融資の審査で金融機関がまず最初に確かめる書類とは?

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 融資の審査で金融機関がまず最初に確かめる書類とは?

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

融資の審査で金融機関がまず最初に確かめる書類とは?

新規開業者と既業者では、融資を受ける際の金融機関側の審査基準が全く違います。

審査基準が違いますので、融資を受けるための対策ももちろん変わってきます。

新規開業者では事業計画書が非常に大事になってくるのに対し、既業者ではこの点は最重要視されません。

既業者の融資の現場では決算書が全てです。

それでは見ていきましょう。

損益計算書

まず、金融機関の担当者はこの損益計算書を確認します。

これは言い方を変えれば会社の成績表です。

会社の一年間の損益を表わしている書類ですので、既業者の場合、重要視されるのも当たり前のことだと思います。

この損益計算書を各項目ごとに見ていきますと、売上高と原価についての結果を確認することができます。

売上高は言うまでもなく開業当初から伸びている方が融資を受ける基準の際に有利だということは間違いありません。

しかし、これを原価率の方が上回っていれば全く意味がありませんので、売上高と原価率の割合が非常に重要となってきます。

仮に売上高が落ち込んでいたり、原価率が売上高を上回っていたとしても、それで融資が受けられないわけではありません。

金融機関側が融資を行うことによってこれらが改善できる見込みがあれば、融資可能となります。

そして、この二つと合わせて売上総利益も見られます。売上高から原価費用を除いたものですので、売上総利益を確認すれば売上高と原価率の割合がわかります。

次に金融機関が確認される項目として、販売管理費が挙げられます。

ここでは代表者の給与設定に関してのチェック、減価償却を限度額までしっかり計上しているかのチェック、適切な経費の支払いを行っているかのチェックなどが販売管理費の項目から確認されます。

この他の項目としては、営業利益や経常利益、特別利益などがあります。

営業利益は売上総利益から販売管理費などを除いた数字であり、経常利益とはその営業利益に営業外損益を加えたものになります。

この経常利益の結果が現在の会社の状態を示しているといっても過言ではありません。

もちろん、判断材料としてもかなり重要視される項目となります。

特別利益に関してですが、これは業務外での利益のことです。また業務外で損失を特別損失と言います。

経常利益とは異なり、一時的な収益、損失と見られますのであまり重要視されません。

賃借対照表

貸借対照表とは、ある時点での会社の財産を表わす一覧表です。

会社の資金だけでなく商品や店舗などの不動産も財産の中に入ってきます。

貸借対照表には財産だけでなく負債についても負債についても確認できますのでそのバランスが非常に重要になってきます。

ここまでの説明ですと損益計算書が担っている役割とあまり変わらないような気がします。

どちらも会社の状態を数字にして表わしているのですが、その表わしている期間に違いがあります。

損益計算書は一期分の会社の状態を示している書類に対し、貸借対照表は開業当初から現在までの財産状況を表わしている一覧表になります。

まとめ

以上、決算書(貸借対照表・損益計算書)について見てきました。融資の現場では会社の成績表とも言える決算書が最も重要になります。その他、下記ページでも銀行融資のポイントは解説しておりますので、

参考にしてください。

創業融資支援なら審査通過率90%、平均融資金額1000万円以上のKIK

  • 自信があるから、完全成功報酬
  • 完璧な審査書類の作成
  • 公認会計士がすべて対応
  • 徹底した事業レビュー。KIKの融資サポートサービス利用で会社設立手数料も無料!

創業融資サービスKIK

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

赤字決算、債務超過でも利用可。ファクタリングは、売掛金の売却による資金調達方法です。

  • 最短即日のスピード資金調達
  • 融資NGでも利用可
  • 業界最低水準の手数料
  • 償還請求なしの完全買い取り
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

定款変更、会社変更手続きに関する議事録等の作成は行政書士法人モヨリックにお任せください。
実績多数。安心、手間要らずの会社変更手続きサービス!(登記は司法書士が担当いたします)


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。