「ファイナンス・リース」「セール&リースバック」による資金調達とは?

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 「ファイナンス・リース」「セール&リースバック」による資金調達とは?

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

「ファイナンス・リース」「セール&リースバック」による資金調達とは?

資金調達

日本政策金融公庫などの政府系金融機関や民間銀行に融資を断られた場合、主に次の方法で資金調達を行わざるを得えなくなります。

  • ファクタリング
  • ノンバンク
  • 直接金融(増資や私募債)による資金調達
  • 社長個人からの借入など
  • ファイナンスリース、セール&リースバック

ファクタリングは、今注目の資金調達方法で、よく耳にする売掛債権担保融資とも異なって、売掛金を譲渡して(ファクタリング会社に売掛金を買い取ってもらう)資金を調達します。

ノンバンクもスピーディーな審査で早期融資が可能ですが、金利が高く、長期借入には向いていません。

株式会社の場合ですと直接金融である増資(新たに株式を発行するして出資金を募る)や私募債による資金調達も可能は可能なのですが、中小企業の場合は強力な応援者や資金力がある仲の良い取引先等が近くにいないと、難易度は高く実現可能性は低いと言わざるを得ません。

社長個人からの借り入れで資金不足を賄えればそれに越したことはありませんが、こちらも1人会社や中小企業の場合、会社の業績が傾けば社長の個人資産も同時に目減りしてしまうケースがほとんどです。

というのも、会社が傾きかけると、まずは社長個人の役員報酬を削ったり、報酬を取らなかったりして、経費の削減に努めるケースが往々にしてあるからです。

そもそも潤沢な資産があれば「経営者保証」を付けて金融機関から通常の借入が可能なはずですからね^^;

というわけで、前置きが長くなりましたが、今回は「ファイナンス・リース」と「セール&リースバック」による資金調達方法にスポットを当てて解説していきたいと思います。

ファイナンス・リースとは?

ファイナンス・リースとは、企業が利用したい物件をリース会社が代わりに購入し、一定の期間に渡って一定のリース料を企業から回収し、最終的には購入代金の全額回収を行う契約です。

例えば、500万円相当のトラックが必要になった運送業者さんの場合。大きな仕事が入って、すぐにでも増車しなければ仕事を受注できない。でも手元には500万円の現金はない。

手元になければ、リースか割賦販売で購入するしかありません。

このような場合でも、契約に要する時間も短く納車も早いリース契約を選択すれば、すぐにトラックを使って仕事が回せるようになります。

コピー機などのOA機器にもこのファイナンス・リース契約はよく利用されていますね。

コピー機を新品で購入するには通常50~100万円は掛かりますが、リース契約の場合は月々数万円で利用が可能ですから、その分の資金は浮きますね。

ファイナンス・リースのメリット

リース料金は全額損金処理が可能なので(購入だと減価償却や固定遺産税などが掛かる場合もあります)、節税にもなり、コスト管理も簡単にできます。

通常はメンテンナンスや保守契約がついているので設備の管理に掛かるコストや手間も抑えることが可能です。

リース料は通常は定額なので金利変動のリスクもありません。

ファイナンス・リースのデメリット

メリットも多いファイナンス・リースですが、当然デメリットもあります。

中途解約は原則としてできないのと、通常の融資に比べて割高(保守サービス料なども乗っているので余計に)、リース契約が終わっても物件自体は取得できず、利用を続ける場合は原則として再リース契約を結ぶことになります。

リースは払い終わったら自分のものになると勘違いされている方は結構多いのですが、そうではありませんので注意しましょう。

なお、割賦販売も初期にまとまった資金が不要という面では、リース契約と同様の効果があります。

セール&リースバックとは?

企業が所有している資産を売却して資金を得つつも、その資産をそのまま売却先から借り受け、使用し続ける契約を言います。

セール&リースバックの対象となる資産は前述のファイナンス・リースと同様多岐に渡ります。

自動車、機械設備、不動産、あるいは店舗一式をそのまま売ったりと多種多様です。

セール&リースバックは、一時的な資金が必要なときに資産を売却してしまうわけですが、その資産自体はそのまま利用し続けることができます。

先程の例で挙げた運送会社の場合で説明しますと、

まとまった資金が必要になるも、銀行融資は断られた→営業用のトラック(500万円)を売却→リースバックをしてトラックはそのまま継続して利用できる。

売却代金を得れると同時に、その資産を使っての事業継続も可能になるわけです。

なお、個人資産の自宅等でリースバックを行う場合は、こちらから申込が可能です。→ハウス・リースバック

まとめ

ファイナンス・リースとセール&リースバックは通常の資金調達方法とは異なりますが、実質的には設備資金や運転資金を金融機関から借入れるのと同様の効果を得られるのです。

つなぎ資金の調達、また資金繰りの改善方法などについては、下記ページでも解説しておりますので、参考にしてください。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。

100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。