金融機関(銀行・公庫など)からの資金調達・融資と税理士の有効的な活用法

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 金融機関(銀行・公庫など)からの資金調達・融資と税理士の有効的な活用法

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

金融機関(銀行・公庫など)からの資金調達・融資と税理士の有効的な活用法

【目次(もくじ)】

はじめに

金融機関から資金調達・融資を受けるときにもっとも大切なことは何かを、あなたはご存じですか?

もし何も考えずに書類を作成して資金調達・融資の申込手続きを進めてしまうと、融資を受けることができずに大型案件を逃してしまうかもしれません。

今回は、起業家や中小企業経営者が知っておきたい金融機関から資金調達・融資を受けやすくなる税理士の活用法をご紹介していきます。

また、資金調達に精通した税理士との顧問契約を考えている経営者は、税理士に会計参与になってもらうメリットとデメリットについても、是非知っておいてもらいたいと思います。

税理士を活用すれば、

  • 金融機関からスムーズに融資を受ける
  • 企業の会計参与になってもらう

といったことが可能になります。

↑目次に戻る

税理士を活用するとなぜ金融機関の評価が高まるのか?

税理士を活用すると金融機関からの評価が高くなる理由は、以下の4つが挙げられます。

  1. 普段から顧問先の数字を見ているから
  2. 税務面で問題のないことを証明することになるから
  3. いくらまで融資を受けることができるかを正しく判断することができるから
  4. 金融機関が納得するポイントを熟知しているから

それぞれの内容を詳しく解説していきます。

<普段から顧問先の数字を見ているから>

顧問先の数字を普段から見慣れていることは、金融機関にとって安心できる材料となります。

税理士を活用して資金調達・融資を受けるということは、

  • ROA(資本経常利益率)
  • ROE(自己資本当期利益率)
  • 損益分岐点分析
  • 原価管理

といった分析を経て、返済できる見込みがあるという何よりの証拠となります。

普段から顧問先の数字を見ている税理士であれば、説得力のある資料を作成することができます。

そのため、金融機関からの評価が高くなるのです。

<税務面で問題のないことを証明することになるから>

税理士は、顧問先が行うすべての取引を把握したうえで確定申告書や法人税申告書を作成します。申告書を作成するためには、

  • 不正取引がないか
  • 節税ではなく脱税になっていないか

という点を当然考慮することになります。

そのため、税理士が作成した決算書や申告書であれば、税務上問題がないことを証明することになるのです。

<いくらまで融資を受けることができるかを正しく判断することができるから>

税理士を活用すれば、いくらまで融資が受けられるか正確に判断することができます。

もし税理士を活用せずに資金調達・融資を受けようとした場合、失敗に終わることも考えられます。

一度失敗してしまうと再審査までに時間がかかります。

大型案件を獲得できなければ、大きな損失となってしまうでしょう。

初めから専門家のサポートを得れば、安心して資金調達・融資を受けることができるのです。

<金融機関が納得するポイントを熟知しているから>

税理士も金融機関も、お金に関するプロの専門家です。

税理士だからこそ、金融機関が納得するポイントがわかるのです。

とくに金融機関の融資担当者が納得する形でデータを盛り込むことができるのは、税理士ならではの魅力であるといえるでしょう。

税理士から紹介された金融機関は審査が通りやすい?

税理士から紹介された金融機関は審査が通りやすいのが一般的です。

なぜなら、金融機関は確実に返済してくれる企業にお金を貸したいと、税理士事務所へ営業を行っているからです。

金融機関から税理士へアプローチしている場合は、融資を受ける側が主導権を握りやすくなります。

また、顧問先と取引が長い地元の信用金庫などであったとしても、慎重に審査するため迅速に融資してもらえない可能性もあります。

そんなとき税理士から紹介される金融機関であれば、スムーズに資金調達・融資を受けることが可能となるのです。

試算表をすぐに作ってもらえるので急な資金繰りにも対応できる!

税理士を活用すれば、金融機関から資金調達・融資を受けるための試算表をすぐに作成してもらうことができます。

決算書や申告書などの書類を作成することが税理士業務の1つであるため、専門家に依頼すればあっという間に正しい数字の試算表を作成してもらうことができるのです。

急な資金繰りに対応することができるため、大型受注を逃してしまう心配をする必要はありません。

税理士が作った決算書と自分で作った決算書の決定的な違いとは?

