経営革新計画とは?信用保証協会の保証枠が拡大されます

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 経営革新計画とは?信用保証協会の保証枠が拡大されます

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

経営革新計画とは?信用保証協会の保証枠が拡大されます

経営の革新を支援する制度

中小企業の多くは、常にギリギリの状況の中で経営を行っています。

先行き不透明な経済状況、不穏な国際情勢などの影響を受けながらも何とか生き残りをかけて資金繰りや経営の改善などの取り組みを行っているわけですが、どうしても資金力の壁にぶつかってしまうことも少なくありません。

経営革新計画はそうした中小企業の努力をサポートし、経営の安定化や業績アップのための融資などの支援を行う制度です。

中小企業が業績アップを目指すためには、新事業への進出が重要な鍵になります。

市場が飽和状態になっていることもあり、ひとつの事業で安定した業績を向上させていくのが難しい時代です。

一方でニーズの多様化が進み、複数の事業を並行して進めていくことでリスクを分散させることができるほか、相乗効果やコスト削減といった効果も期待できます。Aの事業で培ったノウハウをBの事業にも活用する、といった工夫をすれば、限られた人員、コストで幅広いビジネスを行っていくことも可能なわけです。

先行き不透明な経済状況が続いている一方、「何がきっかけでヒットするかわからない」未知数な部分を抱えている現代ビジネスにおいては積極的な新事業への進出、活動が一気に業績を伸ばすチャンスともなっているのです。

ただ相乗効果やコスト削減が実現できるといっても、新しい事業をはじめるためには資金力が必要です。

また新しい分野に乗り出してすぐに経営が軌道にのるといったことはほとんどなく、当面の間は我慢の経営が求められますし、その間を持ちこたえる体力も欠かせません。

中小企業の新事業への進出を阻んでいるのはまさにこの資金力と体力にあります。

経営革新計画はそんな根本的な問題をサポートするものなのです。

どんな計画が求められるのか

この制度を利用するためには新たな事業をはじめるにあたっての計画を作成し、都道府県、国、自体体等から承認される必要があります。

もちろんどんな計画でもよいというわけではなく、一定の条件と基準をクリアしている必要があります。

その主なポイントは二つ、まずこれまで行ってきた事業とは異なる新規事業への進出を目指す計画であること。

それから十分に実現性がある内容、そして数値目標を立てていること。つまりこれまでの事業とあまり変わらない事業や、理想ばかりが先走りして現実味がない内容では承認されないのです。

また、いくら斬新で実現性が高い計画でも関係法令に反していること、公的な支援を行うのが適当ではない判断された場合、公序良俗に反している恐れがある場合なども不承認となります。

なお、経営革新計画が承認されると、政府系金融機関による低利融資や信用保証枠の拡大といった恩恵を受けることができます。

創業融資支援なら審査通過率90%、平均融資金額1000万円以上のKIK

  • 自信があるから、完全成功報酬
  • 完璧な審査書類の作成。創業融資申請の面倒な作業は全てKIKが代行
  • 公認会計士がすべて対応
  • 創業時のみならず創業後2年以内も対応可
  • 徹底した事業レビュー。KIKの融資サポートサービス利用で会社設立手数料も無料!

創業融資サービスKIK

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

赤字決算、債務超過でも利用可。ファクタリングは、売掛金の売却による資金調達方法です。

  • 最短即日のスピード資金調達
  • 融資NGでも利用可
  • 業界最低水準の手数料
  • 償還請求なしの完全買い取り
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

定款変更、会社変更手続きに関する議事録等の作成は行政書士法人モヨリックにお任せください。
実績多数。安心、手間要らずの会社変更手続きサービス!(登記は司法書士が担当いたします)


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。