新創業融資の審査を通すポイント

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 日本政策金融公庫融資とクレジットカードの滞納について

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

【日本政策金融公庫コラム第24回】日本政策金融公庫融資とクレジットカードの滞納について

クレジットカードの支払を滞納してしまった場合、公庫の融資申請においてどのように影響してくるでしょうか?

これは一概には言えず、滞納の回数と程度によります。

たまたま口座残高が不足していて1度だけ引き落としがされず、即日~数日で再引き落としがされた場合、すぐにクレジットカード会社に連絡して入金をした場合などは滞納の程度は軽く、信用情報機関の信用情報に登録される可能性は低いです(とは言え、100%登録されないとは言えません。各クレジットカード会社の方針によります)。

滞納の程度が軽度な場合は早期対応が寛容です。

万が一信用情報に登録されてしまったとしても、公庫の担当者には「こちらのミスで引き落としがされなかっただけで、すぐに支払いを行い、事なきを得ている」旨を説明すれば理解を示してくれこともあるでしょう。

クレジットカードの滞納を複数回に渡って繰り返す、あるいは何ヶ月も滞納してしまった場合は、ほぼ100%信用情報機関にその履歴が登録されてしまいます。公庫での融資は非常に厳しいものになるでしょう。

現在の自分の信用情報が気になるという方は、こちらから照会をかけることができますので、確認してみてください。

CICの情報開示制度
https://www.cic.co.jp/mydata/index.html

JICC情報開示手続き等
https://www.jicc.co.jp/kaiji/

一般社団法人全国銀行協会
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

パソコン、郵送、窓口で開示を行っています。

なお、公庫は上記のCICと全国銀行個人情報センター(一般社団法人全国銀行協会)に加盟しています。

申請者の氏名で照会をかければ信用情報はいつでも見れるわけです。

何度も、また、何ヶ月もクレジットカードの滞納を繰り返しているようであれば延滞の事実は一目瞭然。

融資の可能性がゼロに等しいのに、申請をしても唯の手間になるだけです。ですから、時間があるのであれば、公庫申請の前に自ら開示請求を行い、現在の信用情報がどのようになっているか確認しておけば無駄な申請を行う必要もありません。

逆に多少信用情報に傷が付いていても、自己資金があり、事業経験も豊富で、事業計画や収支計画がしっかりしたものであれば、過去の情報を自ら開示し、なぜ滞納に至ってしまったかを説明すれば、融資を受けられる可能性は見えてきます。

「クレジットカードの滞納なんて融資には影響しないだろう」と高を括っていた方は、手綱を締め直してください。

将来、日本政策金融公庫で融資を考えている方は、クレジットカードの支払い滞納は起こさないように細心の注意を払いましょう。

といいますのも、昔は公庫も個人の信用情報についてはあまり見ていない節もあり、うるさく言わなかった印象があるのですが、最近は違います。弊社のお客様でもこういうことがありました。

参考:銀行で追加融資の決済が下りたにも関わらず、公庫でNGが出て融資自体に失敗した事例

この方はクレジットカードの支払い滞納ではなく、クレジットカードに付帯されているキャッシングを滞納してしまったケースではありますが、数年前でかつ一度の失敗で融資が不可となってしまいました。公庫の融資も、今では民間の金融機関並みに厳しくなってきています。

日本政策金融公庫コラム

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。

100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。