【資金調達用語をわかりやすく解説】ファクタリングとは?

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 【資金調達用語をわかりやすく解説】ファクタリングとは?

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

ファクタリングとは?
【ファクタリングの仕組みをわかりやすく解説】

はじめに

ファクタリングという言葉自体初めて聞いたよ、という方も多いかと思います。耳慣れない言葉ですよね。

ファクタリングは、金融機関からの「借入」による資金調達ではありません。

ファクタリングとは、企業(または個人事業主)が持っている「売掛金(売掛債権)」をファクタリング会社(ファクタリングを専門としている金融会社)に売却して資金を調達する方法を言います。

実は、このファクタリングによる資金調達は、以前から経済産業省も推奨している制度なのです。

ではなぜこれまで普及してこなかったのでしょうか?

金融機関が行う貸付の大半は不動産を担保に取ります。金融機関にとってリスクが少ないからですね。

ですが、今はこの状況も徐々に変わってきています。

「不動産担保融資に依存するのではなく、動産や売掛金も担保として積極的に認めていこうではないか」

「不動産を担保に出せるほどの体力を持たない中小企業でも資金調達が可能となるように、動産や売掛金を担保とすることを積極的に認めていこうではないか」

という流れになっているのです。

いわゆる「ABL(動産担保融資)」と呼ばれているものです。こちらは聞いたことがあるという方も多いかもしれませんね。

企業の動産(在庫など不動産以外の動産)や売掛金を担保として融資を行う仕組みで、経済産業省も積極的に推進している制度です。

この一連の流れの中で、ファクタリングに依る資金調達も同時進行的に普及してきているのです。

当ページでは、この金融機関からの借入に依らない資金調達方法であるファクタリングの有効的な活用法と利用時の注意点などを解説していきます。

ファクタリングによる資金調達に興味のある方はぜひ参考にして頂ければと思います。

今すぐ事業資金の調達が可能かどうかを調べてみたいという方は、こちらから無料診断が可能です。現時点でのファクタリングによる資金調達可能額がすぐに分かります。
【資金調達プロ】ファクタリングの10秒カンタン無料診断はコチラ

目次(もくじ)

  1. そもそも売掛金・買掛金とは?
  2. 注目されるファクタリング。無担保・無保証・赤字決算でも資金調達が可能
  3. ファクタリングビジネスはなぜ成立するのか
    |-2社間取引とは?
    |-3社間取引とは?
    |-償還請求権とは?
    |-急いでいても、契約内容をしっかり確認、納得してから契約しましょう
  4. ファクタリングのメリット・デメリット
    |-メリット
    |-デメリット
  5. ファクタリングもいくつかの種類がある
    |-保証ファクタリング
    |-買取ファクタリング
    |-国際ファクタリング
  6. 実際にファクタリングが活用されている業界
    |-建設業:建設報酬債権ファクタリング
    |-介護事業:介護報酬債権ファクタリング
    |-医療業:診療報酬債権ファクタリング
  7. 欧米でのファクタリング活用の実例
    |-ファクタリングのファクターは「仲介人」という意味
    |-現在の形になったのは20世紀から

ファクタリング

1.そもそも売掛金・買掛金とは?

中小企業の経営者が毎日何を考えているかといえば、やはり「資金繰り」です。

「売上が増えていれば会社は安泰」という考えをする人もいますが、会社の財務はそう単純ではありません。

「黒字倒産」という言葉をお聞きになったことがあると思います。

黒字とは、言わずもがな「売上-経費」がプラスになること。

黒字であれ会社が倒産するとは通常は考えられません。

では何故、黒字倒産という言葉があるのでしょうか。また、実際に黒字なのに倒産してしまうケースが後を絶たないのはなぜでしょうか?

