融資と出資の違いとは?

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 融資と出資の違いとは?

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

融資と出資の違いとは?

そんなことは知っているよと思われる方もいらっしゃると思いますが、創業期における「出資」についてはその相手方によっては注意が必要になります。

起業前のこの段階で簡単で結構ですので、頭に入れておいてもらえればと思います。

融資とは?

融資とは金融機関からの借り入れを言います。

家族・知人からお金を借りて利子を払う場合も融資には違いありません、家族間や私人間では、この言葉はあまり用いることはありません

融資は、金融機関が扱っている金融商品と考えて差し支えはありません。

銀行は預金や両替などのサービスもやってますが、結局は金貸し業です。お金を貸して、利息を付けて返済させる。その利息が儲けになります。

起業家がまず利用すべきは金貸しのプロである金融機関からの融資になります。

公的金融機関の日本政策金融公庫は国が100%の出資を行っており、民間の銀行などよりは利息も安く、借入もしやすいです。

自己資金と金融機関からの融資を持ってしても必要資金に届かない場合に、次に説明する出資を受けるかどうかを検討することになります。

出資とは?

出資には2通りあります。対価性があるかどうかです。

一切の見返りを求めない家族等からの出資(正確に言うと出資と呼んでいるだけ)と、見返りが必要なベンチャーキャピタルやエンジェル投資家等からの出資(株式や配当などで返す)があります。

前者の場合は、贈与みたいなものです(家族とは言えきちんと出資契約を交わして配当などを行う場合もありますが、稀です)。

家族ですから、出資をしたからと言って経営に口出しするケースはほとんどありません。

後者の場合は、基本的にはガンガン口を出してきます。彼らはそれが仕事のようなもので、自分たちが利益を得るために出資をしているわけですから。

少々乱暴な言い方になりますが、金貸しのプロである銀行のようなものです。口を出してくるという面で言えば銀行よりも質が悪いかもしれません(中には金出して口出さずの天使のような投資家もいますが。これを本当のエンジェル投資家というのかもしれませんね。笑)。

彼らから出資を受けた場合、通常は出資の対価として「株式」や「転換社債」などを渡します。

このとき、議決権割合には特に注意しておかなければなりません。

議決権の3分の2以上をあなた自身が保有しておく必要があります。

詳細はこちらのページ(株主総会の決議要件)を参考にして頂ければと思いますが、議決権の3分の2以上を投資家に持たれてしまうと、否応なしに解任させられる可能性が出てきます。

自分の手で創業し、育ててきた会社が乗っ取られてしまう可能性もあるということですね。

何もプロの投資家でなくてもそのくらいの知識は持っている一般人もいますから、家族以外から出資を受ける場合は、この議決権には十分に注意してください。

なお、少数株主として出資してもらう場合でも配当等は行わなければなりません。1円でもお金を出してもらったら、何らかの形でそれに報いなければならないのが出資であると覚えておきましょう。

まとめ

融資、出資いずれの場合も、プロである金融機関やベンチャーキャピタルが扱っていますので、そう簡単には融通してくれません。

お金を出すに値すると思わせるだけの事業計画が必要です。また、他を圧倒するようなあなた自身の起業家精神、経営者としての能力も必要になります。事業計画やあなたの能力を適切かつ明確に伝える為のプレゼン力ももちろん必要です。

創業融資支援なら審査通過率90%、平均融資金額1000万円以上のKIK

  • 自信があるから、完全成功報酬
  • 完璧な審査書類の作成
  • 公認会計士がすべて対応
  • 徹底した事業レビュー。KIKの融資サポートサービス利用で会社設立手数料も無料!

創業融資サービスKIK

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

赤字決算、債務超過でも利用可。ファクタリングは、売掛金の売却による資金調達方法です。

  • 最短即日のスピード資金調達
  • 融資NGでも利用可
  • 業界最低水準の手数料
  • 償還請求なしの完全買い取り
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

定款変更、会社変更手続きに関する議事録等の作成は行政書士法人モヨリックにお任せください。
実績多数。安心、手間要らずの会社変更手続きサービス!(登記は司法書士が担当いたします)


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。