにわざわざ固定電話の契約を行いません。

ですので、会社で使用している固定電話があるかどうかだけでも、信用度が増すと言われています。

事業目的で会社の実態を把握できるか

その会社がどういった事業を行う予定なのかが見られます。

明らかに怪しい事業であったり、リスクが高そうな事業に対しては、銀行側も慎重にならざるを得ません。

また、事業内容以前の問題で、事業項目が多い会社に対しても厳しい目が向けられます。

20個30個と事業目的が並んでいる会社は「で、結局何をする会社なの?」ということになるからです。

その上、業種が様々で一貫性がない事業内容も不明瞭なので、審査対象としては厳しくなるでしょう。

「で、結局何をする会社なの?」と尋ねられたときに答えられるように、会社のホームページをプリントアウトしたものであったり、顧客との契約書や注文書、会社案内などのパンフレットがあれば準備をしておくようにしましょう。

↑目次に戻る

5.何を質問されるか

提出した書類だけでは把握できないことは、質問という形で尋ねられます。

例えば、事業内容についてはよく質問が起こります。どういった目的で今回会社設立にあたったのか、口座を開設すれば顧客となる相手ですので、将来性はあるのかどうかもポイントとして見られます。

自分が今から立ち上げる事業はこういった内容だと、明確に回答することが大切です。言うなれば、銀行を相手に自分の会社をプレゼンすると考えてください。

また、実質的支配者が誰なのかを問われることもあります。実質的支配者とは、その会社の25%の議決権を所有する人(法人)のことです。その質問には、株主名簿を提出することで容易に答えることができます。

株主名簿は、株式会社には必要な書類です。一人会社だとしても、株主である人(法人)の氏名・住所・何株所有か・・・などの必要事項を記載してある株主名簿を準備しましょう。

↑目次に戻る

6.会社設立前に気をつけること

法人口座を開設するにあたり、会社の設立前から気をつけておくことをまとめましょう。

  • 本店となるオフィスの確保
  • 固定電話の契約
  • 資本金の額
  • 事業目的の精査
  • 提出する書類を揃える(会社パンフレットや名刺を作成しておく)

↑目次に戻る

まとめ

審査が厳格といっても、銀行にとっては顧客が増えるチャンスでもあります。

みすみすお断りとうことはしませんので、銀行が求める書類や回答等を事前に確認をし、準備しておくことを徹底すれば、法人口座は問題なく開設することができます。

口座開設はビジネス成功への第一歩でもあり、会社設立後の最初の大仕事でもあります。

失敗のないように、しっかりと備えていきましょう。

なお、会社名義の口座ができたら、法人用クレジットカード取得も可能になります。

法人用クレジットカードは経費の支払いに便利ですし、会計ソフトと連携させることにより経理処理も大変スムーズになります。法人用クレジットカードの取得をお考えの方は、こちらのページも参考にして頂ければと思います。

↑目次に戻る

印紙代が0円に!自分でするより安くなる【電子定款認証.com】のご案内

電子定款認証代行.com

株式会社の定款認証に必要となる印紙代4万円を賢く節約!自分で設立するより30,200円も安くなる!

年間250社以上の定款認証実績がある定款雛形(ワードファイル)もパターン別で6種類ご用意しています。現物出資にも対応。サイト内から、ご自由にダウンロードしていただけます。

事業目的検索も充実しています。あなたのお金と時間の無駄を省いて起業を応援!

電子定款認証代行ドットコムはこちらから

自分でできる!株式会社設立キットのご案内

自分で出来る!株式会社設立キット,800円

実績多数の専門家が作ってるから安心!株式会社設立キット

少しでも安く、かんたんに株式会社を設立したい方へ。

穴埋め式・詳細解説マニュアル付だから、一般の方でも簡単に株式会社の設立に必要な書類を作成いただけます!

安心のパターン別対応。取締役1人会社・複数(2名以上)会社・取締役会設置会社、全てのパターンの設立に対応しています。

また、「現金」出資のみならず、「現物」出資にも対応しています。

株式会社の設立手続きをとにかく安く、簡単に済ませたいという方は、ぜひ、当キットをご活用ください。

お忙しいあなたの為に!株式会社設立代行サービスのご案内

株式会社設立フルサポート【全国対応】

弊社手数料:86,400円(お客様総費用:約288,400円)

費用内訳

当事務所手数料86,400円のほか、法定費用約202,000円(定款認証手数料52,000円+登録免許税150,000円)。

※司法書士報酬(設立登記申請書類作成・提出代行)代金込み。

ご自身で手続をされる場合とフルサポートをご依頼頂いた場合との総額比較

ご自身(電子定款を利用しないケース) 弊所にご依頼いただいた場合
約242,000円 約288,400円

サービス概要

株式会社の設立に必要な手続き全てをアウトソージング!

ご自身で全ての手続をされる場合との、実質差額はわずか46,400円です。

『株式会社設立フルサポート』は、面倒な会社設立手続は専門家に全て任せて、自身はビジネスの立ち上げに専念したいというお客様向けのサービスです。

お客様ご自身に行っていただく作業は、「印鑑証明書の入手・書類へのご捺印・資本金のお振込み」のみとなります!

迅速・確実・簡単に株式会社の設立を行いたいという方にはおススメのサービスです!

お問い合わせフォームへ

→ お客様の声はこちら

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。