融資の審査で銀行が「在庫」や「売掛金」を嫌う理由とは?

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 融資の審査で銀行が「在庫」や「売掛金」を嫌う理由とは?

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

融資の審査で銀行が「在庫」や「売掛金」を嫌う理由とは?

事業経営上、在庫(棚卸資産)や売掛金がゼロということはほぼありません。

当然、その大小は業種にもよりますが、ある程度の在庫や売掛金が残ってしまうのは仕方ありません。しかし、その状況次第では、銀行の融資担当者に不信感を抱かれてしまう場合があります。

在庫も売掛金も、多すぎると嫌がられる

当たり前のことですが、適正な水準の在庫や売掛金で、融資審査が通りにくくなることはありません。

しかし、在庫や売掛金が増加している場合は、その増え方によっては融資担当者が慎重な判断をすることがあります。

会社が成長過程にある場合は、売上が増える分だけ在庫も増え、売掛金も増加するのが当然です。しかし、売上が増えていなかったり減少していたりするにも関わらず、在庫や売掛金が増えている場合、融資担当者に問題視される場合があります。

売上が不調にもかかわらず在庫が増えているということは、不良在庫を抱えるリスクが高まっていることを意味します。

また、同様の状況で売掛金が増えているということは、売掛金の回収ができていない得意先や支払日までが長い得意先が増えてきていると考えられます(※)。この場合は、得意先の経営状況が悪化していることが自社の経営にも悪影響を及ぼす可能性があると推測することができるでしょう。

原則として、このような理由で、在庫や売掛金は銀行に嫌われるのです。

※なお、売掛金を手形で回収している場合には、「受取手形が増えているか」もチェックされます。

売掛金を使った粉飾決算

銀行が在庫や売掛金の増加を嫌う理由は、もうひとつあります。それは、在庫や売掛金を使った粉飾決算の可能性があるためです。

架空売上を使えば、売上と利益をかさ上げすることができます。その結果、損益計算書上は「良い数字」に変わります。しかし、その売上を回収することはできないため、売掛金が異常な値になります。

具体的な例でみてみましょう。

売上を100かさ上げしたとします(粗利率20%)。その結果、損益計算書上では、売上が100、営業利益が20上昇し、利益のかさ上げができます。

一方、この売上は回収できない売上であるため、貸借対照表で売掛金が100増えた状態で放置されることになります。その結果、貸借対照表の売掛金が異常値になるのです。

他にも、関連会社への押し込み販売や下請けへの有償支給などの手口で、売上と利益のかさ上げを図ることもあります。こうすれば売掛金を回収することはできますが、(東芝が行った不適切会計の例のように)利益率が異常値となっています。

在庫を使った粉飾決算

在庫を使った粉飾決算は、もっと単純な手口です。通常、決算時の売上原価は「期首棚卸資産残高+当期仕入高-期末棚卸資産残高」という式で求められます。ということは、期末の在庫をかさ上げするだけで、簡単に売上原価を水増しして、利益を増やすことができてしまうのです。

ただ、この場合も、貸借対照表上の棚卸資産が異常な値となります。融資担当者が異常だと考えた場合は、倉庫を見せて欲しいと言ってくる場合もあるでしょう。

具体的には、次のようになります。

期末の在庫金額を100増やしたとします。すると、売上原価が100減ってしまうため、利益を100増やすことができるのです。

一方で、貸借対照表上の棚卸資産が増えたままの異常値になってしまいます。

在庫や売掛金が増えていないかをチェックできる指標とは

このように、実体を伴わない粉飾決算をされているかもしれないため、銀行は在庫や売掛金の増加を嫌うのです。

ただ、売上が毎年変動する中で、在庫や売掛金が増えているかどうかは、在庫や売掛金の金額だけで判断することができません。

そこで、銀行が判断材料としている指標が「棚卸資産回転期間」「売上債権回転期間」です。

棚卸資産回転期間は、「棚卸資産回転期間=棚卸資産÷(売上原価÷365)」という計算式で求めることができます。

「在庫が何日分あるのか」を計算しているもので、この数値が大きくなると、不良在庫が増えている可能性を示唆します。

(参考:棚卸資産回転期間とは?

また、売上債権回転期間は、「売上債権回転期間=売掛金÷(売上÷365)」(という計算式で求められます。

こちらも、「売掛金が売上の何日分か」を求めており、数値が大きくなると、それだけ売掛金の回収に時間がかかっていることを示します。

※受取手形が多い場合には、「売掛金+受取手形」を使って計算します。

(参考:売上債権回転期間とは?

在庫や売掛金が、「今の販売状況で見て何日分なのか」を見ているため、売上が変動していても過去の数値や業界標準の数値と比較することが可能です。

在庫や売掛金が多いことで、回転期間が急上昇したり、業界標準よりも高かったりする場合は、経営状態がよくないことを意味し、銀行が融資を嫌がる場合があるのです。

自社の経営状態が悪くないのかを確認するためにも、棚卸資産回転期間・売上債権回転期間は、定期的にチェックしておきたいところです。

なお、これらの他にも指標がありますので、下記参考にしてください。

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。

100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。