家を失わなくて済む方法「リースバック」とは?

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 家を失わなくて済む方法「リースバック」とは?

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

家を失わなくて済む方法「リースバック」とは?

はじめに

長期ローン返済ができなくなったが、売却すると住む場所が無くなる。今の暮らしを続けたい。引っ越しをしたくない。他人に知られること無く、資金を調達したい。

様々な理由がありますが、”住む家を無くしたくない”というお悩みを持つ方のために、「ハウスリースバック」という方法について解説していきます。

ハウスリースバックとは?

ハウスリースバックとは、住宅ローン契約を行った家を売却し、”賃貸住宅”として済み続けることができるようになるサービスです。

通常、不動産に売却すると所有していた不動産は手放すことになります。

ハウスリースバックを用いることで、売却した際の買い取り料金を受け取りつつ、通常の賃貸住宅のように家賃を支払うという形で済み続けることができます。

また、仮に売却をした後でも、買い直すことができます。

ハウスリースバックは特定の会社が直接家を買い取る形となるので、不動産の物件情報に並ぶこともなく、隣人に知られたりすることもありません。

また、買い取り代金は一括支払いで、借金返済で首が回らなくなった方にも安心です。

↑目次に戻る

ハウスリースバックのメリット

ハウスリースバックには上記以外にも多数のメリットが存在します。

まず、住宅という資産を持っている限り固定資産税がかかりますが、ハウスリースバックは”所有”から”使用”に変わるため、固定資産税を支払う必要が無くなります。

更に、あくまで家を売ってお金を手に入れるという不動産売買ですので、お金の借り入れという行為には該当せず、金融審査はありません。

また、住宅ローンでお悩みの方でも利用できるよう、住宅ローンが未完済の状態でも申込が可能です。保証人も不要という点もメリットと言えるでしょう。

↑目次に戻る

ハウスリースバックのデメリット

当然ですが、賃貸住宅となる以上、毎月家賃が必要となります。

家賃の滞納を繰り返すと居住権が無くなってしまうので、家賃も支払えない状態では意味がありません。

また、将来買い直すこと自体は可能ですが、”売値=買値”ではありません。

買い直すとなるとその分値上がりしますので、最終的には住宅ローンの総金額と大差無い、あるいは上回っている場合もあります。

↑目次に戻る

ハウスリースバックと個人再生の違い

家という資産を残した上で借金を減額する。という債務整理の手段の1つ「個人再生」

家が残るという部分は共通していますが、それ以外は全くの別物です。

まず、個人再生で手持ちの資金が増えることはありません。

あくまで”現状では支払いが不可能である”と認めてもらい、返済額を減らすことができるというのが個人再生です。

また、重要な資産こそ残りますが、それ以外の資産は売却する必要があります。

対してハウスリースバックは、あくまで今住んでいる住宅を売りつつ、住み続けるという全く関係のない手段です。

あくまで、資金をすぐに用意できる。あるいは住宅ローンをチャラにできるといった要素が借金に効果的という面が共通しているという程度の関係性です。

↑目次に戻る

ハウスリースバックを利用できる対象

基本的にはその住宅の家主であれば特に厳しい条件はありません。

成人していて、意思疎通能力があるのであれば職業も人種も関係なく利用可能です。

また、遺産として家が残り、登記権利の手続きを行っていない場合でも、相続登記手続き後利用できます。

物件に関しても、個人住宅だけでなくマンションも利用可能、所有者が複数人居る場合も全員の同意があれば利用可能です。

担当会社によってこの取扱物件のも制限があったりしますが、中には評価額に関係なく買い取りを行ってくれる会社もあります。

↑目次に戻る

リバースモーゲージとの違い

リバースモーゲージとは、ハウスリースバックと同じく住居を手放す事無く収入を獲得するための手段として知られています。

ハウスリースバックは何度も繰り返すようですが、不動産売買です。

融資でもなければ借金にもなりません。

対し、リバースモーゲージは自宅を担保とした金融取引です。

最終的に住宅を手放す、あるいは借入額を一括払いすることで支払う形で、毎月あるいは毎年、年金という形で借り入れを行っていきます。

リバースモーゲージの特徴として、その名称にもあるように借入額が増えていくというものがあります。

違いは上記の通り、不動産売買か金融取引かの違いです。

また、リバースモーゲージは最終的に売却する必要があり、契約が終了すると住処を失うことになります。

また、契約中に物件の評価価値が下落することで、住宅の売却のみでは借金が返済できなくなるというリスクがあります。

他にも様々な制限があるので、利用しやすさではハウスリースバックの方が手っ取り早いと言えます。

ただし、ハウスリースバックの場合は最初に物件を売り払うため、所有者では無くなってしまいます。

その点、リバースモーゲージは満期までその家を資産とする事ができます。

↑目次に戻る

任意売却との違い

物件を売るという事で、任意売却とも比較することができます。

任意売却は、債務者・債権者・物件を購入する第三者の3名によって話し合う事で行われる取引です。

物件を売却するので同然住処は無くなりますし、既に買い手も決定しているため、賃貸住宅として利用することもできません。

↑目次に戻る

ハウスリースバックに関するまとめ

以上がハウスリースバックについての解説でした。

時間帯にも寄りますが、申込から査察、査察額の算出までは数時間程度で完了するため、今にも借金や住宅ローンの滞納で家を失うかもしれない!というような方でも気軽に利用することができます。

もし、住宅が手元にあり、何らかの理由で資金が必要になった時は、ハウスリースバックの利用を検討してみると良いでしょう。

実際にハウスリースバックを利用してみようとお考えの方は、一部上場企業であるハウスドゥグループが運営しているこちらのサービスがオススメです。信用もあり、実績も多数なので安心です。→ハウスドゥのハウスリースバック

↑目次に戻る

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。

100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。