【資金調達用語をわかりやすく解説】財務と税務の違いとは?

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 起業家・中小企業経営者の為の資金調達ガイド
  3. 【資金調達用語をわかりやすく解説】財務と税務の違いとは?

お申込み専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

財務と税務の違いとは?【資金調達用語をわかりやすく解説】

会計は目的によって分類されているのを知っていますか?

会計上の細かい規定を覚える必要はありませんが、経営者であれば少なくとも意味くらいは理解しておきたいものです。

会計の種類について、どのようなものであるかを知っておきましょう。

財務会計とは?

財務会計とは、株主や取引先など会社外部の利害関係に対して、会社の経営成績と財務状態を報告することを目的とした会計ルールのことです。

財務諸表と呼ばれる、「損益計算書貸借対照表キャッシュフロー計算書」という名前を聞いたことがあると思います。会社は財務諸表を必ず作成しなければなりません。

財務会計では、この財務諸表を作成して、企業の財政状態や経営成績、キャッシュフローを利害関係者に対して正しく報告することを目的としています。

あくまでも会社外部の利害関係者へ報告することが目的ですので、一定のルールに基づいて作成することが定められています。

税務会計とは?

税務会計とは、国や地方公共団体に対して、会社が支払うべき法人税を計算するために作成することを目的とした会計ルールのことです。

会社は法人税を支払わなければなりませんが、この法人税の計算は、税務会計のルールに従って計算されます。つまり、税務申告のために使われる会計が税務会計です。

税務会計では、公平な税金徴収のため、損金処理できる要件が厳格に定められているのが特徴です。例えば、財務会計では認められた損金が税務会計では認められないといったことがあります。

財務会計と税務会計の違いとは?

正確には財務会計の一部が税務会計ですが、財務会計と税務会計とでは、その目的が異なります。

  • 財務会計・・・株主や債権者などの利害関係者への情報提供を目的とした会計
  • 税務会計・・・国や地方公共団体への税金の計算を目的とした会計

このような目的の違いから、税務会計と財務会計では、会計処理の方法や会計項目などで異なる点があります。

通常、会社の儲けは「利益」と呼ばれていますが、これは財務会計での呼び方です。「収益」から「費用」を引いた金額が会社の利益になります。

一方、税務会計では儲けのことを「所得」と呼び、「益金(えききん)」から「損金(そんきん)」を引いた金額が所得になります。

  • 財務会計・・・利益=収益-費用
  • 税務会計・・・所得=益金-損金

たとえば、何らかの配当金を受け取った場合、財務会計では収益(儲け)とされますが、税務会計では益金(儲け)とはされません。

また、財務会計では費用になる交際費や減価償却費などは、税務会計上は損金(費用)にはなりません。

このように「財務会計上では収益であるけれど、税務会計上では益金にはならないもの」「財務会計上では費用であるけれど、税務会計上では損金にはならないもの」があります。

財務会計上の「利益」と税務会計上の「所得」では、算出される金額が異なるということになります。

税務会計では、売上を計上するタイミングが決められていたり、不確定な状況では損金にできなかったり、会社の判断で利益操作できないように厳格なルールが定められているのです。

管理会計とは?財務会計との違い

財務会計に対して「管理会計」という会計があります。

管理会計とは、会社内部の経営管理に役立てられることを目的とした会計です。あくまでも会社内部の関係者のみが利用するものであるため、会社独自のルールが採用されます。

  • 管理会計・・・会社内部の資料として経営管理を目的とした会計

例えば、売上・利益の管理、費用・コストの管理などを行い、それを元に業績評価を行ったり、分析したりと経営者や管理者向けに役立てられることが目的とされています。

財務会計は、会社の利害関係者に対して、財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)を必ず作成しなければなりませんが、管理会計はそのようなルールはなく、作成する義務もありません。

しかしながら、会社の経営状況を客観的に確認できるため、ビジネスにとって不可欠なものとされています。

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。

100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?
※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。
Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2018 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。