資金調達能力を上げておかないと企業は簡単に倒産する

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 資金調達能力を上げておかないと企業は簡単に倒産する

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

資金調達能力を上げておかないと企業は簡単に倒産する。

資金調達能力とは?

突然ですが、あなたの会社は1ヶ月以内に引っ張ってくることができる金額、いくらありますか?

その金額が「資金調達能力」です。

企業規模や年商自体によるので一概には言えませんが、月商3ヶ月分~半年分程度ならいつでも引っ張れる状態であれば、かなり優秀な経営状況であり、高い資金調達能力を持っていると言えるでしょう。

例えば、年商5,000万円程度の個人零細中小企業ですと、日本政策金融公庫から500万円、信用保証協会付融資で500万円は確保しておきたいところです。

業歴を返済実績を重ねていれば、銀行のプロパー融資でももう500万円くらい枠を確保しておけるかもしれません。

これらのいつでも引っ張れる枠を日頃から確保しておくには、「晴れの日に傘を借りておくこと」が大切です。

よく銀行は「晴れの日に傘を貸して、雨の日にとりあげる」と、その融資スタンスを揶揄されますが、営利目的の金貸しという銀行の本質を理解していれば、それはごくごく当たり前のことだと言えます(慈善事業ではないのですから)。

逆に言えば、向こうが貸してくれる時にはその手を払いのけて、雨の日に困った時だけ助けてもらおうというのも同じくらい虫の良い話ではないでしょうか?

結局はお互い様の話ですし、今更銀行の本質的な部分に対して愚痴っていてもあなたの会社には何のメリットもありません。そのようなルールの中でいかに動いて準備するのかが大切なのです。

多少の金利は必要経費。

今すぐ使う必要のない金は「来るべき時」のためにストックしておけば良いですし、「寝かせているだけの死に金」というわけではありません。

信用実績を作る、資金調達能力を更に上げるための必要経費と考えてください。

今すぐ必要かどうかなんて関係ありません。

今すぐ日本政策金融公庫と信用保証協会へ行って、100万円でも200万円でも良いから融資を受けてください。

【民間企業も使い倒せ】

<クレジットカード>

独立企業する際に、

「仕事辞めるとクレジットカードも作れなくなるから、サラリーマンの内にカードは作っておいたほうが良いよ」

とアドバイスを受けた方もいるのではないでしょうか?

起業してからも同じです。事業用カードは作れる時に作っておき、徐々に枠を広げていく努力を早い段階からしなければなりません。結局この世は実績なのです。

お勧めはオリコビジネスカードGoldです。これは法人用カードも個人事業主用カード(EX Gold for Biz)もどちらもありますので、独立したら早い段階で作っておきましょう。

1法人あたり10万円~1,000万円まで利用可能枠があります。カード枠があれば、それは事実資金調達能力があることと同義です。

投資や経費支払いの際に500万円の融資を受けてから支払うのも、500万円分のそれをカード決済するのも同じことだからです(むしろ金利や手間がなくポイントが貯まることも考えれば、カード決済の方がメリットです)。

年会費も初年度は無料ですし、次年度からもせいぜい2,000円ですので、この程度の必要経費で資金調達能力を上げられるのなら、作っておかない手はありません。

また、オリコカードの場合、クレジットを利用している事業主限定で利用可能なオリコの証書貸付もあります(その際最大2.0%の金利優遇が受けられます)。

この証書貸付も1,000万円までの枠がありますから、つまりは資金調達能力をダブルで上げておくことができるのがこのオリコカードです。

<カードローン>

カードローンと聞くとそれだけで悪いイメージを持って作ることに消極的な方が多いことでしょう。

実際に金利は高めですし、使わなくて済むならそれに越したことはありません。

しかし事業経営は何があるかわからないですし、突発的な資金需要が生じる時は長いスパンで見れば必ず発生するものです(それはピンチだけに限らず、チャンスの意味でもです)。

日本政策金融公庫や保証協会、銀行では融資までに時間が掛かる(1ヶ月程度)がそこまで待てない。

また、カード決済もできない取引であれば、オリコカードを持っていたとしても不十分です。

そのような際に、「短期借り入れ」としてカードローンの枠を持っておけば、急場をしのぐことができます(もちろん支払い金利の把握と返済実現があることを事前に計算した上で利用することが肝要です)。

お勧めは、オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)です。業界トップクラスの低金利(低金利6.0~17.8%)であり、入会金や年会費もかかりませんので、使わなければ、特に固定経費もかかりません。

今必要ではなくても、カードを持っていれば急な資金需要に備えることができ、チャンスの時もピンチの時も役立ちます。一枚持っているだけで事業経営の安心感が変わってくるでしょう。

カードローンを推奨しているわけではないのですが、経営においていつ何時資金が必要になるかは、詰まるところわかりません。

そのような場面に直面した時、「打つ手がありません」ではどうにもならないでしょう。

カードローンならいつでも借りられると思っていたら大間違いです。雨の日に傘を貸してくれる親切な人はそうそういないのです。

公的融資はもちろん、クレジットカードやカードローンだって準備がなければ簡単にはいきません。

行き当たりばったりで資金調達にアタフタするのではなく、事前にしっかりと戦略的に資金調達能力を積み上げておくことが事業経営には大切です。

それができていなければ突然死のように倒産の憂き目にあいますし、準備ができていればピンチを乗り切ることもチャンスを逃さないこともできます。

まとめ

ご自身の会社を省みて資金調達能力がゼロならすぐに改善すべく動いてください。

そしてこれは0か100かの問題ではありませんから、資金調達能力が100万円しかないのなら、500万円に、500万しかないのなら1000万円に、1000万円しかないのなら2000万円にと徐々に力を伸ばしていく努力が大切です。

もちろん、資金調達能力を上げつつも、それに頼らず経営が順調に伸びているならそれに越したことはありません。要は困ってから動いては遅いということですね。

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。

100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。