資金調達に使える!種類株式3選

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 資金調達に使える!種類株式3選

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

資金調達に使える!種類株式3選

はじめに ~中小企業は直接金融による資金調達は難しい?~

株式を発行して資金調達する(参考:増資とは?募集株式の発行による資金調達とその注意点)ことを直接金融といいます。

一方、銀行などの金融機関から資金調達することを間接金融といいいます。

中小企業がこの直接金融を行うのは、正直敷居が高いです。オーナー兼社長のような中小企業であれば、出資者(新株を引き受けて出資してくれる人)は、身内や従業員、知り合いなどごく親しい人に限られてしまいます。

新株発行による資金調達については、ベンチャーキャピタルの利用も考えられますが、上場していない中小企業の株式は換金性及び流動性が低いという理由から、多額の出資を期待することが難しいのが現状です。

また、資金調達を考えている会社側としても、新たに株式を発行して資金調達を行うと株主の持株比率が変わることから、経営権を奪われるのでは?余計な口出しをされるのでは?と発行を躊躇し、資金調達まで至らないケースがままあります。

このようなケースでも「種類株式」をうまく活用することで、投資家、会社、双方の希望にマッチした株式を発行することができます。

種類株式は全部で9種類あります。今回は、その中から「資金調達に使いやすい種類株式」を厳選して紹介していきたいと思います。

資金調達に使える種類株式その1.議決権制限株式

投資家(出資者)の中には、会社の経営には興味がなく、出資することによっていくら利益があるかのみ興味を持っている人も多くいます。実際に株主総会に参加するのは面倒だ、そんな責任は負いたくないと思っている人もいます。

そのような投資家には会社に対する「議決権」を付ける必要はありませんので、議決権を制限する=議決権がない株式「議決権制限株式」を発行することができます。

通常の株式には会社の経営権でもある議決権が付いていますが、種類株式ではその議決権を除外することができるのです。もちろん配当を受ける権利や残余財産の分配を受ける権利は残っています。

会社側のメリットは、出資をしてくれるだけでなく「議決権」もないので会社の業務運営に支障をきたすことがありません。

しかし投資家からすると議決権がなくただ出資するだけでは魅力に欠けます。

このため、議決権制限株式単体で発行するのはまれで、議決権がない見返りとして他の株主より配当を優先する株式「配当優先株式」と組み合わせて発行することが一般的です。

資金調達に使える種類株式その2.配当優先株式

配当優先株式は、その名の通り「他の株主よりも配当が優先される」株式です。

例えば、「配当優先株式を持っている株主に対して、普通株式を持っている株主に先立ち1株につき年◯円の配当金を支払う。」といった設計をすることができます。

一般的に「優先株式」は、配当優先株式と議決権制限株式と組み合わせた「配当を優先的に受ける権利はあるが議決権は制限される株式」を指すことが多いです。

配当優先株式であれば少し価格を高くしても投資家を募ることができるでしょう。ですが、「他の株主よりも配当が優先される」「議決権もある」では投資家にとっては魅力的な株式ですが、会社にとっては負担が大きいものになります。

このため、種類株式を組み合わせて議決権を制限しつつ、投資家に有利な条件を提示することで出資を募りやすくすることが考えられます。

資金調達に使える種類株式その3.取得請求権付株式

上場していない会社の株式は市場に流通することがなく、株主が売りたい時に売れず、現金化することが困難であることから出資に躊躇する投資家もいます。

更に非公開会社であれば、株式を売る際に会社の承諾を得る必要があり、投資家にとってマイナスな面があります。

会社にとってもこのような事情から幅広く出資を募ることができません。

そこで活用されるのが「取得請求権付株式」です。

取得請求権付株式は、株主が会社に対して株式を買い取ることを請求することができる株式です。

株主が自分に都合の良い時に会社へ「株式を買い取って欲しい」と請求できますので、株主は最低限度の対価を回収することができるため、出資リスクを低く抑えることができます。

投資家にとって会社の買取保証が付くというメリットがありますが、会社にとっても「取得請求権」を付けることで資金調達のハードルが低くなるメリットがあります。

会社は定款において、株主が会社に対して買取請求ができる事、その期間、引換えに交付する対価の内容を定めます。会社が支払う対価は、現金はもちろんのこと、会社が発行している他の種類株式、社債、新株予約権などを定めることもできます。

ただし、対価を現金など会社の株式以外の財産を交付する場合は、請求の日における分配可能額を超えた財産を交付することはできませんので、注意が必要です。

種類株式に負けず劣らず!「属人的株式」も魅力的

会社法上の種類株式とは少し性質が異なりますが、上で紹介してきた3つの種類株式と似た存在の株式も発行できます。属人的株式と呼ばれています。

上の3つの種類株式は、発行する場合は必ず管轄の法務局で種類株式発行登記というものを行わなければなりません。専門知識が必要で司法書士及び行政書士への依頼が必須といえるでしょう。

こちらで紹介している属人的株式は、定款変更を行うだけで発行できるのが魅力です(属人的株式の発行に伴って増資をするので増資登記は必要になります)。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

属人的株式については、書式集の販売も行っております。直接金融による資金調達をお考えの方は、ぜひお買い求め頂ければと思います。

自分で出来る!属人的株式活用・資金調達キットのご案内

自分で出来る!属人的株式活用・資金調達キット29,800円

自分で出来る!属人的株式活用・資金調達キット

こちらのマニュアルでは、属人的株式発行手続きに必要な書類一式の雛型を同梱しております。

議決権なし&優先配当付き株式の発行。オーナーとしての支配権を持ったまま増資・資金調達が可能!

穴埋め式ワードファイルと解説マニュアルがついていますので、一般の方でも楽々手続き完了!


融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。

100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。