税理士が作った決算書と自分で作った決算書の決定的な違いは、勘定科目で見極めることができます。

税理士は経理のプロであることから、どのような取引をどのような勘定科目を使って仕訳を起こせばいいのか、正確に把握しています。

たとえば、仮払金と前払金の違いを正しく答えられる起業家や中小企業経営者はいないのではないでしょうか?

また、その年は支払手数料で処理していた取引を次の年から新しい科目を作って経理処理していくことは、原則として認められていません。

会計学の7つの基本原則の1つである「継続性の原則」に反することになるからです。

会計学の基本原則を守れていない決算書は、金融機関の融資担当者の目にはどのように映るでしょうか?

いい加減な経理処理をしているのかもしれない…と融資することに躊躇してしまうかもしれません。

税理士であれば金融機関が目をつけやすい勘定科目のポイントがわかるからこそ、融資の受けやすい決算書を作成することが可能となるのです。

資金調達・財務戦略に精通した税理士に依頼すべき理由とは?

税理士に資金調達・融資を依頼すべき理由は、以下の3つがあります。

  1. 事業計画書や試算表を正しく作成することができる
  2. 金融機関を説得するために必要なデータと論拠を提示することができる
  3. 急な資金繰りにも圧倒的なスピードで対応することができる

<事業計画書や試算表を正しく作成することができる>

数字のプロである税理士であれば、日々の仕訳データ取引から試算表や決算書、事業計画書を作成するのは難しいことではありません。

しかも、間違いなく正確に作成することができるのです。

<金融機関を説得するために必要なデータと論拠を提示することができる>

税理士に資金調達・融資を依頼すれば、金融機関が納得できる形で資料を作成することができます。

それは、税務調査や監査で長年培ってきた経験があるからです。

<急な資金繰りにも圧倒的なスピードで対応することができる>

資金調達・融資を受けるために必要な資料をすぐに作成しなければ、急な資金繰りに対応することできません。

税理士に依頼すれば、素早く対応することが可能になるのです。

会計参与になってもらうメリットはある?デメリットは?

税理士を会計参与として顧問契約することによるメリットとデメリットを、それぞれ解説します。

<税理士を会計参与として顧問契約するメリット>

税理士を会計参与として顧問契約するメリットは、企業の信頼性を高めることができる点が挙げられます。

会社法第314条では、会計参与に株主総会における計算書類の説明義務があることが定められています。

専門家である税理士が決算書などの資料を作成するため、正確性が担保されることになります。

<税理士を会計参与として顧問契約するデメリット>

税理士を会計参与として顧問契約するデメリットには、報酬が挙げられます。

会計参与の報酬は、定款や株主総会の決議によって決めることが会社法第379条第1項にて規定されています。

そのため、企業と税理士との間で顧問契約料となる報酬を自由に決めることができないのです。また、株主総会で会計参与が自らの報酬について意見を述べることもできるため、株主総会がスムーズに進行しなくなる可能性が出てくるのです。

まとめ

金融機関から資金調達・融資を受けるために税理士を活用するポイントをまとめます。

1.税理士を活用すると金融機関からの評価が高まる

2.税理士から紹介された金融機関は審査が通りやすい傾向がある

3.税理士は金融機関が望んでいる資料を、数値データを盛り込み信憑性を担保しながら作成することができる

4.税理士を会計参与になってもらうと企業の信頼性が増すメリットがあるが、報酬面がデメリットとなることがある

これらのポイントをおさえれば、資金調達を有利な条件で進めることができるようになるのです。

また、本文では言及はしませんでしたが、税理士本人がそもそも金融機関と太いパイプで繋がっているケースもあります。金融機関と繋がりの深い税理士事務所と顧問契約を結ぶことができれば、それだけで融資の審査においてかなり有利に働きます。

なお、資金調達に強い税理士の紹介はこちらから可能ですので、お気軽にご利用いただければと思います。弊所と提携している税理士紹介専門の老舗企業です。→全国税理士紹介センター(相談・紹介ともに無料)

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。

100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。