これは、収入と支出にタイムラグ(時間差)があることに起因しています。

ビジネスをしていれば分かると思いますが、売上と同時に入金があるとは限りません。掛取引の場合、早くても翌月末、長い場合は翌々月末に支払いが行われます。

商品の販売代金を売上時には受け取らず、後日販売代金を受け取る権利を会計用語で「売掛金」といいます。

なお、売掛金はお金を受け取る側から見た用語であり、お金を支払う側は「買掛金」という用語を用います。買掛金とは、商品の仕入時に購入代金を支払わず後日に購入代金を支払う義務を言います。

売掛金はたいていの場合、何か月後の入金が約束されている(書面などに明示されている)ことが多いのですが、取引先の急な業績悪化などによって、支払いが遅延したり、最悪の場合は売掛金の回収ができないことも十分に考えられるのです。

支払いは待ってくれない

売掛金が回収できずに資金繰りが悪化。それを理由に支払いを待ってもらうことはできるのでしょうか?

できませんね。

地代家賃、人件費、外注費など「売掛金が回収できなかったのなら仕方ないですね。支払いは来月でもいいですよ」と気前よく言ってくれるでしょうか?

残念ながらそうは問屋がおろしません。

売掛金は遅延性がある一方で、支出は毎月遅れることなく支払わなければなりません。

いくら業績がよくても売掛金を回収できなければ支払いもできません。黒字倒産を回避できるかどうかは、「売掛金」を効率よく回収できるか否かに掛かっているのです。

↑目次に戻る

2.注目されるファクタリング。無担保・無保証・赤字決算でも資金調達が可能

そこで資金繰りに悩む中小企業の強い味方として、現在、注目されているのが「ファクタリング」です。

ファクタリングはあくまでも売掛金の売買による資金調達方法であり、金融機関からの借入ではありません。無担保・無保証での資金調達が可能で、赤字企業でも利用できるのがその特徴です。

金融機関のような厳しい与信審査もありません。

逆に、ファクタリングの活用によって売掛金が無くなり、資金繰りは改善しますので、金融機関の信用度もアップします。

日本政策金融公庫や銀行などのつなぎ融資も活用できますが、融資実行までに時間がかかります。その点、ファクタリングによる資金調達は最短数日での実行も可能です。

↑目次に戻る

3.ファクタリングビジネスはなぜ成立するのか

ファクタリング会社は売掛金を買い取るための手数料を収入源としています。

各ファクタリング会社によって、また、ファクタリング形式によって、手数料は大きく異なります。

大体、回収債権額の約3%~30%の間で手数料を設定しているところが多いようです。

なぜ手数料に幅があるかと言うと、その債権回収方法(2社間ファクタリングか3社間ファクタリング)によって、ファクタリング会社が受けるリスクの内容がまったく異なるからです。

2社間取引とは?

2社間ファクタリングは、売掛先を介さずに、あなたの会社とファクタリング会社の2社間のみで売掛金の売買を行います。

2社間取引の場合、売掛金の回収自体は、あなたの会社が行います。ファクタリング会社は与信審査を行い、あなたの会社と売掛先に問題がないと判断すれば、売掛金を買取り、手数料を差し引いた金額をあなたの会社に支払います。

あなたの会社は、売掛先には知られることなく売掛金を売却して早期に資金を回収できる一方で、ファクタリング会社としては、未回収リスクが高くなりますので、その分、手数料が高くなります。10~30%ほどの手数料を取る会社が多いようです。

3社間取引とは?

3社間ファクタリングは、あなたの会社とファクタリング会社と売掛先を交えて3社での取引になります。

3社間取引は、売掛金の売買を「債権譲渡」という方法を用いて行います。

債権の譲渡を有効に成立させるには、売掛先への通知と承諾が必要になります。

ですから、当然ですが、あなたの会社がファクタリングを利用していることは売掛先へ知られることになります。

3社間取引の場合は、売掛金ごとファクタリング会社に譲渡して、後のやり取りはファクタリング会社と売掛先で行うことになります。

ファクタリング会社としては、債権を自ら回収ができるので、未回収リスクは減ります。その分、手数料は安く設定しています。手数料は5%~15%ほどに設定している会社が多いようです。

償還請求権とは?

