手形取引の基礎知識(手形の発行・受取・不渡り・ジャンプ・割引・裏書)など

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 手形取引の基礎知識(手形の発行・受取・不渡り・ジャンプ・割引・裏書)など

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

手形取引の基礎知識(発行・受取・不渡り・ジャンプ・割引・裏書)など。

資金調達

手形はビジネスシーンで広く活用されている決済システムです。

手形は取引や売買を行う際に、買い手が現金で決済する代わりに振り出す証券です。

手形を受け取った側は、後日、その手形を銀行で決済し支払いを受ける形で現金化する必要があります。簡単に言えば、振り出し人にとって支払いを引き延ばすことができる制度なのです。

中小企業をはじめとしたビジネスの現場では、この手形が取引の際に広く用いられています。

中小企業の場合、資金繰りが厳しいところが多く、取引に必要な現金を確保できないケースもあります。

それは必ずしも必要な現金を用意できないわけではなく、他の取引に資金を投入しているので調達できない、後日他の取引の決済が行われることで資金を調達できるというケースも多いのです。

そうした場合に手形を用いることで現金の持ち合わせがない場合でも取引が可能になるのです。

つまり「今現在はお金の持ち合わせはないけれども、○○日先にはまとまった現金が入る予定だからその時に改めて決済してほしい」というわけです。

小切手とは何が違うの?

この手形の特徴は、小切手との大きな違いともなっています。

小切手の場合はあくまで現金を持ち歩く代わりに振り出すのが主な目的となっており、銀行に預けてある残高の範囲内の金額で振り出すことが可能です。

また支払期日が設けられておらず、受取人はすぐにでも現金化が可能です。

対して、手形の方は支払期日が設けられており、受取人はその期日が来るまでは現金化できません。

手形のさまざまな活用方法

こうした基本的なシステムを土台にしてさまざまな形に活用されているのも手形の大きな特徴です。

例えば、先述した期日までは現金化できないという受取人にとってのデメリットは「手形割引」と呼ばれる制度で解消できます。

これは銀行に手数料を支払うことで、期日よりも早く現金化できる方法です。

あるいは、後述しますが、受け取った手形を他の人に譲渡する「裏書譲渡手形(廻り手形)」といった方法などもあります。

本来なら現金だけで取引を行うところ、手形を上手に活用することで資金繰りをスムーズに行ったり、返済不能になるリスクを減らすことができるのです。

また、近年ではインターネットの普及やデータの大容量化の影響から、電子データ化したうえで振り出される「電子手形」に広まってきています。

パソコンで作成し、インターネットやFAXを使用するだけで振り出すことができるこの制度は、今後広がりを見せていくだろうと言われています。

手形の活用方法は新たな段階に進みつつあるといってもよいでしょう。

手形を発行(振り出す)するには?

手形を発行する会社を「振出人」と言います。一方の手形を受け取る人は「受取人」と呼ばれます。

では、手形取引を開始するにはどのような手続きを踏めば良いか見ていきましょう。

まず、銀行で「当座預金口座」を開設します。取引銀行に手形用紙交付手数料を支払い、手形帳を購入します。そこに相手先名・金額・振出日・支払期日などの必要事項を記載して手形を作成します。

三菱東京UFJ銀行では、手形1枚21円、手形帳1冊(50枚)1080円で販売されています。

→参考:手形・小切手交付手数料、取立手数料(三菱東京UFJ銀行)

不渡りとは?

手形に記載した期日までに支払いができなくなることを「不渡り」と言います。不渡りを起こすと銀行の信用は著しく低下します。

六ヶ月の間にもし2回の不渡りを出してしまうと、銀行との取引は一方的に停止され、事実上の倒産となります。

全国銀行協会という団体が運営している信用情報機関にも不渡りに関する情報が登録されてしまいます。

登録期間も結構長いので、再起も簡単にはできなくなります。不渡り情報は、全国銀行個人信用情報センターの場合ですと、

第1回目不渡は不渡発生日から6か月を超えない期間、取引停止処分は取引停止処分日から5年を超えない期間

とされています。

不渡りを絶対に起こさない為にも、日頃から、資金繰りの管理を怠らないようにしましょう。

手形のジャンプとは?

