自己破産していても信用保証協会付き融資は下りるのか?

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 自己破産していても信用保証協会付き融資は下りるのか?

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

自己破産していても信用保証協会付き融資は下りるのか?

融資可能かどうかは、銀行によって異なる

自己破産経験者の方でも、一念発起して、再度事業経営にチャレンジしたいと考えている人は少なくありません。

自己破産歴がある場合、過去の自己破産情報が信用保証協会付き融資の審査に影響するのではないかという不安がつきまといます。

信用保証協会付き融資(制度融資)を利用するには、信用保証協会、銀行、自治体3つの機関の審査をクリアしなければなりません。

信用情報に問題のない方でも決して低くない難易度ですから、自己破産歴があれば更に難しくなるのではと思われると思います。その通りではあるのですが、一概に自己破産歴はNGということでもありません。

基本的には、過去の自己破産歴が融資に影響するかどうかは、各銀行によって異なります。

融資申込者が過去に自己破産をしているのかどうかは、その人の信用情報を調べなければなりませんが、信用保証協会は審査に当たって、融資申込者の信用情報をチェックすることはありません(記事執筆時点の情報です)。

一方の銀行の対応はというと、ほぼ100%、信用情報を確認します。

参考:自分の信用情報の調べ方

自己破産をした場合は、信用情報機関にも掲載されますし、その事実が官報にも掲載されてしまいます。

信用保証協会付き融資の場合、結局のところ資金の出し手が銀行になりますので、その銀行が「自己破産者は融資不可」と判断した場合は融資は下りません。

過去に信用保証協会のへの返済を踏み倒した場合は100%困難。

以上のように、ただの自己破産であれば、銀行次第では融資の可能性は少ないながらも残ります。

ですが、過去に信用保証協会付き融資を受けていて、それが代位弁済となり、信用保証協会への返済を踏み倒しての自己破産の場合は、その記録は信用保証協会に完璧に残っています。

当然審査には通りません。

このケースの場合、保証付き融資の申込みを行った銀行にも当然バレてしまいますから、融資は受けられないと考えてください。

日本政策金融公庫なら自己破産者でも可能な融資制度がある。

このように、自己破産をしていて未だ復権を得ていない人は信用保証協会付き融資は難しいと言えます。

信用保証協会付き融資は厳しいのに変わりはないのですが、政府系金融機関は信用保証協会だけではありません。

日本政策金融公庫では、廃業等の経歴がある方でも積極的に再チャレンジできるようにと、再挑戦支援資金(再チャレンジ支援融資)という融資制度を用意しています。

自分は自己破産歴があるからと諦めること無く、利用できる制度は積極的にチャレンジして活用すべきです。

日本政策金融公庫の再挑戦支援基金はこちらです。

https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/05_rechallenge_m.html

日本政策金融公庫融資支援ドットコム

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。