銀行では追加融資の決済が下りたにも関わらず、公庫でNGが出て融資自体に失敗した事例

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 銀行では追加融資の決済が下りたにも関わらず、公庫でNGが出て融資自体に失敗した事例

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

【日本政策金融公庫コラム第14回】銀行では追加融資の決済が下りたにも関わらず、公庫でNGが出て融資自体に失敗した事例

信用保証協会付き銀行融資で700万円を借りて飲食店(窯焼きピザ屋)を開業した方の、その後の追加融資における事例を紹介したいと思います。

開店当初から順調に売上を伸ばし、1年で売上3000万円を達成。順調そのものです。

ところが、地主の勝手な都合で急遽建物の取り壊しが決定。。

1年後に立ち退いてくれと大家から告げられます。

開店約1年でいきなりのピンチです。まさに晴天の霹靂です。

これって契約違反なのでは?と契約書を確認しても、「契約解除は1年前であればOK」とちゃんと書いてある・・・。

ですが、いつまでもくよくよしているわけにもいきません。

ピンチはチャンスと割り切って心機一転、今すぐに移転をしようと考えました。

借りていた店舗は田舎町にあり、周辺は人通りも少なく、いずれは客入りも頭打ちになるのでは?と考えていたこともあり、これを機に都心部の駅前に移転することを決意。

不動産屋と内装工事業者で見積もりを取ったところ、敷金・保証金・内装工事代その他もろもろで+1500万円が必要とのこと。

自己資金は1年の営業で残った利益が300万円ほど。1200万円、足りません。

取引銀行に追加融資が可能か聞いてみたところ、条件付きではありますが、2つ返事でOK。

売上も上がり、そもそも事業自体はうまく行っていた。毎月遅れること無く1年間きっちり返済していたことも評価されたようです。

銀行からすれば、片田舎でもやれるのだから、駅前に移れば更に売上も見込めるとの判断です。

ですが、条件付き。追加で貸せるのは必要資金の半分、600万円。残りは、日本政策金融公庫で借りてもらえないか。とのこと。

公庫で融資OKであれば、うちもOKですよ、というスタンスですね。協調融資です。

信用保証協会&銀行がOKと言っているから公庫も当然OKだと思い込み、大船に乗った気持ちで、公庫へ新規融資の申込にいったところ、なんと、即、謝絶。。。。

信用保証協会も銀行もOKなのに、なぜ公庫はダメなのか???

まさかまさか、実はこの方、サラリーマン時代にクレジットカードでキャッシングをしていて、一度だけ返済が遅れていたのです。

当時、営業マンをしていたのですが、営業ノルマが厳しく、自分で借金までして自社の商品を購入し、それを営業成績にしていたのです。

何ともバカなことをしたなと思います。ですが、後の祭りです。

これも昔のことですし、この方のお人柄ゆえのことなのかなと思いますが、5年も前の話とのこと。まさかまさかですね。

信用情報機関には銀行・公庫共に当然加入していますが、銀行ではOK、公庫ではNGということもあり得るのですね。

結局、この方は運良く身内の協力を得ることができて、無事移転を果たし、今も順調に営業をされています。

なお、今回のケースでは、一度返済が遅れただけで信用情報に傷がついてしまいましたが、それが理由で融資を諦めてしまうのは早計です。なぜならクレジットカード会社によって信用情報に掲載するタイミングは異なるからです。

今回のように1日でも遅れたら信用情報に掲載する会社もあれば、2~3日は猶予してくれる会社もありますし、企業によって様々です。

自分の信用情報は手数料も1000円程度で調べることができますので、金融機関からの融資を考えている場合で、自分の信用情報に不安のある方は、事前に調べておくと良いでしょう。

金融ブラックでも、自己破産をしていても資金調達可能なファクタリングをご存知でしょうか?公庫や銀行で融資を断られた方でも大丈夫。リスケ中、赤字決算、債務超過でも売掛金(事業資金に限る)があれば、最短即日で資金調達が可能です。→365日対応。資料請求・無料相談はこちら【ファクタリングのオッティ】

【関連ページ】

まとめ

公庫は個人の信用情報にはかなり厳しくなってきたなという印象を受けます。

今回は銀行OK、公庫NGでしたが、逆のパターンも大いにあり得ます。個人の信用情報をどこまで確認するか、重視するかは金融機関によって、更に言えば支店、融資担当者レベルでも変わってきます。

いくら昔のこととは言え、クレジットカード、キャッシング、カードローン、その他税金、公共料金の支払いなどが一度でも遅れるだけで融資NGになってしまう可能性があるのです。

将来、金融機関からの事業融資を考えている方は、各種支払いの返済は毎月期日どおりに行うように徹底してください。

日本政策金融公庫コラム

創業融資支援なら審査通過率90%、平均融資金額1000万円以上のKIK

  • 自信があるから、完全成功報酬
  • 完璧な審査書類の作成
  • 公認会計士がすべて対応
  • 徹底した事業レビュー。KIKの融資サポートサービス利用で会社設立手数料も無料!

創業融資サービスKIK

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

赤字決算、債務超過でも利用可。ファクタリングは、売掛金の売却による資金調達方法です。

  • 最短即日のスピード資金調達
  • 融資NGでも利用可
  • 業界最低水準の手数料
  • 償還請求なしの完全買い取り
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

定款変更、会社変更手続きに関する議事録等の作成は行政書士法人モヨリックにお任せください。
実績多数。安心、手間要らずの会社変更手続きサービス!(登記は司法書士が担当いたします)


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。