【起業前に知っておきたい】倒産しやすい会社の傾向とは?

会社設立ドットネットby行政書士法人MOYORIC
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. どこよりも分かりやすい!起業・独立開業ガイド
  3. 【起業前に知っておきたい】倒産しやすい会社の傾向とは?

設立・変更サポート専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

【起業前に知っておきたい】
倒産しやすい会社の傾向とは?経営セーフティ共済の活用法ほか

起業家

起業を考えていますが、起業に失敗して倒産するリスクを考えると、どうしても一歩が踏み出せません。どうすればよいでしょうか?

というご質問、非常に多いです。

倒産リスクをゼロにはできません。

ですが、リスクを減らすことはできます。

今回はその方法を見ていきましょう。

仕事柄、事業に失敗して廃業・倒産の憂き目に遭う会社をたくさん見てきましたが、ある共通点があります。

一つの会社、あるいは一つの商品・サービスに売上を依存してしまっているのです。

複数のキャッシュポイント(得意先あるいは売れる商品を複数持つこと)があれば、倒産はしません(浪費したり経費を湯水の如く使っている場合は別として)。

ですから、倒産を防ぐ第一の方法は、複数から売上を上げられる体制を整えておくことと言えます。

具体的に説明しますね。

A社から80%、B社から10%、C社から10%の割合で売上を上げている会社と、A社から40%、B社から30%、C社から30%の割合で売上を上げている会社の場合、後者の方が倒産リスクは減ります。

前者の場合、A社が何らかの理由で代金を支払えない、あるいは倒産してしまった場合、売上がいきなり80%も落ち込んでしまいますよね。

よほどの余剰資金があるなどの特別なケースを除いて、この状況になれば通常の会社は1発アウト、倒産です。。。

後者の場合はどうでしょうか?

仮にA社が倒産してもまだ60%の売上が残っています。売上4割減程度であれば、なんとかこの不測の事態を乗り切ることができるでしょう。

依然としてまだ60%の売上を計上できる見込みがありますから、銀行からつなぎ資金を借りられる可能性もありますしね。

日本政策金融公庫にも急激な経営環境の変化に柔軟に対応をしてくれる融資制度(経営環境の急激な変化や資金繰りに困ったときに役立つ日本政策金融公庫の「セーフティネット貸付」とは?)があります。

これが、1つの会社に売上の大半を依存してしまっているケースの弊害です。このことは1つの商品・サービスだけに依存している場合にもいえますので、注意しましょう。

もし今後起業するとしたら、1つの商品・サービスだけをローンチして開業するのは止めましょう。3~4つ、少なくても2つは持っておきたいところですね。取引先も同様です。複数社持っておきましょう。それだけで倒産リスクは激減します。

ちなみにですが、例に挙げた主要取引先であるA社の倒産によって自社も倒産してしまうことを「連結倒産」というのですが、これを回避できる制度が用意されています。どうしても一社に依存してしまう、連結倒産の心配は尽きないという方は、ぜひ参考にしてください。

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)

取引先が倒産した場合、売掛金等の回収ができなくなった場合に、共済金から融資が受けられます。

貸付限度額は次のとおりです。

参考:経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)ホームページより】

共済金の貸付けは、取引先事業者の倒産で回収困難となった売掛金債権と前渡金返還請求権の額と、掛金総額の10倍に相当する額のいずれか少ない額の範囲内で請求することができます。

貸付額は原則、50万円から8,000万円で5万円単位の額となります。

掛金額も5千円~20万円の間で自由に選択できますし、掛け金総額も800万円まで積立てることができます。

普段からコツコツと掛け金を支払っておくと安心ですね。ちなみにこの掛け金は個人事業主の場合は必要経費にできますし、法人の場合も申告の際の損金算入が可能です。

もしどうしても複数社・複数商品で事業展開するのが難しいという場合は、入念な与信管理(売掛金管理)を行う、あるいは商品の消費傾向や市場動向を常にチェックしておきましょう。ある程度はリスクヘッジできるでしょう。

加えて、当ページで説明した「経営セーフティ共済」にも入っておけば安心です。

創業融資支援なら審査通過率90%、平均融資金額1000万円以上のKIK

  • 自信があるから、完全成功報酬
  • 完璧な審査書類の作成。創業融資申請の面倒な作業は全てKIKが代行
  • 公認会計士がすべて対応
  • 創業時のみならず創業後2年以内も対応可
  • 徹底した事業レビュー。KIKの融資サポートサービス利用で会社設立手数料も無料!

創業融資サービスKIK

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

赤字決算、債務超過でも利用可。ファクタリングは、売掛金の売却による資金調達方法です。

  • 最短即日のスピード資金調達
  • 融資NGでも利用可
  • 業界最低水準の手数料
  • 償還請求なしの完全買い取り
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応

税理士に頼まず費用をかけずに、自分で会計業務を行いたい方は

今、無料から使えるクラウド会計ソフト「freee」が注目されています。

100万人以上のユーザーが利用。クラウド会計ソフトシェア第1位。

ネット上の会計システムを利用して、簡単に日々の会計記帳が行えます。税理士や公認会計士とも提携しているので、専門家との相談も可能で格安で決算の代行依頼も可能なようです。簿記の知識がまったくなくても簡単に使える会計ソフト。全国3,630の銀行・クレジットカードと連動し経理を自動化。経理の時間が 50 分の 1 に。

領収書の管理~確定申告までスマホで完結させることが可能です。

税理士に頼まず自分で費用をかけずに記帳や会計業務を行いたいと言う方には、こちらがお勧めです。法人会計・経理にも対応しています。

同カテゴリー内の記事

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

定款変更、会社変更手続きに関する議事録等の作成は行政書士法人モヨリックにお任せください。
実績多数。安心、手間要らずの会社変更手続きサービス!(登記は司法書士が担当いたします)


会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。