日本政策金融公庫の経営者保証免除特例制度について

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 日本政策金融公庫の経営者保証免除特例制度について

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

日本政策金融公庫の経営者保証免除特例制度について

経営者保証免除特例制度とは?

日本政策金融公庫が定める要件を満たしている場合に、融資について経営者個人の保証(=倒産・廃業した場合に経営者自身が弁済すること)を不要とする特例のことです。

ただし、この特例を使うと本来の利息に0.2%上乗せされます。

高額となる事業資金を調達する際、経営者個人の保証があれば審査に通りやすいのは事実ですが、倒産・廃業した場合に経営者自身が多額の債務を負うことから、経営者個人の生活が著しく悪化する恐れがあるのが欠点です。

この欠点を鑑み、日本政策金融公庫は経営改善支援基金(マル経融資)新創業制度融資制度等、無担保無保証の融資制度を数多く設け、経営者保証に依存しない融資を推し進めてきました。

その一環として、中小企業の経営者を中心に、経営者保証免除特例制度を設けているのです。

経営者保証免除特例制度を用いることで、仮にビジネスに失敗し、会社が倒産・廃業したとしても、経営者個人の生活を著しく損なうことなく、新たなビジネスに再挑戦する体制を整えやすくなっているのが大きな特徴でしょう。

民間金融機関での借入においても有利に働く

さらに、経営者保証免除制度が使えるということは、日本政策金融公庫が想定する利用基準に合致している企業であるというお墨付きと考えてください。

これは、一定の経営・財務基盤が整っている企業であるとも解せるので、民間金融機関においてもより有利な条件で融資を受けやすくなる可能性が高くなっています。

とりわけ、日本政策金融公庫と民間金融機関が合同で融資を行うケース(協調融資)の場合、両者の融資条件を同じにするという観点から、民間金融機関との契約においても保証を求めない事例は珍しくありません。

企業側にとっても、法人個人の一体性の解消・財務基盤の強化を目指すきっかけになるため、会社経営にプラスになります。

「自分も経営者保証免除特例を使いたい」と考えた場合は、まずは顧問税理士に相談しましょう。

顧問税理士以外からの意見を聞きたいという場合は、中小機構・地域本部等、商工会・商工会議所、認定支援機関等に問い合わせてみてください。

また、経営者保証ガイドラインに基づいたアドバイスをしてくれる専門家の紹介も併せて行っているので、積極的に利用しましょう。

利用できる人の条件、詳しい特例の内容等は日本政策金融公庫のホームページにも詳しく記載されていますので参考にしてください。

経営者保証免除特例制度|日本政策金融公庫

→ https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/keitoku.html

経営者保証免除特例制度とは? | 日本政策金融公庫融資支援ドットコム

→ http://www.w-e-uc.com/cat-6/962.html

日本政策金融公庫融資支援ドットコム

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。