日本政策金融公庫での追加融資を成功させるポイント

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 日本政策金融公庫での追加融資を成功させるポイント

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

日本政策金融公庫での「追加融資」を成功させる為のポイント

日本政策金融公庫で創業融資を受けたものの、事業を進めていく上で、思いのほか資金に余裕がなかった・事業計画書通りにいかなかったなどの理由から、運転資金が足りなくなってしまったということは少なくありません。

創業時には資金計画や事業計画は万全に万全を期して計画を立てるもの。

しかし、それが100%うまくいくというわけではありません。

予想外のことで出費が多くなったりすることもあるでしょう。

そういった時にどうやって資金調達をするのかということになりますが、考えられる選択肢のうち一つは日本政策金融公庫で追加融資を受けるということです。

追加融資を受ける際どのようなことに注意しなければならないのでしょうか?

追加融資を申込む際のポイント。取引開始からの期間がミソ

まだ1度も決算を行っていないケース

日本政策金融公庫で融資を受けた後の追加融資の場合、2つのケースが考えられます。

一つは比較的直近で追加融資を頼むということ。

二つ目は創業融資を受けてからある程度時間が経ってからの追加融資です。

日本政策金融公庫は創業融資の後すぐに追加融資を受けようとするとその難易度はかなり難しくなると考えた方がいいです。

実は、日本政策金融公庫は創業融資よりも追加融資の方が非常に難しいのです。

創業融資は過去の実績を検討せずに提出される創業計画や事業計画の将来性や確実性というものを担保にして融資を受けることができます。

ですが、創業後に受ける追加融資は創業後も事業計画がどれだけうまくいっているのかをきっちり確認しなくてはならないのです。

つまり、売上の伸びは計画通りなのか、事業計画書通りの利益を計上しているのかをチェックされてしまうため、事業が当初の予定よりもうまくいっていないから追加融資が欲しいという場合は、非常に困難な結果になる可能性が高いのです。

特に創業融資を受けてから1年以内の決算を迎えていない状態での追加融資は日本政策金融公庫もどうしても慎重な結果にせざるを得ない状況になっています。

日本政策金融公庫の創業後の実績は数ヶ月で判断するものではありません。

やはり一期ごとで確認をするのです。そのため、どうしても創業融資から一期以内での追加融資は非常に厳しくなってきます。

1期以上が経過し、決算を済ませているケース

では、一期以上経った場合の追加融資はどうでしょうか?

先ほどもご紹介したように事業計画書通りに進んでいないため、追加融資をして何とか事業立て直したいというのはどうしても厳しくなってきます。

ですが、2期以上経っている場合は、事業がうまくいかないという場合でも、追加融資を受けられる可能性が高くなってきます。

つまりは2年以上頑張って事業を続けてきたものの、事業計画書通りになっていないというのは、日本政策金融公庫からするのは許容範囲なのです。

二期以上やってくれば、事業計画書通りにいかないこともあるよねという解釈をしてもらえるのです。

一期以内か二期以上だと扱いがだいぶ違うというのが、日本政策金融公庫のスタンスなのです。

日本政策金融公庫で追加融資を受けるためには、事業計画書通りに業績が順調に推移しているというのが前提条件として挙げられます。

この場合、事業計画書以上に売上が上がっているので、事業の規模を拡大したいが為の追加融資という名目になります。

では、事業が計画通りにいかず、なんとか資金繰りを良くしたいので追加融資をしたいという人はやはり日本政策金融公庫で追加融資を受けることは難しくなってくるのでしょうか?

先述した通り、事業が計画書通りにうまくいっていない状態で、追加融資をもらうことは日本政策金融公庫では非常に難しくなってくるでしょう。

ですが、一期以上もしくは、2期以上なのであれば事業計画の変更という名目で何とかなるかもしれません。

事業が事業計画書通りに行ってなかったとしても今後の業績が良くなるかもしれないという明るい見通しができる好材料があったりした場合は、追加融資を受けることができるのです。

当初の事業計画では、このような点が失敗だったため、新たに計画を練り直したという名目だと追加融資をもらえているパターンがあるのです。

今までの事業計画書はなぜ失敗したのかという原因をしっかりと浮き彫りにし、それについての対策を明記します。

その対策案をするためには、新たなお金が必要だと紐付けていけば追加融資をできるかもしれません。

まとめ

日本政策金融公庫の追加融資をもらう場合、事業計画がうまくいっていないので資金繰りを何とかしたいという名目であれば非常に難しくなってきます。

事業が思った以上にうまくいっているため、事業拡大をしたいので、追加融資をしたいというのでは大違いなのです。

元々が創業融資よりも追加融資の方が、審査が難しいため、追加融資は厳しい戦いを強いられる可能性が高いのです。

ですが、なぜお金が必要なのかということをしっかりと明記した新しい事業計画書を出せば追加融資がもらえる可能性はゼロではありません。

どうしても何とかしたいという人は、まずは昔提出した事業計画書を新たに見直してみてはいかがでしょうか?

※借金返済や生活の為の融資は日本政策金融公庫ではできません。借金でお悩みの方は、まずは融資の前に「過払い金」がないかを調べる事からスタートしましょう。

下記から借金がゼロにならないか?過払い金はないか?無料診断ができます。

【街角法律相談所】債務整理無料診断シミュレーター

日本政策金融公庫融資ドットコム

公庫に融資を断られた方でも資金調達が可能なファクタリングはご存知ですか?

資金繰りを改善したい。つなぎ資金が足りなくなった。売掛金をいますぐキャッシュに変えたい。

今すぐ資金が必要な方、公庫に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

会社の売掛金を元に、即日での資金調達も可能。債務超過、決算が赤字でも、無担保・無保証での利用が可能です(※使途は事業資金に限ります)。借入では無いから、銀行の信用も落としません。逆に、資金繰りが改善するので、公庫の信用もアップします!

利用事業者数10,000社以上。100万円以上の売掛金があるなら今すぐ「10秒で終わる簡単無料診断」を。

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社変更手続きが自分で出来る! セルフキットシリーズのご案内

穴埋め式で簡単!自分で出来るセルフキット!

低コストで会社変更手続をするなら断然オススメ。販売開始から700名以上の方がご自身で手続きを完了!
一般の方でも安心、ラクラク記入で書類が完成。

自分で出来る!増資手続きマニュアル

自分で出来る!増資手続きマニュアル

詳細はこちらから

自分で出来る!本店移転手続きマニュアル

自分で出来る!本店移転手続きマニュアル

詳細はこちらから

自分で出来る!株式会社目的変更キット

自分で出来る!株式会社目的変更キット

詳細はこちらから

自分で出来る!株式会社商号変更キット

自分で出来る!株式会社商号変更キット

詳細はこちらから

  • 絶対資金調達!公的融資ドットコム
  • 即効資金調達!日本政策金融公庫から借りる極意
  • 法人印鑑作成サービスのご案内
  • 代表的な起業形態を独自の視点で徹底比較。自分に合った起業スタイルとは?
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2016 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。