資金繰り表とは?

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 資金繰り表とは?

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

資金繰り表とは?

資金繰り表とは、簡単に言うと現金の出入りを管理するための帳簿で、中小企業では1か月単位で作成(月次資金繰り表)する事業者が多いのではないと思います。資金繰りが非常に厳しい事業者では1日単位で作成(日次資金繰り表)する場合もありますが、通常は1ヶ月単位です。

資金繰り表には、売上など会社に入ってくる現金と、仕入れなどの支払わなければいけない予定額、実際に支払った実績額を記載します。

会社運営するに当たっては必ずや仕入れや給与などを含む経費の支払いが生じます。

その支払いが滞ることなく円滑に行えるように金銭の工面したり、やりくりするための帳簿です。

一般のご家庭でいうならば、家計簿に似ているかもしれません。

家計簿も支払った金額を記載したり、1か月の収入に対して1か月の支払額を予測し、食費・教育費・居住費・日用品・ローン・保険料・税金・レジャー費などといった費目に分けてお金を割り振り、やりくりしているご家庭が多いのではないでしょうか?

費目によってやりくりするご家庭もありますが、居住費やローン、教育費など自動引き落としや振り込みする以外のものは、1週間ごとに予算を決めている方もいるようです。

会社でも一般のご家庭同様、入ってくる金額と支出額の予測を立て、実際の収支をしっかりと把握しておくことで、健全な会社運営ができます。

いわゆる「どんぶり勘定」では家計も会社運営も同様、破たんしてしまいます。

特に飲食業など、毎日の現金売上で運営している企業は、予定も立てずどんぶり勘定でいると自転車操業になってしまいがちです。

損益計算書との違いとは?

会社の経営で損益を把握するには、損益計算書で利益が出ているか判断しますが、損益計算書で出た利益は、発生主義で出た帳簿上のお金であるのに対して、資金繰り表は実際のお金の出入りを表したもので現金主義の帳簿になる為、損益上利益が出ているのに毎月の支払いが大変という企業にとっては特に作成するべき帳簿です。

資金繰り表が融資に効く?

資金繰り表を作成することで、帳簿上出た利益がどこに流れてしまっているのかなど把握することができます。

黒字なのに資金繰りが悪化している企業のケースとして多いのは、借入金が多く毎月の返済金額が大きい企業です。

会社を運営するに当たって借入金は必須です。

借入金なしで起業し経営している経営者の方も少なからずいるとは思いますが、多くは金融機関などの融資を受けている方が多いと思います。

そうなると毎月返済していくことになるのですが、その返済額すべてが経費になると思っている経営者の方が多く、それが落とし穴です。

例えば返済金額が毎月20万円支払いをしていたとして、その内2万円が支払利息とすると、経費として計上できるのは2万円だけで、残り18万円は借入金の元金が減り負債額18万円減るということになります。

負債額が減っても経費として計上されるわけでは無いので、18万円は利益という事になってしまいます。収入に対して返済額の割合が多いほど、資金が回らなくなってしまうという事態が起きてしまいます。

そうならない為にも、資金繰り表を作成することでお金の出入りの予定と実績を管理し把握できるので、追加融資やつなぎ融資など資金調達の工面もしやすくなりますし、どこを押さえたらいいのかというポイントを掴むこともできます。

まとめ

資金繰り表にも似ているキャッシュフロー計算書は、過去の金銭の流れを表記した帳簿で、上場企業であれば作成義務のある帳簿であるのに対して、資金繰り表は内部資料で作成義務も公表する義務もない帳簿ですが、中小企業にとっては特にとても重要な役割をする帳簿であると思います。

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。

100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。