【資金調達用語をわかりやすく解説】銀行融資における実質金利・表面金利とは?

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 【資金調達用語をわかりやすく解説】銀行融資における実質金利・表面金利とは?

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

銀行融資における実質金利・表面金利とは?

銀行融資を受ける際、必ず知っておいてもらいたい用語に、「実質金利」「表面金利」がというものがあります。

その後の資金繰りにも大きな影響を及ぼす重要な概念となりますので、当ページをお読みになってしっかり理解してもらえればと思います。

実質金利とは?

まず実質金利とは何かというと、利息や手数料、保証料など、融資を受ける際にかかるすべてのコストのことを指します。

これらのコストはどれだけお得に融資を受けられるかに大きく関わってくるので、融資前に必ずチェックしておきたい項目です。

それに対して表面金利は融資に適用される金利のことを指します。

つまり、利息や手数料、保証料など、あらゆるコストのうち利息コストのみを抜き出したものです。銀行の公式ウェブサイトの融資ページにアクセスした時、「金利~%」と記載されているものが表面金利となります。

表面金利とは?

表面金利は銀行の対応次第で優遇されることもあります。

たとえば、その銀行の口座を振り込み先に指定したり、すでにその銀行の別の融資を受けていたりと、一定条件を満たすことで表面金利の引き下げが行われます。

実質金利・表面金利、どちらが重要か?

実質金利と表面金利のどちらが重要かというと、実質金利の方がはるかに重要です。というのも、表面金利がいくら低くても、他の手数料や保証料の影響で実質金利が高くなってしまっては結局支払うコストが増加するからです。

表面金利だけで融資の比較をする人も多いですが、それだけだと損をする可能性があるので、注意してください。

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。

100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。