正社員・パート・アルバイトの違いとは?【起業と雇用】

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. どこよりも分かりやすい!起業・独立開業ガイド
  3. 正社員・パート・アルバイトの違いとは?【起業と雇用】

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

【起業と雇用】正社員・パート・アルバイトの違いとは?

起業と雇用

従業員として人を雇う場合、「正社員・パート・アルバイト」などの雇用形態があるのは知っていると思います。

しかしながら、正社員はなんとなく分かっても、パート・アルバイトの区別が分からないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、それぞれの雇用形態の違いについて解説いたします。

(1)正社員

長期雇用を前提とした期間の定めのない雇用契約を結んで雇う従業員で「正規社員」とも呼ばれています。

期間の定めがないということは、基本的には定年まで雇用することが前提で雇っていて、会社の都合だけの理由で辞めさせることはできません。

正社員として雇った場合、会社は社会保険(健康保険・厚生年金保険)、雇用保険に加入させなければなりません。保険料は会社と社員が分割して負担しますので、会社は給与以外にもプラスで経費が必要になることを覚えておきましょう。

労働基準法により、雇用半年後に全労働日の8割以上出勤をしていた場合、10日間の有給休暇を与えなければなりません。その後は勤続期間によって休暇日数が変わります。

1日8時間を超えて労働した場合など、時間外労働をした場合には時間外手当を支払わなければいけませんが、その他の手当は会社の雇用条件によりますので、必ずしも扶養手当や役職手当などを支給する義務はありません。

(2)パート

正社員と比べて労働時間が短く、期間を定めて雇う従業員で「非正規社員」の一つです。

正社員の補助的な役割で勤務する事が多く、短時間ではあるが長期にわたって雇う前提で雇用する事もあり、加入基準を満たせば社会保険(健康保険・厚生年金保険)、雇用保険に加入させなければなりません。

また、週に何日働くかによっては有給休暇も発生します。パートだからといって有給休暇がないという事はありませんので、間違わないようにしてください。

時間外労働をした場合には正社員と同様に時間外手当を支払わなければいけませんが、その他の手当は会社の雇用条件によります。

<社会保険(健康保険・厚生年金保険)の加入基準>

勤務時間・勤務日数が、正社員の4分の3未満で、下記の全てに該当する場合は、社会保険に加入することになります。

  1. 週の所定労働時間が20時間以上
  2. 勤務期間が1年以上見込まれる
  3. 月収が8.8万円(年収106万円)以上である
  4. 学生ではない
  5. 従業員が501名以上である
    (平成29年4月からは、従業員500人以下の会社でも労使で合意すれば社会保険に加入できるようになります。)

<雇用保険>

  • 31日以上引き続き雇用されることが見込まれる
  • 1週間の労働時間が20時間以上である

(3)アルバイト

パートとアルバイトには大きな違いはありません。

働く時間や曜日を自由に選んで働くことから学生やフリーターはアルバイト、毎週同じ曜日や時間帯で働く主婦はパートと勘違いされている人もいますが、これは求人をする会社や求人情報誌が分かりやすくするために設定しているものであって、呼び方が異なるだけで雇用形態に違いはありません。

ですので、社会保険(健康保険・厚生年金保険)や雇用保険も加入基準を満たせば加入させなければなりませんし、有給休暇もパート同様に発生します。

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。