ファクタリングには、売掛先が倒産した場合の危険負担の問題が残ります。

償還請求権は、ファクタリング契約を結んだ後に、売掛金未回収の時点で売掛先が倒産した場合、ファクタリング会社があなたの会社に未回収代金を請求できる権利です。

償還請求権が付いているファクタリング契約の場合、売掛先の倒産等で売掛金を回収できなかった場合、あなたの会社がその売掛金の未回収分をファクタリング会社に支払わなければなりません。

一方、償還請求権がついていない場合は、仮に売掛先が倒産してもあなたの会社は支払いを免れます。

償還請求権がついている場合は、ファクタリング会社の危険負担の割合は減りますので、手数料は安くなります。逆に償還請求権がついていない場合は、手数料は高くなります。

急いでいても、契約内容をしっかり確認、納得してから契約しましょう。

いずれの方法による場合であっても、手数料は決して安くはありません。

2社間であっても、3社間であっても、また、償還請求権がついていようがいまいが、その内容は各ファクタリング会社によって様々です。

契約内容(ファクタリング手数料はいくらか、ファクタリング手数料以外に発生する費用にはどんなものがあるか、償還請求権はついているのか、債権譲渡登記はするのか、支払いまでの期間はどのくらいかなど)をしっかりと確認し、納得した上で契約を行うようにしましょう。

なお、ファクタリングの手数料については、こちらのページにも詳しい解説を掲載していますので、ご覧ください(参考:ファクタリングの手数料について

↑目次に戻る

4.ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリングのメリット・デメリットもここで確認しておきましょう。メリットも多いファクタリングですが、当然デメリットもあります。

まず、メリットは次のとおりです。

メリット
  • 資金繰り・キャッシュフローが改善する
    滞留している売掛金を回収する期間が短くなりますので、キャッシュフローが改善されます。
  • 未回収リスクを軽減できる
    買取ファクタリングの場合、債権譲渡を行いますので、取引先の倒産などによる売掛金の未回収・貸倒れリスクがなくなります。手形割引の場合は、取引先が不渡りを出せばそのリスクは自分がかぶることになり、返済をしなければなりませんが、ファクタリングはそうではありません。ファクタリングは、売掛金自体を売ってしまいますので、取引先が倒産してもその損害を蒙るのはファクタリング会社です。
    (関連記事:手形割引と「ファクタリング」の違いって?)。
  • オフバランス化が図れる
    ファクタリングにより調達した資金で有利子負債を返済した場合、資産の圧縮が可能になります。貸借対照表がシンプルになり、金融機関の与信評価もアップします。
  • 売掛金管理コスト・回収コストがなくなる
    前述の通り、ファクタリングは売掛金自体を買い取ってもらいますので、その管理や回収するためのコストが軽減されます。もし、取引先が急な業績悪化で支払い遅延を起こしたり、倒産したしまった場合、自分で回収を行うのは非常に難しく、手間も掛かります。ファクタリングを利用すれば、このリスクと手間が一切なくなります。
デメリット

次に、デメリットについても見てみましょう。

  • 公庫や民間銀行などに比べると手数料が高い
    融資の場合はそもそも手数料ではなく利息が発生します。公庫の場合は平均で2~3%、民間銀行でもプロパーの場合は2~3%、ビジネスローンやノンバンクでも5~18%ほどです。
    ファクタリングの場合は、2社間か3社間取引かによって手数料は異なりますが、最大で売掛債権金額の30%にもなります。箇所でも記載しましたが、買取ファクタリングの場合、倒産リスクはファクタリング会社が負います。その為、支払手数料が高額になります。
  • 3社間ファクタリングの場合、契約に時間がかかる
    後述する3社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社への支払手数料は安くなりますが、債務者である取引先とファクタリング会社との間で契約を結んでもらわなければなりません。ファクタリング会社に債権を譲渡しますので、当然、売掛先にはファクタリングを活用することが知られることになります。資金繰りが苦しいことを売掛先はもとより周辺の取引先にも知られてしまう可能性があります。

