ロボアドとは?

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. どこよりも分かりやすい!起業・独立開業ガイド
  3. ロボアドとは?

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

ロボアドとは?

Fintechの中でも少々馴染みが薄いであろうサービスが、この「ロボ・アドバイザー」、通称「ロボアド」。

一体何がロボに大体されているかというと、金融資産運用の提案がロボによって行われるという仕組みです。

ロボ・アドバイザリーは、一体どこまでがロボ=機械によって行われ、一体何が便利になるのでしょうか。

そもそも、リテール(個人)における金融資産運用において、既存のプレイヤーが提供しているものは、どのようなものなのでしょうか。

金融資産運用と聞いて、個人の方、特に日本でまず思い浮かぶのは「預金」だと思います。

ゆうちょや銀行における定期預金や普通預金についている金利分、預けたお金に比例して返ってくる・・・というイメージです。

一方、価格変動する性質を利用して、売買差額で儲けようとするものがあります。それが株と為替です。

安く買って高く売れば、その差額が自分の利益となります。一時期流行した、古本屋さんなどで行う「せどり」などと同じ原理です。

最近はAmazonの個人出店などでもそれが可能になりました。

株も同じで、証券会社に口座を開設し、安い価格で購入して、高い価格で売却すれば、その差分が自身の資金口座に溜まっていくという仕組みです。

為替は一定の価格がついていないためにイメージしにくいかもしれませんが、例えば1ドル=90円のときに100ドルを9,000円で購入し、1ドル=120円のときにその100ドルを12,000円で売却すれば、差額の3,000円が自身の為替利益となります。

金利という観点からは、債券や預金が挙げられます。

円預金の利率は現在かなり低いため、多くの金額を口座に預けても、1年経っても大した額は返ってきません。

一方、金利というのは各国の金融政策によって異なるため、金利の高い国の通貨の預金に預ければ、高い預金利子が得られます。

先ほどの為替と合わせると、まず為替を外貨に変え、高い国の預金に預け、満期となり返ってきた資金を円貨に戻せば、その差分が自身の利益となります。

債券は、途中売買もできるし、満期まで保有すれば、債券金利の分のクーポン収入も得られるという仕組みです。

仮に償還利回り1%の1年債券を10,000円分購入し、1年経過すれば、10,100円が返ってきますので、この100円が自身の利益となります。

また、途中で価格が12,000円になれば、100円の償還利子は得られませんが、売却益2,000円を得ることができます(実際は中間利払いなど利子の仕組みが複雑なので、ここでは簡略的な説明とします)。

では、ロボアドが現在主に活躍している分野はどこなのでしょうか。

1.ラップ口座の自動化

金融機関が提供するサービスに「ラップ口座」というものがあります。

生活スタイルや資産状況について答えていくと、金融機関の人が最適な運用を提案したり行ったりしてくれるというものです。

ロボアドは、これを金融機関の窓口で申し込むのではなく、Web上のサービス提供者のページやアプリなどから申し込むというサービスと言えます。

2.商品はETF

ラップ口座の場合、主に用いられる投資商品は投資信託になります。長期保有目的で、毎月決まった時期に買い増す積立型などが人気です。

一旦払い戻しを行い、都度現金化するタイプと、その月の収益と元本をそのまま再投資する複利タイプがあります。

一方、ロボアドが取り扱う商品はETFになっています。ETFというのは上場投資信託で、日中でも売買が可能になっています。

個別株も上場され日中取引ができますが、ETFは個別の塊となっており、日経225、TOPIXといった株式指標をベンチマークとして、同様の値動きをするような配分になっているものもあるので、個別株ほどのリスクをとりたくない人に向いています。

3.運用の仕組みはアルゴリズム

実際、ロボットが運用を行うといっても、どのように行っているのでしょうか。

その仕組みは「アルゴリズム」と呼ばれる、自動売買システムによって構築されています。

実際に運用を行う人、ファンドマネジャーがどのように売買を決めているかというと、日経平均株価などの株価指数、長期金利などの金利動向、為替、中央銀行会合などの金融イベント、選挙などの政治イベント、投資をしようとする国の格付け(カントリーリスク)など、様々なものを見て判断をしています。

株などは、世界的不況になれば企業の業績悪化を意味するため売られ、投資したい人たちのお金は、企業よりも安全な国、すなわち国債などに流れるため、債券が買われて金利が下がっていきます。

すなわち、経済局面悪化時は株安債券高となることが想像できます(近年は必ずしも相関しなくなり、各指標の動向予測はより難しくはなりましたが)。

また、過去の金融危機、例えば日本のバブル経済崩壊、アメリカのITバブル崩壊、サブプライムショック、リーマンショック、バーナンキショック、2015年の中国ショック・・・

株価が大暴落した際に、その予兆はなんであったのか(株価下落の予兆はあったのか、債券が密かに購入され始めていたのか、為替がどこかで高騰または暴落していなかったなど)を、ファンドマネジャーは過去に遡って調査します。これをバックテストと呼びます。

今までの相場と照らし合わせて、現在の相場は今後上昇局面なのか、下落局面なのか。

こういった判断は、人間の勘もあるのかもしれませんが、数字の検証の上で判断が行われている以上、システム化が可能であるという考えに基づき、アルゴリズムが生成されるようになりました。

4.ロボアドのフェーズは様々

現在、ロボアドと一口に言っても、その種類は様々です。

質問に答えていくと、既存のETFの中からオススメ度の高い順にランキングで教えてくれるもの、カントリーリスクなどを組み合わせてポートフォリオまで組成してくれるもの、売買がそもそもアルゴリズムで行われているもの、個人投資家がアルゴリズムを公開しその利用料を得ることができるもの・・・過去調査、指標分析、バックテスト、ファンド組成、購入、売却、利益管理・・・、ETFの販売元である証券会社およびファンドマネジャーの仕事のどこを代替してもロボアドと総称されているようです。

今後は、こういったサービス同士のM&Aや、各社の技術進歩により、全てを包括するロボアドETFも登場してくるかもしれません。

一方で、「この政治家が勝ちそうだ」「この国は実はこういった背景があるから、現在の格付けは割りにあっていない」など、システムだけではデータの取り込みが追いつかなかったり、感覚値の方が上回っている部分ももちろんあるでしょう。ロボアドに代替されることが必ずしもパフォーマンスを保証するという訳ではありません。

金融商品のそもそもの存在意義は、リスクを抑えて、最大限のパフォーマンスを出すことです。ファンドマネジャーの負担を減らしながら、それを実現サポートできるサービスが生き残っていくことでしょう。

ロボアドの精度は今後も上がっていくと考えられます。

みなさまも「よくわからない」と恐れることなく、自身のファンド比較研究時間の短縮化などに積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。