保証協会サービサーとは?

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 保証協会サービサーとは?

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

保証協会サービサーとは?

信用保証協会のサービスについて

保証協会サービスは、信用保証協会が事業主に提供しているサービスで、個人事業主や中小企業の経営者が金融機関から融資を受けるときに保証人の代わりになることで、スムーズに融資が受けられるようにするための信用保証制度のことをいいます。

信用保証協会は小規模・中小企業の事業者が資金調達に困らないために設けられている公的機関で、各都道府県に1法人ずつ計47法人、さらに横浜、川崎、名古屋、岐阜、大阪に1法人ずつ計5法人、全国に計52の法人があり、地域の事業経営者に信用保証を行っています。

ときどき信用保証協会は、直接事業者にお金を融資する公的機関であると勘違いする人がいますが、そうではありません。

融資をするのはあくまでも金融機関で、信用保証協会は保証人の代わりになり、融資申込者の信用力を上げて金融機関の融資を受けやすくする機関なのです。

保証協会サービスのメリット

金融機関は小規模・中小企業への融資には、非常に慎重です。

確実に返済されるという見込みのある企業にしか、お金を貸そうとしません。

このため多くの小規模・中小企業経営者が信用保証協会のサービスを利用して、金融機関から融資を受けています。

保証協会のサービスのメリットは、直接金融機関に融資を申し込んでも審査に通らない場合でも、信用保証協会の審査に通って保証が受けられれば、金融機関から融資が受けられることです。プロパー融資を受けている場合でも、信用保証制度を利用することで融資枠の拡大が可能になり、より潤沢な事業資金が調達できるのもメリットです。

さらに長期借入にも対応していますから、月々の返済負担が軽くなるというメリットもあります。

法人の場合は代表者が連帯保証人になりますが、その他の保証人は必要ありません。

個人事業主の場合は、保証人は不要です。また、不動産担保がなくても利用できるのもメリットです。

保証協会サービサーとは?

保証協会の信用保証制度を利用して銀行から融資を受けているときに、何らかの理由で返済ができなくなった場合、保証協会がその債権を肩代わりし事業主の代わりに銀行に支払ってくれます。

その後事業主は、返せなかった分を保証協会に返済していくことになりますが、この返済金の回収業務を行うのが保証協会サービサーです。

本来ならこのような代位弁済は一括で返済しなければいけません。

しかし事業状況などを配慮して月々の分割払いに応じるなど、少しでも返済しやすいように柔軟な対応を行ってくれるのが特徴です。

日本政策金融公庫融資支援ドットコム

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。