信用金庫・信用組合融資のデメリットとは

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 信用金庫・信用組合融資のデメリットとは

お申込み専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

信用金庫・信用組合融資のデメリットとは

信用金庫融資のデメリット

信用金庫は地域密着型の金融機関で利用しやすい面もありますが、融資を受ける点ではデメリットもあります。

デメリットの1つは金利がメガバンクや地銀よりも高いという点です。

信用金庫は少数の大企業に多額の融資をするのではなく、多くの会社に少額の融資をするため、審査等事務処理が多くなりその分人権費もかかります。その結果、金利も高くなってしまいます。

また、信用金庫で信用保証協会の保証付き融資を受ける場合は、無担保保証の限度額が8,000万円以下なので融資額が小さいというのもデメリットです。

起業直後はこれだけの金額でも十分かもしれませんが、事業規模が大きくなると対応できなくなります。信用金庫にはプロパー融資もありますが信用金庫は大手銀行よりも資金力が劣るため融資できる金額も限られます。

さらに信用金庫では特定の条件を満たしていないと借り入れができません。

従業員が300人を超えているあるいは資本金が9億円を超えている会社は融資を受けられません。

また、融資を受けていた会社でもこれら2つの条件のいずれかを満たせなくなった場合は原則として融資を受けられなくなります。例外として会員だった期間によって期限付きで融資を受けられることもあります。

信用組合融資のデメリット

信用組合は中小企業や個人が協力して設立している組織で、信用金庫よりも協同組合的なカラーが濃い金融機関です。

融資はだれでも受けられるわけではなく、受けたい場合は出資して組合員になる必要があります。

また、信用組合の店舗は本店、支店、出張所が全国に合わせて1,600ほどありますが、地元の信用組合しか利用できません。

信用組合によっては個人向けのローンだけで、事業者向けのローンがないところもあります。

ビジネスローンがあったとしても融資額は少額になっています。

たとえば、仙北信用組合の「せんぽくビジネスローン」は個人事業主なら300万円まで、法人は500万円以下です。興栄信用組合の「ビジネスローン」も同様です。東京厚生信用組合では福祉・医療・環境関連の事業に対しては融資額が多いですが、その他の事業を対象とした「しんくみビジネスローン」の融資額は個人事業主なら300万円まで、法人は500万円以下です。

起業の際には十分かもしれませんが、事業拡大のための資金調達には不十分でしょう。

また、融資を受けられる事業所は条件があり、従業員が300人以下あるいは資本金が3億円以下である必要があります。

卸売業であれば従業員が100人以下あるいは資本金が1億円以下です。小売業は従業員、資本金がそれぞれ50人以下あるいは5,000万円以下、サービス業は100人以下あるいは5,000万円以下となっています。

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。

100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?
※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。
Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2018 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。