日本政策金融公庫・制度融資の面談に際しての注意点などについて解説しています。

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 公庫融資の面談時3つの注意点と面談で必ず聞かれる5つのこと

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

公庫融資の面談時3つの注意点と面談で必ず聞かれる5つのこと

日本政策金融公庫での面談

日本政策金融公庫の融資面談を受けられる方へ。これだけは絶対に頭に入れておいてください。

融資の可否は、

「担当者に融資OKと判断させるだけの材料を、如何に与えることができるか」

にかかっています。

担当者を味方につけましょう。

担当者は「敵」ではありません。あくまでも対等な立場であり、「味方」であるべき存在です。このことは、「融資」の仕組み・本質が分かっていれば、自然に理解できるかと思います。

融資の本質ってなんだ?という方は、まずはこちらのページをご覧になってみてください。

時間が無い方は、読み飛ばしてもらっても結構です。

担当者は面談の結果を、融資担当者が集まる会議又は部署に上げて稟議書という書類を使って報告します。

担当者が全ての決定権を握っているわけではありませんので、この稟議書の出来不出来が融資の可否を決定するといっても過言ではないのです。

面談では、変にへりくだったり、下手にでる必要は全くありませんが、誠実な受け答えを心がけましょう。

横柄な態度を取る人、逆にオロオロと自信なさげな人に、お金を貸そうと思う人はまずいません。後述しますが、服装にも十分に気を遣いましょう。

担当者を味方につけれるかどうかが、融資成功のカギになります。

当ページでは、面談時の注意点と、面談で担当者からよく聞かれる事項について、解説しています。

これらのポイントを事前知識として頭に叩き込んだ上で、面談に臨むことによって、融資実行の可能性を格段に飛躍させることができます。では、どうぞ。

融資面談3つの注意点

申請書類と事業計画書がしっかりと作れても、その後に行われる面談で失敗したのでは融資は受けられません。

書類と同じくらい、面談も重要になってきます。

この2つをパスできて初めて融資を受け取ることができますので、NGな行動は絶対にしないようにしましょう。

ここでは面談での注意事項をまとめていますので、しっかりと確認しておきましょう。

1.聞かれたことだけ明確に答える!

担当者の質問に対して答えられないと、かなりのマイナス評価です。

なぜなら、担当者は事業計画書を元に話を進めていくからです。

事業計画書は自分で作るものですから、答えられないわけがありません。

事業計画書を専門家に依頼して作成した人でも、面談で答えられるように事前の確認と専門家との打ち合わせを行っておく必要があります。

嘘は絶対にNGだが、聞かれていないことまでこちらからベラベラと話す必要もない。

担当者が聞いてもいないことを話す必要はありません。ボロがでてマイナスになる可能性があります。

多くしゃべったからといってプラスになることはありませんので、担当者が質問したことだけに答えていきましょう。

ダラダラと聞かれてもないことを話していても、仕事ができる人間には思われません。質問されたことに対して、適格かつ、明確に、そして端的に答えることが重要なのです。

2.身だしなみにも気をつける!

面談での服装については特に規定はありませんが、面談において申請者の人間性もみられます。

第一印象は非常に重要です。

融資を受ける側、お金を借りる側ですので、あまりにもラフな格好で面談を受けるのはどうかと思います。

少しでも良い印象を持ってもらうためにも身だしなみなどの最低限の努力は行っていきましょう。

スーツは普段着用しないお仕事の方でも、このときばかりはスーツでも良いかもしれません。

仕立ての良いスーツである必要はありませんが、清潔感は必要でしょう。清潔な服装は相手に対するマナーでもあるのです。

服装ごときでマイナスイメージを与える必要は一切ありません。ラフな格好をしてマイナス印象を与えるくらいなら、最初からスーツで行きましょう。

3.面談は本人だけで行く!

面談に専門家などと同行して挑む人もいますが、これはNGです。融資の面談には、起業家であるあなた(申請者)が単独で受けるのが大原則。

担当者は専門家ではなく申請者本人の話が聞きたいのです。

しどろもどろになった本人を専門家が横からフォローしたところで、印象は悪くなる一方です。

たとえ全てを正確に答えられなかったとしても、一人で面接を受けることが大事なのです。

もし、専門家の意見が重要なのであれば、そもそもこの面談自体、意味がありません。

公庫の担当者はあなたの経営者としての「資質」と「人柄」を見ています。このことをしっかりと頭に入れておきましょう。

なお、共同出資・経営の場合、例えば3人で起業するケースでも、申請者となる代表者1人で面談には行くようにしましょう。融資契約はあくまでも申請者本人と公庫の2者が当事者となります。共同経営で事業を開始する場合も、代表者であるあなたが全責任を負うことになるのです。

その覚悟と熱意を持って面談に臨みましょう。

面談で聞かれる5つのこと

さて、ここからは面談の中身を見ていきましょう。

面談では実際どのようなことが聞かれるのでしょうか?

