第二創業とは?第二創業のメリットと成功させるポイント

まかせて安心、会社設立.NET
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.net TOP
  2. どこよりも分かりやすい!起業・独立開業ガイド
  3. 第二創業とは?第二創業のメリットと成功させるポイント

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

第二創業とは?第二創業のメリットと成功させるポイント

第二創業って何?

第二創業とは中小企業などで新しい経営者が就任し、先代から引き継いだ事業の業務転換をしたり、これまでとは別の分野に進出することをいいます。

つまり事業の地盤はそのままに、経営革新を行ってさらなる飛躍を目指す、第二の幕開け期のことです。

事業後継者だけでなく、現在の経営者が新たな分野に挑戦することも第二創業といえますが、多くの中小企業では経営者の高齢化といった事情もあり、事業が衰退期に入っていることがわかっていても次の一手を打つ方法がわからず、手をこまねいている事態が少なくありません。

このため若い世代が事業を引き継いだときに、第二創業が行われるのが一般的です。

企業には創業者が事業を立ち上げ、成長させ、成長のピークに達する熟成期を経て、右肩下がりに売り上げが減少する衰退期に達するといった、山形のライフサイクルがあります。

子どもが親が創業した会社を継ぐなどトップが交代する時期に、衰退期に入っていることが多いのも、後継者が第二創業にチャレンジする背景となっています。

時代の変化に伴い、経済状況やユーザーニーズは目まぐるしく変わっていきます。

創業時のままの経営方法では、今の時代のニーズに合わないのは当然です。

この状態を放置したまま経営を続ければ経営状態はジリ貧に悪化し、最悪の場合は倒産へと至ります。

倒産を避けるためには、自社のライフサイクルを正しく把握する必要があります。

そして衰退期または成熟期にあるなら、新製品の開発や新規市場の開拓などの第二創業に挑まなければ会社の繁栄は期待できません。

政府や自治体なども第二創業を奨励しており、補助金の支給などを通して第二創業を支援しています。

中小企業庁のページを参考までに掲載しておきます。ご参考にしてください。

第二創業のメリット

「第二創業」は何もないところから起業する新規創業に比べると、失敗するリスクが少ないのがメリットです。

これまでの事業活動で築いてきた信用、既存事業の収益などが活用できるため、これまでの基盤を活用しながら比較的余裕をもって新規分野に参入できるという特長があります。

ただ、既存事業の収益は右肩下がりに減っている状況ですから、まだ既存事業の収益がある程度確保できる早い時期に第二創業にとりかかることが大切です。

第二創業を成功させるポイント

第二創業の強みである、これまで築いた事業基盤を最大限に活用することが、成功へと導くポイントとなります。

そのためには自社の強みと弱みを正しく分析し、既存事業の強みを活かせる事業計画を立案する必要があります。

このような事業計画なら説得力がありますから、金融機関からの融資も引き出しやすくなります。

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


モヨリックの株式会社変更手続き公式サイトのご案内

煩雑、面倒な定款・各種変更手続きに関する書類作成は専門家にお任せください。
安心、手間要らずの書類作成&法務局への申請代行サービス!全国対応で承っております。


会社変更手続きが自分で出来る! セルフキットシリーズのご案内

穴埋め式で簡単!自分で出来るセルフキット!

低コストで会社変更手続をするなら断然オススメ。販売開始から700名以上の方がご自身で手続きを完了!
一般の方でも安心、ラクラク記入で書類が完成。

自分で出来る!増資手続きマニュアル

自分で出来る!増資手続きマニュアル

詳細はこちらから

自分で出来る!本店移転手続きマニュアル

自分で出来る!本店移転手続きマニュアル

詳細はこちらから

自分で出来る!株式会社目的変更キット

自分で出来る!株式会社目的変更キット

詳細はこちらから

自分で出来る!株式会社商号変更キット

自分で出来る!株式会社商号変更キット

詳細はこちらから

  • 絶対資金調達!公的融資ドットコム
  • 即効資金調達!日本政策金融公庫から借りる極意
  • 法人印鑑作成サービスのご案内
  • 代表的な起業形態を独自の視点で徹底比較。自分に合った起業スタイルとは?
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2016 まかせて安心会社設立.net All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。