投資は銀行からお金を借りてやる方が良い理由

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 投資は銀行からお金を借りてやる方が良い理由

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

投資は銀行からお金を借りてやる方が良い理由

事業が上手く回っていて、じゃんじゃん売上をあげていても、BS(貸借対照表)に売掛金だけが積み上っていくようではいけません。

売上は、現金で回収できてはじめて、本当にあなたの会社のものになるのです。

BS上の現預金が会社の「命の源」です。

人間で言うならば血液のようなものです。

現預金が豊富にあれば、一時的に売上が落ちようとも、何らかの理由で営業ができなくなっても、それこそ震災などで営業所や工場が倒壊してしまっても、会社が潰れることはありません。

会社はなぜ倒産するのでしょうか?

現預金が無くなるから、倒産するのです。

売上が落ちても、利益が無くなっても、会社は潰れません。

支払いができなくなった時点で会社ははじめて潰れるのです。極端な話、現預金さえあれば例え売上ゼロが10年続いても、会社は継続していけるのです。

今は業績がよくても、会社経営はいつ何時、何が起きるかはわからないものです。

土地建物などの固定資産をたくさん持っていても、すぐに換金できるものではありません。担保に入れて金融機関から借入をおこなうこともできますが、速効性はありません。最低でも融資実行までに1ヶ月は掛かります。

業績が良いうちは、借金ゼロで更なる事業投資を行いたくなるものですが、できるものならば、新規投資は金融機関からの借入を元手におこなうようにしましょう。

銀行は晴れのときに傘を貸し、雨になったら傘を取り上げると言います。

まさにその通りなのです。

業績が良いうちなら銀行はいくらでもお金を貸してくれます。銀行によっては担保無しでも貸してくれるでしょう。

いくら業績が良いからといって今ある現預金を全て事業投資に使ったとして、それが成功するかどうかは誰にも分かりません。

事業経営は10戦して1勝できれば良い方だと言われている世界です。ユニクロの柳井社長ですら事業は1勝9敗と言ってます。

事業投資で失敗して現預金がゼロになった場合。あるいは、ゼロにはならなくとも激減してしまった場合。その状況で更なる経営環境の悪化(例えば、売上の激減、営業停止、売掛金の焦げ付きなど)を招いてしまったら、そこでジ・エンドです。

これがもし銀行からお金を借りてそのお金だけを使って事業投資をしていればどうでしょうか?

事業投資に失敗しても、もともとあった現預金はまるまる残っていますよね?

前述しましたが、現預金さえあれば会社は潰れません。

「今は業績がいいんだし、銀行なんかから絶対にお金を借りたくない!」と考えている方も、これから新規事業を始める、あるいは、大きな設備投資をする場合は、現預金がゼロにならないように、新たに借入を起こしてその上で投資を行ってください。

資金調達能力があるうちに、銀行からお金は借りておかないといけないんです。

困ってから銀行に泣きついても相手にしてくれません。

今現在、現預金が潤沢にあり、事業も上手くいっているときしか銀行はお金を貸してくれません。

企業の資金調達能力に関してはこちらのページでも詳しく解説しておりますので、合わせて参考にしてください。(参考:資金調達能力を上げておかないと企業は簡単に倒産する

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。

100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。