万が一、期日までに支払えない場でも、手形の相手先に頼んで先の期日との手形に交換することができれば、不渡りを回避できます。

これを手形のジャンプと言います。手形のジャンプは相手先の承諾が必要ですし、利息を求められるケースもあり、簡単にはできません。

手形を受け取ったときに行う「取り立て依頼」とは?

銀行へ手形を持ち込んで「取り立て依頼」を行いましょう。

銀行は差し出された手形をもとに取り立てを行い、現金を受取人に支払います。手形の支払い期間は、手形記載の支払期日を含めて3日以内となっています。

なお、この3日間のことを「支払呈示期間」と言います。

期日を過ぎてしまうと決済できなくなりますので、早め早めの手続きを心がけましょう。

手形を紛失すると取り立て依頼もできず取り返しがつかないことになりますので、手数料は掛かりますが、銀行に保管してもらっておくと良いでしょう。

手形割引とは?

こちらのページで詳しく解説しています。→手形割引とファクタリングの違いって?

裏書手形とは?

受け取った手形を銀行では現金化せずに、手形の裏に署名をし、そのままその手形を自分の支払い等に使ってしまう(手形を譲渡してしまう)ことを裏書き手形と言います。

手形を受け取ったときにチェックしておきたいポイント

振出人の住所・氏名が正確に記載されているか、捺印はされているか、支払期日と振出日は正確に記載されていいるか、金額は訂正されていないか、印紙が貼付されており、消印もされているかなどです。

手形はお金と一緒です。手形取引を普段から行う場合は、細かすぎるくらいにチェックする癖をつけておきましょう。

金融機関に融資を断られた方でも資金調達が可能なファクタリングはご存知ですか?

資金繰りを改善したい。つなぎ資金が足りなくなった。売掛金をいますぐキャッシュに変えたい。

今すぐ資金が必要な方、金融機関に融資を断られた方、融資が望めそうに無い方は、経済産業省も制度の推進をしている「ファクタリング」の活用を検討しましょう。

ファクタリングとは、ファクタリング会社にあなたの会社の売掛金を売却し、資金を調達する方法を言います(個人事業主でもOKです)。

会社の売掛金を元に、即日での資金調達も可能。債務超過、決算が赤字でも、無担保・無保証での利用が可能です(※使途は事業資金に限ります)。借入では無いから、銀行の信用も落としません。逆に、資金繰りが改善するので、金融機関の信用もアップします!

利用事業者数10,000社以上。100万円以上の売掛金があるなら今すぐ「10秒で終わる簡単無料診断」を。

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社変更手続きが自分で出来る! セルフキットシリーズのご案内

穴埋め式で簡単!自分で出来るセルフキット!

低コストで会社変更手続をするなら断然オススメ。販売開始から700名以上の方がご自身で手続きを完了!
一般の方でも安心、ラクラク記入で書類が完成。

自分で出来る!増資手続きマニュアル

自分で出来る!増資手続きマニュアル

詳細はこちらから

自分で出来る!本店移転手続きマニュアル

自分で出来る!本店移転手続きマニュアル

詳細はこちらから

自分で出来る!株式会社目的変更キット

自分で出来る!株式会社目的変更キット

詳細はこちらから

自分で出来る!株式会社商号変更キット

自分で出来る!株式会社商号変更キット

詳細はこちらから

  • 絶対資金調達!公的融資ドットコム
  • 即効資金調達!日本政策金融公庫から借りる極意
  • 法人印鑑作成サービスのご案内
  • 代表的な起業形態を独自の視点で徹底比較。自分に合った起業スタイルとは?
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2016 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。