日本政策金融公庫融資の流れ

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 日本政策金融公庫融資の流れ

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

【日本政策金融公庫コラム第25回】日本政策金融公庫融資の流れ

当ページでは日本政策金融公庫から融資を受ける場合の申し込みから融資実行までの流れについて解説します。

全国の各支店や担当者によって若干の違いはありますが、大まかには下記の解説の通りに手続きは進んでいきます。

弊社のお客様及び弊社が実際に融資借り入れを行った際の情報を元に編集しておりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

ご自身で融資の申請を行う場合、行政書士や税理士など資金調達の専門家に依頼して申請を行う場合の2パターンを掲載しています。

なお、飲食店や理美容業など生活衛生事業を営む場合は、手続きの流れが異なります。詳しくはこちらをご覧ください。→日本政策金融公庫の生活衛生貸付について

●専門家に頼まずに自分で申請を行う場合

1 日本政策金融公庫に連絡する。

日本政策金融公庫のHPに事業資金相談ダイヤルがあります。融資制度の案内やその後の手続きの流れ等も案内してくれます。→日本政策金融公庫の事業資金相談ダイヤル

2 借入申込書をダウンロードして記入する。あるいは、日本政策金融公庫の支店に出向いて融資制度についての説明を受けた上で借入申込書を入手する。

後日の面談に備えて支店までの道のりや支店内の雰囲気を見ておけば面談当日も無駄に緊張せずに済みます。弊社にご相談をいただくお客様にもそのようにお勧めしております。

3 必要書類を作成・収集する。

事業計画書、収支計画書、資金繰表、経営改善計画書等を作成します。その他、確定申告書、決算申告書、通帳のコピーなども用意しておきます。※融資の内容によって必要書類は異なります。

必要書類の中で最も重要な書類が事業計画書です。ご自身で融資申請を行う場合はこちらの事業計画書パックのご活用もご検討ください。

4 必要書類を日本政策金融公庫に郵送する。

5 日本政策金融公庫の融資担当者から連絡がある。

ここで担当者から面談の日時や当日の持参書類などの説明があります。借入申込書や企業概要書等の内容によっては追加で資料を求められることがあります。

6 日本政策金融公庫の支店で面談する。

7 担当者から融資の可否の連絡がある。

8 融資契約書類が郵送されてくる

9 契約書類への捺印等を行い日本政策金融公庫へ返送する。

個人の実印・印鑑証明書、法人の場合は法人実印・法人印鑑証明書、収入印紙、融資金の振込先の銀行口座のコピー等が必要になります。早期に融資金の振込をしてほしい場合は事前に準備しておきましょう。

10 書類到着後、書類の内容に問題が無ければ3営業日ほどで融資実行金額が振り込まれる。

融資を急いでいる場合は、担当者あるいは担当部署に事前に連絡を入れて上記契約書類等を直接持参する方法もあります。直接持参すれば1〜2日は融資実行までの期間を短縮できます。

●専門家に依頼して申請を行う場合

1 行政書士、税理士、会計士、経営革新等支援機関、資金調達コンサルタント等に連絡をする。

顧問税理士がいる場合、まずは顧問税理士に連絡してみましょう。

融資サポートを行っていない場合はその他の専門家に依頼するしかありません。

誰かに紹介してもらうか、あるいはスポットで融資サポートを行っている税理士・行政書士・資金調達コンサルタント等をネットで探して申し込みましょう。

顧問税理士がいるにも関わらず、融資サポートに積極的ではない、あるいはサポート自体をやっていないと言った場合には、融資申請を機に資金調達や財務会計に精通した税理士に変更をするのも一つの手です。

資金調達に精通した税理士の紹介はこちらから可能です。

2 専門家が日本政策金融公庫に融資借入れの申し込みを行う。

3 専門家とともに、必要書類を作成・収集する。

おおよその書類は専門家が作成してくれます。事業計画書、収支計画書、経営改善計画書、資金繰り表等。

創業融資の場合は通帳のコピー、中途融資の場合は残高試算表、確定申告書や法人の場合は決算申告書等も用意しましょう。顧問税理士がいる場合は依頼すればすぐに送ってくれるでしょう。

4 必要書類を日本政策金融公庫に郵送する。

専門家が直接日本政策金融公庫に書類を提出してくれる場合もあれば、本人名義にて融資申込者自身が郵送する場合もあります。

5 日本政策金融公庫の融資担当者から連絡がある。

ここで担当者から面談の日時や当日の持参書類などの説明があります。

借入申込書や企業概要書等の内容によっては追加で資料を求められることがあります。専門家に連絡がいく場合もあれば、融資申込者本人に連絡が入る場合もあります。事前に専門家に問い合わせておきましょう。

6 日本政策金融公庫の支店で面談する。

通常は、融資の申込者本人が1人で出向いて面談を受けます。専門家の同席が認められる場合は専門家と面談を受けることになります。

7 担当者から融資の可否の連絡がある。

専門家に連絡が入る場合もあれば、融資申込者に入る場合、またはその両方の場合もあります。専門家と日本政策金融公庫との関係性にもよります。

8 融資契約書類が郵送されてくる。

9 契約書類への捺印等を行い日本政策金融公庫へ返送する。

個人の実印・印鑑証明書、法人の場合は法人実印・法人印鑑証明書、収入印紙、融資金の振込先の銀行口座のコピー等が必要になります。早期に融資金の振込をしてほしい場合は事前に準備しておきましょう。

10 書類到着後、書類の内容に問題が無ければ3営業日ほどで融資実行金額が振り込まれる。

融資を急いでいる場合は、担当者あるいは担当部署に事前に連絡を入れて上記契約書類等を直接持参する方法もあります。直接持参すれば1〜2日は融資実行までの期間を短縮できます。

以上が日本政策金融公庫融資の流れとなります。

その他、日本政策金融公庫に関するコラムを掲載しておりますので、お時間のある方は合わせて参考にしてください。

日本政策金融公庫コラム

創業融資支援なら審査通過率90%、平均融資金額1000万円以上のKIK

  • 自信があるから、完全成功報酬
  • 完璧な審査書類の作成
  • 公認会計士がすべて対応
  • 徹底した事業レビュー。KIKの融資サポートサービス利用で会社設立手数料も無料!

創業融資サービスKIK

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

赤字決算、債務超過でも利用可。ファクタリングは、売掛金の売却による資金調達方法です。

  • 最短即日のスピード資金調達
  • 融資NGでも利用可
  • 業界最低水準の手数料
  • 償還請求なしの完全買い取り
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

定款変更、会社変更手続きに関する議事録等の作成は行政書士法人モヨリックにお任せください。
実績多数。安心、手間要らずの会社変更手続きサービス!(登記は司法書士が担当いたします)


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。