短期入所サービス(ショートステイ)の指定申請手続き

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立ドットネット TOP
  2. 短期入所サービス(ショートステイ)の指定申請手続き

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

短期入所サービス(ショートステイ)の指定申請手続き

短期入所サービス(ショートステイ)とは、介護する家族の病気・外出・出張などの際に介護者を一時的に受け入れるサービスのことです。

最近はショートステイサービスの稼働率が高くなってきていますね。

社会福祉法人、地方自治体、民間企業、NPO法人などが提供する「短期入所生活介護」と主に医療法人が提供する「短期入所療養介護」があります。

自己負担は1割。

居住費や食費は利用者負担です。

短期入所は、合計利用日数が要介護認定などの有効期間の約半分を超えないように注意しましょう。

連続利用日数は30日までとなっています。

「短期入所生活介護」

→介護やレクリエーションを提供します。日常生活の相談にものったり、健康状態を確認したりもします。最近はリハビリテーションを提供する施設も増えているようです。

「短期入所療養介護」

→リハビリテーション、介護、レクリエーションを提供します。

短期入所生活介護事業者の指定を受けるための認定基準

[人員要件]
  1. サービス提供者についての基準
    →医師、生活相談員、介護職員または看護職員、栄養士、機能訓練指導員、調理員など配置。
  2. 管理者についての基準
    →常勤の管理者1名以上。
[設備基準]
  1. 施設が建築基準法による(準)耐火建築物の確認受けていること。
  2. 原則、20床以上のベッドを設置すること(特定併設事業所の場合は20床未満でも可)。
  3. 事務室と区分けされた相談室があること。
  4. 食堂及び機能訓練室(兼用)は、合計面積が利用者1名あたり、3㎡以上とすること
  5. 非常災害用消火設備、必要な場所の常夜灯、2階以上に対する傾斜路またはエレベーターが設置されていること。

※短期入所介護施設には、共同生活室や個室がない「従来型」と共同生活室があり一定基準を満たしている「ユニット型(小規模生活単位型)」があります。

介護報酬について

短期入所サービス(ショートステイ)の場合、入所する施設の種類や部屋の種類、要介護度によって1日ごとに介護報酬の単位が定められています。

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。