現行定款と原始定款の違いって?

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. 現行定款と原始定款の違いって?

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

現行定款と原始定款の違いって?

定款とは、会社の商号(会社名)や目的(事業内容)、本店所在地(会社の住所)、役員の選任方法など、会社を運営していく上での規則を定めたものです。

この定款は会社設立時に必ず作成しなければならない書類の一つであり、株式会社の定款は公証役場というところで公証人に認証をしてもらわなければなりません。

公証人に認証をしてもらうと、定款を受け取ることができます。

原始定款は紙で作成しても電子(データ)で作成してもどちらでも構いません。

電子(データ)で作成した定款は電子定款と呼ばれます。電子定款で作成した場合は、公証役場では電子定款をCD-Rにデータで入れてもらえます。定款を「紙」でも欲しい場合は、謄本請求すると紙の定款も発行してくれます。

この会社設立時に作成した公証人に認証された定款を「原始定款」といいます。

そして会社を設立した後、事業を運営していく上で会社名や事業内容など、当初の定款の内容から変更されることは少なからずあります(参考:株式会社の定款変更と登記の基礎知識)。

例えば、新しい事業を始めることになったので事業内容を追加した、会社を移転したので住所を変更した場合などです。

このような場合、基本的には定款変更の株主総会議事録を作成して、原始定款と一緒に置いておけば問題ありません。ただ、やはり定款そのものを最新の状態にしたいといった場合、原始定款から変更箇所を反映して新しく定款を作成することもできます。

このように最新の状態にした定款を「現行定款」といいます。

よく銀行や役所に定款を提出しないといけないといった場合で必要になるのは、この「現行定款」です。

現行定款はあくまでも会社が作成するものですので、公証人の認証は必要ありません。電子定款にする必要もありません。

逆に言うと会社設立後に定款の内容を全く変更していないのであれば、「原始定款」=「現行定款」ということになります。

-まとめ-

  • 現行定款とは、現時点で有効な内容の定款のこと
  • 原始定款とは、会社設立時に公証人の認証を受けた定款のこと

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。

100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2017 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。