自分の信用情報の調べ方

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 自分の信用情報の調べ方

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

自分の信用情報の調べ方

信用情報とは?

信用情報とはその人がこれまでお金を借りた記録を、記載したデータです。

クレジットカードを申し込んだり、お金を借りたりすると、その都度クレジットカード会社や貸金業者は信用情報にそのことを記録します。

その人の名前や住所に加え、登録日、契約内容、貸付額やキャッシング残高などが信用情報に記載されるのです。

そしてその後も返済や借り入れの取り引きがあるたびに情報が記録され、信用情報にはデータがどんどんたまっていきます。

信用情報は信用情報機関が収集、管理、提供を行っており、現在日本には3つの信用情報機関があります。

銀行や信用組合など金融機関の情報を取り扱う全国銀行個人信用情報センター、主にローンを取り扱う会社が加盟する株式会社シー・アイ・シー、主に消費者金融の情報を取り扱う株式会社日本信用情報機構の3つで、金融に関係する会社はいずれかの信用情報機関に加盟しています。

信用情報には借り入れやローン、クレジットカードなどの契約内容と入金、遅延、代位弁済、強制回収といった返済状況の履歴、不渡りや自己破産、個人再生といった債務整理の情報なども記載されます。

自己破産を行った場合、その記録は5年から10年程度残りますから、その間はどこからもお金を借りられなくなります。

自分の信用情報を調べることはできる?

何度クレジットカードやローンを申し込んでも断られるという場合は、信用情報に何らかのデメリットとなる情報が記載されているためかもしれません。

このようなときは、自分の信用情報にどんな内容が記載されているのかを調べることができます。

信用情報は信用情報機関に開示申請をすると、信用情報を郵送してくれます。

開示申請は開示請求書を信用情報機関に郵送して行うのが一般的です。開示申請申込書と手数料、運転免許証など本人であることを証明する書類のコピーを郵送すれば開示請求は完了です。

手数料はゆうちょ銀行の定額小為替証書で1,000円を同封します。

なお開示申請申込書は、信用情報機関のホームページでダウンロードできます。

また、日本信用情報機関ではクレジットカードで手数料を支払うことも可能です。

シー・アイ・シーでは郵送の他にインターネットや窓口でも開示申請が行えます。インターネットから申し込むと手続きが簡単なのでおすすめです。

開示申請が信用情報機関に届くと、その後信用情報が郵便で送られてきます。

信用情報を見て、延滞などマイナスの記録がないか確認しましょう。

信用情報機関に掲載されていても、日本政策金融公庫や制度融資は活用できるのか?

できる場合とそうでない場合があります。詳しくは下記サイトのページをご覧頂ければと思います。

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

赤字決算、債務超過でも利用可。ファクタリングは、売掛金の売却による資金調達方法です。

  • 最短即日のスピード資金調達
  • 融資NGでも利用可
  • 業界最低水準の手数料
  • 償還請求なしの完全買い取り
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

定款変更、会社変更手続きに関する議事録等の作成は行政書士法人モヨリックにお任せください。
実績多数。安心、手間要らずの会社変更手続きサービス!(登記は司法書士が担当いたします)


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。