営業権や知的財産権を資金化するための条件

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 営業権や知的財産権を資金化するための条件

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

営業権や知的財産権を資金化するための条件

営業権や知的財産権を資金化するための条件ですが、たとえばこれらの権利を売却して資金化することがあげられます。

特許や技術、ブランドなど、価値があってなおかつそれを買いたいという企業がいれば、譲渡を考えるのもひとつの手段です。

売却額は保有している営業権や知的財産権の価値の大きさに左右されるので、価値が大きければまとまった資金を調達することもできます。

ただし、営業権や知的財産権を手放すということはそこから生まれるキャッシュフローを得られなくなるということでもなので、結果的に自社が損をする可能性も往々にしてあります。

長期戦略も持たずに目先の資金欲しさに簡単に営業権や知的財産権を売却するのはやめた方がいいでしょう。

譲渡を考える時は将来的に得られる見込みのあるキャッシュフローも頭に入れて実行するかどうかを検討する必要があります。

譲渡以外の方法で言えば、他社にライセンスを与えることがあげられます。

ライセンスというのは権利の使用許諾のことであり、譲渡とは違って営業権や知的財産権を手放すわけではありません。そしてこの場合でもロイヤリティとして資金を得ることができます。

個人事業主や中小企業経営者は人手や資金が少ない中で競争力を高めていく必要があるので、特に営業権や知的財産権の資金化を活用すべきです。

【参考】

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

赤字決算、債務超過でも利用可。ファクタリングは、売掛金の売却による資金調達方法です。

  • 最短即日のスピード資金調達
  • 融資NGでも利用可
  • 業界最低水準の手数料
  • 償還請求なしの完全買い取り
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

定款変更、会社変更手続きに関する議事録等の作成は行政書士法人モヨリックにお任せください。
実績多数。安心、手間要らずの会社変更手続きサービス!(登記は司法書士が担当いたします)


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。