商工組合中央金庫(商工中金)とは?

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 商工組合中央金庫(商工中金)とは?

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

商工組合中央金庫(商工中金)とは?

政府と金融機関の共同出資による銀行

中小企業が資金調達などを行う際に活用する機会が多い商工中金。

これは「商工組合中央金庫」との略称で、政府と民間団体が共同で出資することによって運営されている金融機関です。

(→商工中金の公式ホームページはこちらをご覧ください

いわゆる「政府系金融機関」に含まれるものですが、このような形式で運営されているのはこの銀行だけです。

民間団体が出資していることもあり、他の政府系の金融機関に比べると民間の金融機関に近いといわれており、中小企業だけでなく幅広く金融に関するサービスを行っているのが特徴です。

中小企業にとっては行っている融資にまず目が行きますが、そのほかにも預金や債権の発行なども重要なポイントです。

なお、金融不安などで日本の銀行の格付けの低下が話題になることもありますが、この商工中金は日本でもっとも高い格付けを得ています。

政府系だからこそという面もありますが、その分安心して利用できる銀行ともいえるでしょう。

中小企業に向けたサービス

商工中金という名称からも企業の支援や景気の安定化などを目指した取り組みを行っていることが窺えますが、実際に中小企業を対象にした金融サービスを大きな柱としています。

融資はもちろん、資金の移動、手形取引などを行っているほか、国際為替など国際的な業務も行っているのが大きな特徴です。

中小企業に対しては長期安定取引、企業間・地域間連携の促進を経営のモットーとしており、広い視野にたった支援・救済業務を行っている点も大きな特徴です。

中小企業へのおもな支援策としてとくに有名なのが「セーフティネット支援」です。

これは景気の変動や金融不安などの影響を受けやすい中小企業に対して支援を行う制度で、経済状況の急激な悪化や災害といった、不測の事態によって経営危機に陥ってしまった企業に対して融資を行っています。

外的要因、つまり企業がコントロールしきれない部分で業績が悪化し、なおかつ支援をすることで中長期的には業績の回復を見込める企業を対象にしているのが特徴です。

中小企業の場合、資金力の問題で厳しい状況を持ちこたえる体力が不足していることから破綻してしまうことが多いため、可能性がある会社を救済するためにこの制度が設けられています。

そのほか業務の改善や新規事業の立ち上げなど、経営の革新を行う企業に対して融資する「革新のための資金」など、中小企業をメインのターゲットとした支援制度を多数用意しています。

金融機関としてはほかにも金融債なども発行しています。

現在は完全民営化に向けての準備が進められている段階で、今後新たな変化やサービスの充実なども期待できるでしょう。

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

赤字決算、債務超過でも利用可。ファクタリングは、売掛金の売却による資金調達方法です。

  • 最短即日のスピード資金調達
  • 融資NGでも利用可
  • 業界最低水準の手数料
  • 償還請求なしの完全買い取り
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

定款変更、会社変更手続きに関する議事録等の作成は行政書士法人モヨリックにお任せください。
実績多数。安心、手間要らずの会社変更手続きサービス!(登記は司法書士が担当いたします)


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。