公庫の創業融資での物件(事務所・テナント等)を借りるタイミングについて【公庫の創業融資コラム】

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 公庫の創業融資での物件(事務所・テナント等)を借りるタイミングについて【公庫の創業融資コラム】

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

【コラム第7回】物件(事務所・テナント等)を借りるタイミングについて

融資の申請までには具体的に物件の場所を決めておく必要があります。

なぜなら、その物件の賃料・立地等が決まらなければ、開業時に必要な総事業費すら求めることができないからです。

契約に必要な保証金・敷金・内装工事費などが分からなければ開業に必要な総事業費はわかりませんよね。

また、事業計画の立てようもありません。

例えば、飲食店の場合は坪数によって席数も回転数も変わってきますし、賃料によって必要運転資金の額もきまってきますので。

ただし、決めておくとは言え、融資が下りるかまだ分からない段階で本契約をしてしまうのはNGです。

開業に必要な資金を自己資金で賄えない場合、もし公庫からの融資が下りなかったら、契約時に支払った保証金や敷金がすべてパーになってしまいます・・・。

物件申込のタイミングとその方法については、これがベストというものは無くケース・バイ・ケースではあるのですが、現実的な方法は不動産仲介業者に頼み込んで仮契約だけでも済ませておくことです。

手付金を払ってその物件を一時的に押さえておくのです。

飲食店舗でかつ人気物件の場合だと、一時的ですら押さえておくのは難しいかもしれませんが、そこは交渉力でなんとかキープだけでもしてほしいところですね。

不動産業者には、「現在、日本政策金融公庫に融資の申請をしている段階で、融資が下りればすぐに契約をする。もし契約できなければ手付は放棄するので、なんとか押さえておいてもらえないか?」と誠心誠意、頼むみこんで飲んでもらうしかありません。

ちなみに、日本政策金融公庫の審査の申込及び審査には物件概要書(保証金・敷金・賃料・間取りなどの記載があるもの)の他、契約書(又は仮契約書)なども必要になりますので、不動産仲介業者から予めもらっておきましょう。

契約書(又は仮契約書)については、審査の申込の段階では必要ないケースもあります。

支店によって扱いが異なるかと思いますので、事前に担当者に聞いておくと良いでしょう。

レンタルオフィスやバーチャルオフィスで申込はできるのか?

レンタルオフィスは共同スペースを複数名で利用するタイプのものと、個室タイプのもとのがありますが、前者の場合は審査が不利になるケースもあります。が、後者の方なら特に問題はありません。

また、バーチャルオフィスなども可能は可能ですが、審査においては多少不利になると言わざるを得ません。

バーチャルオフィスを利用して会社登記を行い、営業を別で行う場合は、事業計画書の中、あるいは面談ではその具体的な営業場所の概要なども伝えておきましょう。

バーチャルオフィスを利用するメリットなども合わせて伝えられると尚良しです。

自治体が提供しているインキュベーションスペースなどは、審査においては有利不利はありません。

逆にインキュベーションスペースの場合、入居時の自治体の審査が結構厳しかったり、事業計画書を求められたりもしますので、有利に働く場合もあります。公庫ではなく自治体の制度融資などであれば、自治体インキュベーションスペースなども積極的に利用すると良いかもしれません。

あと、家族・友人知人などの会社の一部のスペースを間借りする場合や、自宅を事務所にする場合は、使用承諾書などを求められることが多いので注意しておきましょう。

転貸NG物件、商用利用NG物件の場合は、審査はおりません。

まとめますと、レンタルオフィスでもバーチャルオフィスでも、自治体インキュベーションスペースでも間借りでも、とにかくその場所で開業する必要性を合理的かつ具体的に説明して、融資担当者に納得してもらうことができればそれで良いのです。

以上、参考になれば幸いです。

【関連ページ】

日本政策金融公庫からの融資を検討している方は、これらのページもぜひ参考にしてみてください。

日本政策金融公庫コラム

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。

100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。