↑目次に戻る

5.ファクタリングもいくつかの種類がある。

一概に「ファクタリング」といっても、細かくはいくつかの種類があります。

保証ファクタリング

もともとは国土交通省が創設した「下請債権保全支援事業」にもとづき、取引先からの債権をファクタリング会社が保証するサービスです。建設業界に多い形態です。

買取ファクタリング

本記事でお伝えした一般的なイメージのファクタリングスキームです。(1)より手数料が割高に設定さされています。バランスシートのスリム化を実現することができます。一般的な会社で最もよく利用されており、介護・医療業界に特化したファクタリング会社も出てきています。

国際ファクタリング

会社における債権と債務の関係は、国内だけにとどまるばかりではありません。債務者が海外企業、という場合も数多く発生します。その場合は、海外企業とのあいだに仲介力を持つファクタリング会社があいだに入り、ファクタリング案件をまとめる役割を担います。

↑目次に戻る

6.ファクタリングが活用されている業界

ファクタリングは業種・業界を問わず、注目を集めている資金調達方法ではありますが、中でも特にファクタリングが多く活用されている業界について、見てみましょう。掛取引がメインの業界になります。

建設業:建設報酬債権ファクタリング

建設・建築業界ではファクタリングの利用が多くなっています。

理由は、建設業は1つの仕事を受注すると売上も高いですが、比例して原価も高くなります。

取引先からの入金は後日になるので、それまでの間資金繰りが悪化することがあるからです。

建設業は気象等にも左右されることが多い業種のため工期の延長などで売掛金の入金が遅れることもあります。そんな時に建設報酬債権を売却して現金を得ればスムーズに事業を継続することができます。

また、建設業では手形での支払いが多いため、元請会社が倒産したら手形が決済できなくなり下請け会社も倒産するというリスクがあります。

一方、ファクタリング会社に建設報酬債権を買い取ってもらった場合には、元請会社が倒産しても支払いの義務は生じません(前述した償還請求権がつかない契約の場合)。

このように、リスクヘッジとしてファクタリングを利用する建設業事業者もあります。ファクタリングは大型案件の原価のための資金をスムーズに調達でき、担保や保証人も不要で、入金も数日で行われるので建設業者にとってメリットが多いのです。

また、一般財団法人建設業振興基金では下請債権保全支援事業を行っており、中小企業や中堅の下請建設企業がファクタリング会社を通して資金調達できるようになっています。

介護事業:介護報酬債権ファクタリング

介護事業者が国保連から介護報酬を受け取れるのは介護サービスを提供した2ヵ月後の25日です。

当然ですが、その間に介護職員や事務員への支払い、光熱費などの出費が発生します。ですから、起業したばかりのケースですと、介護報酬が入金されるまでの間、資金繰りに行き詰まってしまう場合があります。

そのようなときにファクタリングを利用して、介護報酬債権をファクタリング会社に譲渡すれば早期に資金を得ることができます。

介護報酬債権ファクタリングでは、5日間ほどでファクタリング会社から入金があります。入金額は審査により決められますが、通常1回目の入金は介護報酬の70~80%です。2ヵ月目に残高が振り込まれます。

介護報酬債権ファクタリングは介護事業を計画しているものの資金回収までの資金繰りが不安な方、介護事業所を増やすための資金が必要な方、起業したばかりで金融機関には相談しにくいという方に向いています。

第三者から融資を受けるわけではなく自分が保有している債権を活用する方法なので担保も保証人も必要ありません。銀行からの融資に比べて審査の時間や手間もかからないというのもメリットです。

介護報酬債権ファクタリングを利用する際の注意点は、ファクタリングに頼りすぎて業務の効率化や資金繰りの根本的な改善が後回しになることがあるという点です。

資金繰りを安定させるためには、ファクタリングに依存し過ぎず、業務効率の向上にも取り組む必要があります。

医療業:診療報酬債権ファクタリング

診療報酬債権のファクタリングは、資金繰りが芳しくない病院や医院などが用いる資金調達のための仕組みで、診療報酬債権をファクタリング事業者へ譲渡し早期の資金化を実施します。

