【資金調達用語をわかりやすく解説】金融機関の債務者区分・信用格付とは?

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 【資金調達用語をわかりやすく解説】金融機関の債務者区分・信用格付とは?

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

金融機関の債務者区分・信用格付とは?

会社の信用を判断する基準

資金調達が必要になったときに、銀行などの金融機関から融資を受けることができるかどうかは、その会社に信用があるかどうかにかかっています。

経営が順調で、資産に余力がある、担保をしっかりと用意できる…。いろいろなポイントがあるわけですが、お金を貸す側としては、こうしたポイントを総合的に判断し、格付け・区分を行ったうえで、融資が適当かどうか、融資がOKの場合は金利や担保の設定をどうするかなどを決めています。

つまり、金融機関からの評価が高ければ高いほど有利な環境で融資を受けることができるわけです。

その会社の信用を判断する基準が信用格付けであり、債務者区分なのです。

どのような形で区分されるのか?

金融機関がいわば一方的に会社を評価することになるわけですが、どのような基準で区分されるのかについては、信用格付けと債務者区分とでは、少々異なります。

信用格付けは、各銀行が独自に設定して決めているのに対して、債務者区分は、ある程度の基準が明らかになっており、会社側があらかじめ自分たちの区分を判断しやすくなっています。

債務超過の状況に陥っていないか、黒字経営を維持できているか、数期連続して赤字になっていないか、借入金の返済が滞っていないか…こうした経営と財政状態の健全性をもとに判断されます。

さらに信用格付けでは「定量評価」と「定性評価」という2つの基準が導入されており、それをもとに各銀行が格付けを行っています。

定量評価とは、資本金に自己資本比率、ギアリング比率や固定長期適合率といった資本力を評価するものです。

一方、定性評価とはその企業の現時点での経営状況や市場における価値などを評価するものです。

経営状態だけでなく経営者の資質や営業基盤、その企業が手がけている分野におけるライバル社との競合状態なども考慮した上で、判断されることになります。

債務者区分・信用格付けの違い

どちらも評価が高ければ高いほど融資を受けやすくなります。

担保を必要としない、あるいは、厳しく設定されないといった有利な立場に立てます。

一方、評価が低いと融資を受けることができないばかりか、現在、融資を受けている借入金の即時返済や担保処分などを求められてしまうこともあります。非常に怖いですね。

なお、この信用格付けと債務者区分の違いは、先ほども少し触れましたが信用格付けは各銀行が独自に行っているのに対して、債務者区分は共通した評価の基準があるため、金融機関ごとに極端に評価が異なるといったことがない点が挙げられます。

ですから、自社が金融機関がどう評価されているかを知る場合には債務者区分を確認した方がよいとされています。

創業融資支援なら審査通過率90%、平均融資金額1000万円以上のKIK

  • 自信があるから、完全成功報酬
  • 完璧な審査書類の作成
  • 公認会計士がすべて対応
  • 徹底した事業レビュー。KIKの融資サポートサービス利用で会社設立手数料も無料!

創業融資サービスKIK

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

赤字決算、債務超過でも利用可。ファクタリングは、売掛金の売却による資金調達方法です。

  • 最短即日のスピード資金調達
  • 融資NGでも利用可
  • 業界最低水準の手数料
  • 償還請求なしの完全買い取り
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

定款変更、会社変更手続きに関する議事録等の作成は行政書士法人モヨリックにお任せください。
実績多数。安心、手間要らずの会社変更手続きサービス!(登記は司法書士が担当いたします)


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。