本人が事業計画書の内容を100%理解していれば、それほど難しくは感じないかと思いますが、具体例も知っておきたいところですね。

ここでは、これまでの面談で何が多く聞かれているのか、その上位5つを紹介したいと思います。

1.なぜ開業しようと思ったのか?

開業のきっかけ(開業動機)についてはしっかりと答えられるようにしておいた方がいいでしょう。

事業計画書にも記載しなくてはいけないので答えられないということはないでしょうが、的確に答えられるように準備しておきましょう。

事業計画書とあまりにも違った内容ですと怪しまれますので、事前に事業計画書と照らし合わせながら確認を行っておいた方がいいかと思います。

ここでは前向きな開業動機を答えるようにしましょう。

後ろ向きな発言、例えば、「人間関係が嫌になり退職しました」、「特に他の就職先が見つからなかったので、仕方なく開業することにしました」などはもっての他です。

あなたの事業に対する熱意と想いを適格かつ簡潔に話しましょう。熱意は言葉だけでは伝わりません。

あなたがこれまでに培ってきた経験、知識、仕事に対する姿勢。これらが揃ってはじめて担当者に熱意は伝わります。

2.自己資金の確認

日本政策金融公庫では新規開業者の融資にあたり、自己資金の確認はほぼ間違いなく行われます。

自己資金の金額そのものの確認のみならず、通帳の履歴からどのような経緯で自己資金を作ってきたのかといった流れまで確認されます。

大体6ヶ月から1年位は遡って見られると思っておきましょう。

見せ金と思われるような不審な入金があればその場で質問されます。

単なる口座間の金銭の移動の場合でも注意が必要です。

もし指摘される恐れがあるときは、それが不審ではないことを証明する資料をあらかじめ準備しておくとよいでしょう。

資料を見せて担当者が納得できればそれでOK。担当者が上司に決済を上げる際にも貴重な資料になります。

なお、税金や家賃、水道光熱費など公共料金の支払いを同じ通帳で行っている場合は、送れずに期日までに支払いをしておきましょう。

通帳の履歴から公共料金等の支払いがあきらかに遅れている、あるいは滞納が続いていると判断された場合、お金にルーズでだらしないという印象を与えます。

自己資金の確認は良くも悪くも通帳が全てです。あなたの金銭的真面目さ、誠実さをアピールする為にも綺麗な通帳作りを心がけましょう。通帳明細であれやこれやと詮索されることがなければ、面談もスムーズに終わります。

3.経営がうまくいかない場合を想定した対策

誰もが自分の会社を軌道に乗せようと一生懸命頑張るかと思いますが、その努力とは裏腹に業績が伸び悩んでしまうことも当然想定されます。

こういった状況になった場合の対策方法などを聞かれた時、明確に答えられるように準備しておかなければなりません。

リスク管理も経営者の仕事なのです。

自分の会社の特徴からどのような問題が考えられ、どう対処していくかは、担当者も気になるところなのです。

事業計画書にも経営不振に陥った時の対策方法などといった項目はありませんので、面談対策として個別に準備しておく必要があります。

4.どのように収益を上げるのか?

貸し手にとって一番気になるところです。

売上の見込みがなければお金を返済していくことは不可能ですので、細かな数字や具体的な資金使途なども聞かれるかもしれません。

これは事業計画書にも記載しますので、その内容に問題がなければそこまで細かく聞かれることはないかと思いますが、こちらも、事業計画書と照らし合わせながら事前に確認しておきましょう。

売上見込みについては、その裏付けとなる資料なども用意しておくと良いでしょう。

5.営業場所についての確認

自宅以外の場所で、事業を開始する場合は賃貸借契約書の写しが必要になります。

担当者から質問されるとすれば、事務所使用禁止の規制があるのにもかかわらず、そこを勝手に事務所として申請している場合などにそれについての追及があります。

自宅以外で事業を始められる方は、この辺りを注意しておかなければいけません。

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。

面談を成功させる最大のポイントは何か、お分かりになりましたでしょうか?融資を成功させる為の最大のポイントでもあります。

「準備・準備・準備」です。

大事なところなので3回も言いました^^v

面談に関しては、当ページで解説していることだけ確認して実践して頂くだけでもかなりのポイントアップになると思います。

融資を受けるための事業計画と面談は車の両輪です。どちらか一つでも欠けてしまうと融資は下りません。

事業計画書の作成も面談も、全ては如何に「準備」をするかで決まるのです。

日本政策金融公庫は国民の税金を資源として活動を行っています。杜撰な事業計画しか立てられない、事前に面談のシミュレーションすら行わない。当たり前の「準備」すらしない人に、国民の血税であるお金を貸すわけがありません。

融資は決して簡単では無いということをしっかりと頭に叩き込んで、面談には望むようにしましょう。

なお、融資実行の可能性を上げるためのポイントは他にもあります。最後に関連ページを掲載しておきますので、お時間がある方は合わせてご覧頂ければと思います。

あなたの融資が成功しますように、お役に立てれば幸いです。

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。

100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。