今すぐにお金が必要な場合は事業者用ビジネスローンを使うしかない?

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 今すぐにお金が必要な場合は事業者用ビジネスローンを使うしかない?

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

今すぐにお金が必要な場合は事業者用ビジネスローンを使うしかない?

公的融資はメリットが多いですが、提出書類が多く、審査に時間がかかるというデメリットがあります。それに比べ、貸金業者が行っている事業者用ビジネスローンは、融資スピードが速いので、必要な資金をすぐに調達できます。

日本政策金融公庫で融資を受ける場合、融資実行までに1ヵ月かかります。

信用金庫制度融資なら2ヵ月です。事業者用ビジネスローンは、提出書類が少なく審査時間がかなり短くなっています。業者によっては即日融資も可能というところもあります。

来店不要で、ネット上で申し込みから契約手続きまで行うことができる場合も多いです。

また、ローンカードで借り入れや返済ができるというところもあります。原則として担保や保証は必要ありません。

貸金業者の融資は、総量規制の対象になっているので通常は年収の3分の1までの融資しか受けられませんが、総量規制には例外があり、「個人事業者に対する貸付」も例外です。

ですので、ビジネスローンからは年収の3分の1を超える額でも借りることができます。

非常に利用しやすいビジネスローンですが、デメリットもあります。最大のデメリットは金利が高いという点です。また、限度額が低いため必要な資金を調達できないということもあります。

限度額以内の金額を希望したとしても、審査の結果、希望通りの金額が借りられないということもあります。

たとえばビジネクストは法人あるいは個人事業主が申し込めるビジネスローンですが、金利は利用限度額が100万円以上なら8.0%~15.0%、100万円未満なら13.0%~18.0%です。

融資額は 1万円~1,000万円ですが新規申し込みの場合は500万円までです。限度額の範囲内なら何度でも利用できます。

担保は不要で、保証人も原則として必要ありませんが、法人の場合は代表者が連帯保証をします。返済期間は最長5年で、回数は60回以内です。提出書類は本人確認書類の他に確定申告書2年分などです。

法人の場合は登記事項証明書、決算書2期分などが必要になります。オンラインで申し込み、契約ができ、原則として来店不要で融資を受けることができます。融資実行までにかかる時間は、必要書類の提出から3日程度です。

土日祝日を挟む場合、また混み合っている場合にはそれ以上の時間がかかります。

貸金業者が行うビジネスローンは、手間がかからず必要な時にすぐに資金を調達できるということで、非常に便利な金融商品です。

ただし、金利が非常に高いため安易に利用すると、かえって資金繰りを悪化させることになります。そのため、専門家のアドバイスを受けた上で慎重に利用する必要があります。(情報は2017年現在)

参考:オリックスVIPローンカードビジネスを申し込んでみた(別サイト:日本政策金融公庫融資支援ドットコム)

創業融資支援なら審査通過率90%、平均融資金額1000万円以上のKIK

  • 自信があるから、完全成功報酬
  • 完璧な審査書類の作成
  • 公認会計士がすべて対応
  • 徹底した事業レビュー。KIKの融資サポートサービス利用で会社設立手数料も無料!

創業融資サービスKIK

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

赤字決算、債務超過でも利用可。ファクタリングは、売掛金の売却による資金調達方法です。

  • 最短即日のスピード資金調達
  • 融資NGでも利用可
  • 業界最低水準の手数料
  • 償還請求なしの完全買い取り
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

定款変更、会社変更手続きに関する議事録等の作成は行政書士法人モヨリックにお任せください。
実績多数。安心、手間要らずの会社変更手続きサービス!(登記は司法書士が担当いたします)


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。