【資金調達用語をわかりやすく解説】売掛債権担保融資とは?

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 【資金調達用語をわかりやすく解説】売掛債権担保融資とは?

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

売掛債権担保融資とは?

「売掛債権担保融資」とは、自社の持っている「売掛金」を担保にして融資を受ける資金調達方法です。

売掛金の回収サイクルが長い場合に前倒しで資金化できる、受注が増加した場合など急遽資金が必要になった場合に当面の運転資金を調達できるというメリットがあります。

通常の融資では担保となる不動産や第三者の保証が必要ですが、担保となるような不動産がなかったり、既に融資を受けていてこれ以上担保設定できないことも多くあります。

売掛債権担保融資では、得意先の売掛債権を担保とするため、担保価値があります。

例えば、売掛金の相手先が信用度の高い大企業であったり、国や県などの公共機関であったりすると担保価値も高くなると言えるでしょう。

ただし、売掛先が倒産して回収できなくなるリスクがあるため、実際の売掛金額がそのまま融資できるわけではありません。掛け目と呼ばれる担保を評価する際の比率が設定されていて、売掛債権に掛け目を乗じた額の範囲内で融資が行われます。

掛け目は売掛先や売掛債権の信用度など、金融機関の評価によって設定されています。

回収不能になる可能性があれば、金融機関は積極的に融資を行いません。

そこで、信用保証協会が行う「売掛債権担保融資保証制度」があります。

金融機関へ融資の申し込みの際に信用保証協会が保証を行うことで、もし売掛先が倒産した場合など債権の回収ができなかった場合には、信用保証協会が借入金の90%を金融機関に返済してくれる制度です。

信用保証協会と金融機関は、売掛債権から回収を図ります。

売掛債権を担保とするには、借入前に譲渡担保の保全のため、「東京法務局で債権譲渡登記(金融機関に売掛債権を担保としたことの登記)」、または「売掛先へ売掛債権を担保にしたことを通知する」、または「売掛先から売掛債権を担保にしたことの承諾を得る」ことのいずれかが必要です。

売掛先への通知や承諾は売掛先に売掛金を担保としたことが知られてしまうので、多くの会社では法務局で債権譲渡登記を行うことを選択します。

売掛債権を譲渡したと登記はされても商業登記簿謄本とは別に記録されるため、売掛先に知られてしまうことはありません。きちんと返済している限り、第三者に知られることがないため安心です。

融資のおおまかな流れは、「金融機関に融資の申し込み→金融機関での審査→信用保証協会の審査→信用保証決定→東京法務局で債権譲渡登記→融資実行」となります。

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。

100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。