革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金をわかりやすく解説

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金をわかりやすく解説

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

中小企業庁の「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」をわかりやすく解説

ものづくり・商業・サービス補助金は革新的なサービスやものづくりを行う中小企業を支援するための補助金制度です。

新たに事業を始めるために設備投資や商品やサービスの開発費用を必要とする場合もこの補助金を活用することができます。

補助金の対象となるのは国内に拠点がある中小企業です。

中小企業かどうかは資本金や従業員の数で判断します。基準は業種によっても異なります。

たとえば、小売業なら資本金が1億円以下、従業員は100人以下です。サービス業の場合は資本金が5,000万円以下、従業員は100人以下です。小売業はそれぞれ5,000万円以下、50人以下の会社が給付金の対象となる中小企業とみなされます。

複数の企業が共同で事業を立ち上げる場合にも、この補助金を活用できます。

その場合は、事業計画書の中で3~5年という短期間で一定の成果が得られる可能性があることや、経常利益1%ごとの上昇という目標が達成可能であることを示す必要があります。

補助金はAIやロボットを活用するものづくりやサービスの開発に関しては、3,000万円まで、経営向上に資するものづくりやサービスの開発に対しては、一般型が1,000万円まで、超規模型設備投資に対しては500万円となっています。

申請方法

補助金の申請はインターネットか郵送で行います。

インターネットで申し込む場合には中小企業庁のサイト「ミラサポ」から申請できます。

郵送で申請する場合には、各地域の事務局公式サイトから応募用紙をダウンロードして、事務局あてに送ります。

公式サイトにはものづくり・商業・サービス補助金に関する説明会の案内も掲載されているので、説明会に参加するなどして、補助金について理解した上で申請してください。

詳しくは中小企業庁(ミラサポ)のホームページをご覧ください。→https://www.mirasapo.jp/subsidy/

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

赤字決算、債務超過でも利用可。ファクタリングは、売掛金の売却による資金調達方法です。

  • 最短即日のスピード資金調達
  • 融資NGでも利用可
  • 業界最低水準の手数料
  • 償還請求なしの完全買い取り
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

定款変更、会社変更手続きに関する議事録等の作成は行政書士法人モヨリックにお任せください。
実績多数。安心、手間要らずの会社変更手続きサービス!(登記は司法書士が担当いたします)


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。