保険診療では、医療機関がレセプトと呼ばれる医療報酬の明細書に基づいて国保や社保に診療報酬を請求しますが、実際に支払われるのは診察した日の翌々月の末になります。

しかし、診療報酬を受け取る前に医師には給与を支払わなければならないので、資金繰りが難しくなる場合もあります。診療報酬債権のファクタリングを利用すれば、数日以内に現金を受け取ることができます。

手続きの流れとしては、まず医療機関がファクタリング会社に診療報酬ファクタリングの申し込みをし、ファクタリング会社と契約します。それから医療機関は債権譲渡を行った旨を国保等に知らせます。ファクタリング会社は、買取金額の7~8割を医療機関に支払います。その後、医療機関は国保等に診療報酬の請求を行い、国保等は診療報酬明細書に基づきファクタリング会社に支払いをします。

最後に医療機関は買取金額の残額をファクタリング会社から受け取ります。

診療報酬ファクタリングのメリットは初回に2ヶ月分の診療報酬を一度に受け取れるという点です。

また、ファクタリング会社からすれば診療報酬債権の回収は確実なので、審査が緩く債務超過でも審査に通る場合が多いです。

↑目次に戻る

7.欧米でのファクタリング活用の実例

ファクタリングは日本でも浸透してきたものの、まだ資金調達法としては馴染みが少ない取り引きです。

しかし欧米ではファクタリングの歴史が古いこともあり、当たり前のように行われています。

ファクタリングのファクターは「仲介人」という意味

ファクタリングの歴史は古く、16世紀にイギリスで行われるようになったといわれています。

主に、アメリカとの貿易に使われました。当時、イギリスから植民地のアメリカへと移住した人たちは、前借りした渡航費の返済や、植民地で必要な物資を購入するためにイギリスと貿易を行っていました。

このときに利用したのがイギリスのファクター(仲介人)です。

移住者はファクターにアメリカで得た毛皮や材木などをイギリスで販売する権利を与える代わりに、アメリカで不足している小麦粉や布、鉄器などを提供してもらう契約を行い代理人であるファクターを通じて商売を行っていました。

これが発生当時のファクタリングの、実例です。その頃イギリスでは毛織物産業がピークを迎えており、盛んに貿易が行われいたので、高い重要がありました。

その後、時代の流れとともに、少しずつファクターの役割が変わってきます。

単なる仲介業者として販売活動を行うだけでなく、製造業者に代金の前払いをするための信用調査も請け負うようになりました。

さらに19世紀になると、新しいファクタリングが流行するようになります。

ファクターが販売代理店だけでなく、売掛債権を担保に代金の前渡しを行うようになったのです。

現在の形になったのは20世紀から

20世紀になるとイギリスからアメリカへの繊維輸出が衰退したため、ファクターは販売代理店としての仕事を行わなくなり、資金提供と信用調査だけを行う現在のファクタリング取り引きへと変わりました。

それ以来現在に至るまで、一般的な資金調達手段として多くの中小企業が利用しています。

取引方法は日本と同じで、売掛債権をファクタリング会社に売却して現金を調達するというものです。

また、信用調査機関としての役割もありますから、ファクタリング会社が承認した取引先は安全度が高いという判断材料にもなります。

このため日本の会社が初めてアメリカに進出するときに、アメリカでの販売代金回収を安全に行うために、ファクタリングを用する日本企業も少なくありません。

このように古くは16世紀から、欧米ではさまざまな形でファクタリングが活用され、20世紀に入って現在の形に落ち着きました。

古い歴史があるためファクタリングに対して馴染みが深い取り引きです。

↑目次に戻る

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

赤字決算、債務超過でも利用可。ファクタリングは、売掛金の売却による資金調達方法です。

  • 最短即日のスピード資金調達
  • 融資NGでも利用可
  • 業界最低水準の手数料
  • 償還請求なしの完全買い取り
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

定款変更、会社変更手続きに関する議事録等の作成は行政書士法人モヨリックにお任せください。
実績多数。安心、手間要らずの会社変更手続きサービス!(登記は司法書士が担当いたします)


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。