【資金調達用語をわかりやすく解説】折り返し融資とは?

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 【資金調達用語をわかりやすく解説】折り返し融資とは?

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

折り返し融資とは?

折り融資とは、銀行から借りていた資金の返済が一定額まで進んだ時点で、最初に借りた金額の範囲で再び融資を受けることです。

たとえば、1,000万円を借りて、700万円を返済し、残高が300万円になったとします。この時点で再び1,000万円を借りて、その中から300万円を返済します。結果的に最初に返済した分と同じ金額の、700万円を新たに借りることになります。

銀行の得意先係が担当でついている場合は、ノルマを達成するために折り返し融資を積極的に勧めてくるかもしれません。

借りる側としては運転資金や設備資金が手元に残るのでメリットがあります。

月々の元本の返済金額も変わらないので、新たに借りたという意識があまりありません。

ところが、完済時期は先延ばしになり、その分だけ利息を多く払うことになるので、折り返し融資を何度も受けていると過剰債務になりかねません。

また、今までは折り返し融資に応じてくれていたのに、断られるということもあります。折り返し融資を断られるのは、その会社に対する銀行の評価が下がっているためです。

関連:押さえておきたい銀行融資審査のポイント(債務者区分・決算書・資金繰り)

会社としては、折り返し融資を受けられる前提で資金繰りを考えていたのに、融資が受けられないとなると、すぐに経営が行き詰まってしまいます。ですから、折り返し融資を断られた時は、リスケジュールの交渉をするべきタイミングと言えます。

創業融資支援なら審査通過率90%、平均融資金額1000万円以上のKIK

  • 自信があるから、完全成功報酬
  • 完璧な審査書類の作成
  • 公認会計士がすべて対応
  • 徹底した事業レビュー。KIKの融資サポートサービス利用で会社設立手数料も無料!

創業融資サービスKIK

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

赤字決算、債務超過でも利用可。ファクタリングは、売掛金の売却による資金調達方法です。

  • 最短即日のスピード資金調達
  • 融資NGでも利用可
  • 業界最低水準の手数料
  • 償還請求なしの完全買い取り
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

定款変更、会社変更手続きに関する議事録等の作成は行政書士法人モヨリックにお任せください。
実績多数。安心、手間要らずの会社変更手続きサービス!(登記は司法書士が担当いたします)


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。