信用保証協会とリスク評価システム・CRDについて

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 信用保証協会とリスク評価システム・CRDについて

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

信用保証協会とリスク評価システム・CRDについて

リスク評価システム・CRDとは?

個人事業主や中小企業の経営者の多くが利用している、信用保証協会。

使用保証協会の保証付き融資を申し込むと審査が行われ、申込企業の経営状態によって、9つに分かれた保証料率区分のうち、いずれかが適用されます。

これらの基準になっているのが、リスク評価システム・CRDです。

CRDとはCredit Risk Database(クレジット リスク データベース)の頭文字をとったもので、日本語に訳すと中小企業信用リスク情報データベースという意味になります。

CRDは中小企業庁の主導によって設立された、CRD協会が管理しています。

CRD協会に会員として加盟している信用保証協会や金融機関が、取引先の中小企業の財務データを提供しています。

CRD協会はこれらのデータを蓄積しており、現在約229万社の中小企業のデータが集められています。

中小企業の倒産リスクや、債務不履行リスクを審査

CRD協会は、集められた膨大なデータベースを分析し、業種や地域、事業規模といった同じ属性の中小企業グループについて、倒産確率などのリスクの指標を構築しています。

そして、これらの指標や統計情報などを、会員である信用保証協会や金融機関に提供しているのです。

これらのデータから、融資申し込み企業の業界内での財務指標などの偏差値や、経営状況の危険度、融資申込者が1年以内に債務不履行に陥る可能性を調べるデフォルト確率、将来の信用度の予測など、様々な情報がわかるため、融資審査では非常に重要なデータとして扱われています。

中小企業への融資は大企業に比べて、貸し出す金額が少ないのが一般的です。

しかしお金を貸す以上は、その企業の財務状況や将来性や倒産リスクなどを調べなければいけません。

一社ごとに信用度を調査していたのでは、手間も時間もかかります。

そこで登場したのが、膨大なデータベースを活用するCRDなのです。

全国の信用保証協会や金融機関から収集したデータをもとに、簡単に融資先のリスクがわかるのが特徴です。

これによって、速やかに審査を行うことが可能になりました。

このようにCRDは、信用保証協会や金融機関が融資を行うときの審査の基準となっています。

しかしそれだけでなく、CRD協会ではデータを活用した中小企業経営診断や統計情報の提供など、さまざまなサービスも提供しています。

また、中小企業再生支援協議会が中小企業サポートシステムにCRDを活用するなど、中小企業の実態調査や経営支援などにも役立っています。(記事の情報は2016年現在のものです)

創業融資支援なら審査通過率90%、平均融資金額1000万円以上のKIK

  • 自信があるから、完全成功報酬
  • 完璧な審査書類の作成。創業融資申請の面倒な作業は全てKIKが代行
  • 公認会計士がすべて対応
  • 創業時のみならず創業後2年以内も対応可
  • 徹底した事業レビュー。KIKの融資サポートサービス利用で会社設立手数料も無料!

創業融資サービスKIK

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

赤字決算、債務超過でも利用可。ファクタリングは、売掛金の売却による資金調達方法です。

  • 最短即日のスピード資金調達
  • 融資NGでも利用可
  • 業界最低水準の手数料
  • 償還請求なしの完全買い取り
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

定款変更、会社変更手続きに関する議事録等の作成は行政書士法人モヨリックにお任せください。
実績多数。安心、手間要らずの会社変更手続きサービス!(登記は司法書士が担当いたします)


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。