電子記録債権(でんさい)とは?ファクタリングとの違いは?

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 電子記録債権(でんさい)とは?ファクタリングとの違いは?

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

電子記録債権(でんさい)とは?ファクタリングとの違いは?

今すぐ事業資金の調達が可能かどうかを調べてみたいという方は、こちらから無料診断が可能です。現時点でのファクタリングによる資金調達可能額がすぐに分かります。
【資金調達プロ】ファクタリングの10秒カンタン無料診断はコチラ

電子記録債権(でんさい)は、中小企業などの事業者の資金調達の円滑にすること等を目指して開始されたもので、売掛債権や手形よりもメリットの多い電子債券です。

たとえば、売掛債権の場合は二重譲渡のリスクがあり、譲渡を債務者に対抗するには債務者への通知も必要です。

でんさいなら電子記録によって、債券の帰属や存在が明らかになり、二重譲渡などのリスクもありません。また、債務者への通知なども不要です。

電子債権記録機関である「でんさいネット」は電子記録債権の登記所のような働きをしており、記録原簿を保管し、利用者の請求があれば、電子記録や債権内容を開示します。

取引をするには、まず、窓口金融機関を通して「でんさいネット」に発生記録を行います。譲渡の際も窓口金融機関を通して「でんさいネット」に譲渡記録を行います。

支払期日には支払企業の口座から資金が自動引き落としされ、納入企業の口座に振り込まれます。

一方、ファクタリングも、債権の現金化を行うことができる方法です。

売掛債権を譲渡でき、支払期日に銀行口座から資金が引き落とされ、システムの使用により手続きが自動的に行われるという点ではでんさいと同じです。

違いの1つはでんさいの場合は「でんさいネット」が記録機関となっており「でんさいネット」を通して取引を行うのに対して、ファクタリングは、各ファクタリング業者を通して取引するという点です。

「でんさいネット」で取り引きするメリットは、自社の口座がある金融機関が「でんさいネット」に参加していれば、新たな口座の開設が必要ないという点です。将来、取引先が増えても「でんさいネット」で取引ができるというメリットがあります。

一方、ファクタリングの場合は、取引先が増える度に、受取企業、支払企業、ファクタリング業者の間で契約を行わなければなりません。

また、譲渡する場合、譲渡する企業が保証人になるので、支払企業が債権を支払えなかったとなると、支払い義務は譲渡した企業が負うこととなります。

他方、ファクタリングは、債権をファクタリング業者が買い取るので、支払企業にはそのような義務は発生しません。ただし、譲渡するための手数料はでんさいよりも高い場合があります。

ちなみに銀行では「でんさいネット」に登録された債権を銀行が買い取るという「でんさいファクタリング」というサービスもあります。この場合は、譲渡する企業は保証人となる必要はありません。(情報は2017年現在)

創業融資支援なら審査通過率90%、平均融資金額1000万円以上のKIK

  • 自信があるから、完全成功報酬
  • 完璧な審査書類の作成
  • 公認会計士がすべて対応
  • 徹底した事業レビュー。KIKの融資サポートサービス利用で会社設立手数料も無料!

創業融資サービスKIK

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

赤字決算、債務超過でも利用可。ファクタリングは、売掛金の売却による資金調達方法です。

  • 最短即日のスピード資金調達
  • 融資NGでも利用可
  • 業界最低水準の手数料
  • 償還請求なしの完全買い取り
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

定款変更、会社変更手続きに関する議事録等の作成は行政書士法人モヨリックにお任せください。
実績多数。安心、手間要らずの会社変更手続きサービス!(登記は司法書士が担当いたします)


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。